4233 Movies

ア・フュー・グッドメン A Few Good Men (1992)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1989年にブロードウェイで上演された、アーロン・ソーキン同名舞台劇の映画化。
キューバグァンタナモ米軍基地で起きた兵士虐待死事件を担当する海軍内部調査部の若手将校と、同基地司令官らとの法廷闘争を描く、製作、監督ロブ・ライナー、主演トム・クルーズデミ・ムーアジャック・ニコルソンケヴィン・ベーコンキーファー・サザーランド共演によるドラマ。


ドラマ

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson 作品一覧
ジャック・ニコルソン / Jack Nicholson / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ロブ・ライナー
製作総指揮
ウィリアム・S・ギルモア

レイチェル・ファイファー
製作
デヴィッド・ブラウン

ロブ・ライナー
アンドリュー・シェインマン
脚本:アーロン・ソーキン
撮影:ロバート・リチャードソン
音楽:マーク・シャイマン

出演
ダニエル・カフィー中尉:トム・クルーズ

ジョアナ・ギャロウェイ少佐:デミ・ムーア
ネイサン・R・ジェセップ大佐:ジャック・ニコルソン
ジャック・ロス大尉(検事):ケヴィン・ベーコン
ジョナサン・ケンドリック中尉:キーファー・サザーランド
マシュー・マーキンソン中佐:J・T・ウォルシュ
サム・ワインバーグ中尉:ケヴィン・ポラック
ローデン・ダウニー一等兵:ジェームズ・マーシャル
ハロルド・W・ドーソン兵長:ウォルフガング・ボディソン
ジェフリー・バーンズ伍長:ノア・ワイリー
カール・ハマカー伍長:キューバ・グッディングJr.
ウィリアム・T・サンティアゴ:マイケル・デロレンツォ
ウィテカー大尉:ザンダー・バークレー
ストーン軍医:クリストファー・ゲスト

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1992年製作 137分
公開
北米:1992年12月9日
日本:1993年2月
製作費 $33,000,000
北米興行収入 $141,340,180
世界 $237,300,000


アカデミー賞 ■
第65回アカデミー賞
・ノミネート
作品
助演男優(ジャック・ニコルソン)
編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
キューバグァンタナモ米軍基地
海兵隊員のウィリアム・T・サンティアゴ1等兵(マイケル・デロレンツォ)が、就寝中、同僚に襲われて暴行を受け死亡する。

その事件で、ハロルド・W・ドーソン兵長(ウォルフガング・ボディソン)とローデン・ダウニー一等兵(ジェームズ・マーャル)が逮捕される。

ワシントンD.C.
海軍内部調査部ジョアナ・ギャロウェイ少佐(デミ・ムーア)は、部隊内で”コード・レッド”(違反者への暴力制裁)があったことを知り、二人の弁護を申し出る。

サンティアゴは、落伍者寸前の状況に対する上官からの仕打ちに対し、転属願いの手紙を出し、区域外への兵士の不法発砲なども海軍調査局に直訴していた。

上官は簡単な取引で片がつくと判断し、取引専門の法廷経験のないダニエル・カフィー中尉(トム・クルーズ)を弁護人に任命する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
キューバグァンタナモ米軍基地で、サンティアゴ1等兵が、同僚のドーソン兵長とダウニー一等兵に暴行を受けて殺害される。
二人は逮捕され、海軍内部調査部のギャロウェイ少佐、弁護人ダニエル・カフィー中尉、そして助手のワインバーグ中尉が弁護を担当することになる。
カフィーは、著名な弁護士を父に持ち、法廷取引で実績を上げていた青年将校だったが、被告の無罪を勝ち取ろうとするギャロウェイは不安を感じる。
ギャロウェイの気持ちが伝わり、一応は裁判の準備を始めたカフィーだったが、高級将校である基地の司令官ジェセップの、絶対的な権力が立ちはだかることになる・・・。
__________

翌年の「ザ・ファーム」(1993)でも演ずる弁護士をトム・クルーズは見事に演じ、ジャック・ニコルソンと堂々と渡り合う法廷シーンは、へたなアクション映画を見るよりも迫力がある。

ドラマの山場を二人の対面(対決)する場面として、序盤でやや地味に、そしてクライマックスでは激しく、見ている者を飽きせないロブ・ライナーの、メリハリのある演出は見応えがある。

著名な弁護士の息子故に、敷かれたレールの上をそのまま進もうとする青年将校トム・クルーズが、情熱家の内部調査官デミ・ムーアと出会って協力し合い、ジャック・ニコルソン演ずる大佐から、若造扱いされながらも、徐々に人間的に成長していくという展開も面白味がある。

とかく有りがちな恋愛シーンもなく、エリート士官の心の葛藤の結果が、無罪にはなるが除隊させられる若い兵士の人間性まで変えさせるという結末も、見ていて清々しい。

北米興行収入は約1億4100万ドル、全世界では約2億3700万ドルのヒットとなった。

第65回アカデミー賞では、作品、助演男優(ジャック・ニコルソン)編集、録音賞にノミネートされた。

ジャック・ニコルソンは”悪役”ながら、誰もが納得の力強い演技で、ドラマのキーパーソンを見事に演じている。

クライマックスの証言台で、トム・クルーズを圧倒する迫力は、一瞬、彼が演技ではなく、本当にたじろいでいるようにも見えてしまう。

ハリウッドNo1の実力派ジャック・ニコルソンを相手に、30歳になったばかりのトム・クルーズは一歩も引けを取らずに熱演し、演技派としてのキャリアを着実に築いているという自信が漲っている。

当時全盛のデミ・ムーアの、清潔感溢れる、信念を持った弁護人役も、彼女の逞しさを生かした役柄となっている。

地味ながら、ケヴィン・ポラックのサポート役も、本作では非常に印象に残る。

理知的な検事ケヴィン・ベーコン、大佐(J・ニコルソン)と神を絶対的なものと考える将校キーファー・サザーランド、基地副官J・T・ウォルシュ、被告人ジェームズ・マーシャルウォルフガング・ボディソン、隊員のノア・ワイリーキューバ・グッディングJr.、犠牲者マイケル・デロレンツォ、主人公の上官ザンダー・バークレー、軍医クリストファー・ゲストなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020