4237 Movies

ライアンの娘 Ryan’s Daughter (1970)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

反英運動が激化するアイルランドの寒村を舞台に、まだ成長仕切れていないまま、歳が離れた教師と結婚した妻の不倫の物語を中心に、人間の醜さや優しさを、雄大な大自然をバックに描く、いかにもデヴィッド・リーンらしい、風景描写のスケールの大きさも際立つ、ロバート・ミッチャムサラ・マイルズトレバー・ハワードジョン・ミルズ共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:デヴィッド・リーン

製作:アンソニー・ハヴロック=アラン
脚本:ロバート・ボルト
撮影:フレディ・ヤング
編集:ノーマン・サヴェージ
音楽:モーリス・ジャール

出演
チャールズ・ショーネシー:ロバート・ミッチャム

ロージー・ライアン:サラ・マイルズ
ヒュー・コリンズ神父:トレバー・ハワード
マイケル:ジョン・ミルズ
トーマス・ライアン:レオ・マッカーン
ランドルフ・ドリアン:クリストファー・ジョーンズ
ティム・オリアリー:バリー・フォスター

イギリス 映画
配給 MGM

1970年製作 196分
公開
イギリス:1970年12月9日
北米:1970年11月9日
日本:1971年4月24日
製作費 $15,000,000


アカデミー賞 ■
第43回アカデミー賞

・受賞
助演男優(ジョン・ミルズ)
撮影賞
・ノミネート
主演女優(サラ・マイルズ)
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
第一次大戦中。
アイルランドディングル半島の村キネリー。
海岸を散歩中の娘ロージー・ライアン(サラ・マイルズ)は、ヒュー・コリンズ神父(トレバー・ハワード)と言葉の不自由なマイケル(ジョン・ミルズ)に出くわす。

男を求めているように見える、ロージーの様子を窺いながら、コリンズ神父は酒場に向かい、彼女の父親で店主のトーマス・ライアン(レオ・マッカーン)にそのことを話す。

浜辺にいたロージーは、その後、会議が終わりダブリンから戻った学校教師チャールズ・ショーネシー(ロバート・ミッチャム)と話し込む。

二人は暫し話を弾ませ、チャールズはロージーと別れた後に、亡くなった妻の墓参りをして酒場に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アイルランド、海岸沿いの村。
学校教師チャールズ・オショネシーは、教え子でもあった、ロージー・ライアンに愛を告白され、その純真な愛らしさに惹かれて結婚する。
しかし、親子ほどの歳の差からロージーの欲求は満たされることなく、彼女は同じ頃に赴任した若いイギリス軍将校との情事に走ってしまう。
やがて、それが村人に知れ、アイルランド義勇軍を支援する人々から、ロージーは裏切り者とみなされてしまう。
夫チャールズは、ロージーの気持ちを察し、彼女を責めようとしなかったが、村人達の醜い心は、二人の運命に容赦なく襲いかかる・・・。
__________

ドクトル・ジバゴ」(1965)から5年が経ち、これで引退かとも思われたデヴィッド・リーンは、14年後に「インドへの道」(1984)を発表することになる。

第43回アカデミー賞では、ジョン・ミルズの助演男優と撮影賞を受賞した。
・ノミネート
主演女優(サラ・マイルズ)
録音賞

アカデミー撮影賞を受賞したフレディ・ヤングの、この種の作品では考えられないほどの、ロングショットを多用した、ディングル半島の美しい映像は秀逸だ。

また、戦場の悲惨な体験に怯えるイギリス軍指揮官の、決して晴れることのない心を表現する、顔に影を落とすショットなど、細やかな撮影手法などもうならされる。

同じく、デヴィッド・リーン作品の常連モーリス・ジャールの音楽の素晴しさなくして、この映像の見事さは伝わらない程の効果を上げている。

どちらかと言えば男臭いタフガイ的なアメリカ人俳優ロバート・ミッチャムを起用したところが、非常に興味深い。
ロバート・ミッチャムはそれに見事に応え、思慮深く身の程を知る教師役を、抑えた演技で好演している。

彼は父親がスコットランドアイルランド系で、母親はノルウェーである。

欲望をどうにも抑えられない、子供のような人妻サラ・マイルズも、アカデミー主演賞候補に相応しい熱演を見せ、欲求不満で、病的に震えるような表情が実に印象的だ。

言動は厳しいが洞察力があり、また人情味溢れる神父トレバー・ハワードも、重要な役をベテランらしく演じ存在感を示している。

障害を持ち、セリフがない男性を演じたジョン・ミルズの、豊かな表現力も出色で、正にアカデミー助演賞に値する演技だ。

彼は、アカデミー賞受賞の際のスピーチでも何も語らず、ただお辞儀をしただけというエピソードも残されている。

娘を犠牲にする裏切り者レオ・マッカーンサラ・マイルズの時よりも、ジョン・ミルズとのツーショットの豊かな表情が魅力的なクリストファー・ジョーンズ義勇軍のリーダーバリー・フォスターらの好演も印象に残る。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020