4183 Movies

アニー・ホール Annie Hall (1977)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

ニューヨークで暮らす男女の出会いと別れをコミカルに描く、監督、脚本、主演ウディ・アレン、共演ダイアン・キートンによるロマンチック・コメディの秀作で、第50回アカデミー賞では、作品、監督、主演女優賞を獲得した。


ロマンチック・コメディ

ウディ・アレン / Woody Allen 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ウディ・アレン
製作
チャールズ・H・ジョフィ

ジャック・ローリンズ
製作総指揮:ロバート・グリーンハット
脚本
ウディ・アレン

マーシャル・ブリックマン
撮影:ゴードン・ウィリス
編集
ウェンディ・グリーン・ブリックモント

ラルフ・ローゼンブラム

出演
アルヴィー”マックス”シンガー:ウディ・アレン

アニー・ホール:ダイアン・キートン
ロブ:トニー・ロバーツ
アリソン・ポーチニック:キャロル・ケイン
トニー・レイシー:ポール・サイモン
パム:シェリー・デュヴァル
ロビン:ジャネット・マーゴリン
ホール夫人:コリーン・デューハースト
ホール:ドナルド・サイミントン
デュエイン・ホール:クリストファー・ウォーケン
シンガー:モーデカイ・ロウナー
シンガー夫人:ジョーン・ニューマン
パーティーのゲスト:ジェフ・ゴールドブラム

ジェリー:ジョン・グローヴァー
映画館の女性:シガニー・ウィーバー
本人:マーシャル・マクルーハン
本人:トルーマン・カポーティ

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

2000年製作 93分
公開
北米:1977年4月20日
日本:1978年1月14日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $38,251,430


アカデミー賞 ■
第50回アカデミー賞
・受賞
作品・監督
主演女優(ダイアン・キートン)
脚本賞
・ノミネート
主演男優賞(ウディ・アレン)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
ユダヤ人のコメディアン、アルヴィー”マックス”シンガー(ウディ・アレン)は、1年前には愛し合っていたアニー・ホール(ダイアン・キートン)と別れてしまったことについて考える。
___________

テレビ業界で働く友人ロブ(トニー・ロバーツ)に愚痴ばかりこぼすアルヴィーは、彼がカリフォルニアに行く考えがあることを聞く。

カリフォルニアを毛嫌いするアルヴィーは、それに全く興味を示さない。

アニーと映画を観る予定で劇場の前で待っていたアルヴィーは、柄の悪い男達に声をかけられて苛立つ。

遅れて来たアニーが現れ、上映2分後だと知ったアルヴィーは途中から劇場に入ることを拒む。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
ユダヤ人であるコメディアンのアルヴィー”マックス”シンガーは、テレビ業界で働く友人ロブにアニー・ホールを紹介される。
アニーはアルヴィーが気に入り、二人は親交を深めて愛し合うようになる。
同棲も始めた二人だったが、やがて意見が合わなくなり、アニーは、音楽プロデューサーのトニーの目に留まったことをきっかけにロサンゼルスに滞在することになる。
同意はして別れたアルヴィーだったが、たちまちアニーが恋しくなり彼女の元に向かう・・・。
__________

洗練されたニューヨークの雰囲気とはミスマッチな主人公のコメディアン、そんな彼に惹かれるスタイリッシュな女性・・・その時代を象徴するというより、それを生みだしたとも言える、ウディ・アレンの感性が光る作品で各方面から絶賛された。

1992年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

第50回アカデミー賞では、作品、監督、主演女優(ダイアン・キートン)、脚本賞を受賞した。
・ノミネート
主演男優賞(ウディ・アレン)
*映画同様、西海岸を嫌い受賞を重要視しないと考えるウディ・アレンは、当然、授賞式には出席しなかった。

物語とは無関係な人物やシーンが突然登場するアイデア、斬新なファッションやムーディーな雰囲気がニューヨークとマッチし、同じく憧れのロサンゼルスの街が異質な場所に思える描写なども面白い。

演出を兼ね絶妙な演技を見せるウディ・アレンとはプライベートでも交際していた、「ゴッドファーザー」(1972)シリーズなどで既にそのキャリアを認められていたダイアン・キートンは、その見事な演技の他ファッションなどが大いに話題になった。

特に、主人公のウディ・アレンと出会い、ダイアン・キートンから誘うシーンの二人は、演技とは思えない雰囲気を醸し出している。

主人公の友人トニー・ロバーツ、音楽プロデューサーのポール・サイモン、主人公の最初の妻キャロル・ケイン、二番目の妻ジャネット・マーゴリン、恋人シェリー・デュヴァル、アニーの両親コリーン・デューハーストドナルド・サイミントン、兄クリストファー・ウォーケン、主人公の両親モーデカイ・ロウナーとジョーン・ニューマン、パーティーのゲストのジェフ・ゴールドブラム、アニーの元恋人ジョン・グローヴァー、映画館の女性シガニー・ウィーバー、そして文明批評家のマーシャル・マクルーハントルーマン・カポーティが本人役で登場するのも注目だ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020