4551 Movies

踊る騎士 A Damsel in Distress (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1919年に発表された、P・G・ウォードハウスの小説”A Damsel in Distress”を基にした、彼とイアン・ヘイによる戯曲の映画化。
アメリカ人エンターテイナーと貴族の令嬢との恋を描く、監督ジョージ・スティーヴンス、主演フレッド・アステアジョージ・バーンズグレイシー・アレンジョーン・フォンテインレジナルド・ガーディナー他共演のミュージカル・コメディ。


ミュージカル


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・スティーヴンス
製作:パンドロ・S・バーマン
原作
A Damsel in Distress
P・G・ウォードハウス
イアン・ヘイ
脚本
P・G・ウォードハウス
アーネスト・パガノ
S・K・ローレン
撮影:ジョセフ・オーガスト
編集:ヘンリー・バーマン
美術・装置:キャロル・クラーク
音楽
ジョージ・ガーシュウィン
ロバート・ラッセル・ベネット

出演
ジェリー・ハリデー:フレッド・アステア
ジョージ:ジョージ・バーンズ
グレイシー:グレイシー・アレン
レディ・アリス・マシュモートン:ジョーン・フォンテイン
ケグス:レジナルド・ガーディナー
レジー:レイ・ノーブル
レディ・キャロライン:コンスタンス・コリアー
ジョン・マシュモートン卿:モンタギュー・ラヴ
アルバート:ハリー・ワトソン
ミス・ラグルズ:ジャン・ダガン

アメリカ 映画
配給 RKO
1937年製作 98分
公開
北米:1937年11月19日
日本:1938年11月
製作費 $1,035,000


アカデミー賞
第10回アカデミー賞

・受賞
ダンス監督賞
・ノミネート
美術賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イングランド、トットニー城。
スタッフを集めた執事のケグス(レジナルド・ガーディナー)は、城主ジョン・マシュモートン卿(モンタギュー・ラヴ)の娘で、若くて美しいレディ・アリス(ジョーン・フォンテイン)が結婚を決意したらしいということを話す。

そこでケグスは、その幸運な男性は誰かという賭けをすることを考えて皆にクジ引きを提案し、正解者は掛け金をすべて手に入れられると皆に伝える。

クジを引かせたケグスは、最後に帽子の汗止めに隠してあったクジを引く。

ケグスは、ほぼ間違いない相手であるジョンの姉レディ・キャロライン(コンスタンス・コリアー)の養子レジー(レイ・ノーブル)のクジを手にして満足し、クジを引いていないアルバート(ハリー・ワトソン)に候補者は残っていないと伝える。

”ミスターX”でもいいと言うアルバートは、アリスの相手が知らない人物なら自分の勝ちにしてほしいとケグスに伝えて、皆もそれを了承する。

アルバートは、アリスが去年スイスでアメリカ人に恋したことを知っているとケグスに話して自信を示す。

アリスがロンドンに向かったことを知ったケグスは、ミスターXに会うためだと知り焦り出かける。

ケグスは車で向かうアリスを追い、アルバートも自転車で続く。

アメリカ人エンターテイナーのジェリー・ハリデー(フレッド・アステア)の広報担当ジョージ(ジョージ・バーンズ)は、父親が後援者であるために仕方なく雇っている、無能な秘書のグレイシー(グレイシー・アレン)に手を焼いていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロンドン
アメリカ人エンターテイナーのジェリー・ハリデーは、恋した男性を捜す貴族の令嬢アリスに出会う。
アリスの住居であるトットニー城の執事ケグスは、監視していた彼女を捜すものの逃げられてしまう。
同じ使用人の少年アルバートは、ケグスらとアリスの結婚相手を当てる賭けをしていた。
アルバートは、誰も知らない”ミスターX”に賭けていたために、アリスとジェリーを結びつけようとする。
ジェリーは、アルバートが書いたとは知らずにアリスからの手紙を受け取り、広報のジョージと秘書のグレイシーと共に城に向かうのだが・・・。
__________

P・G・ウォードハウスの小説”A Damsel in Distress”を基にした、彼とイアン・ヘイによる戯曲の映画化。

アメリカ人エンターテイナーと貴族の令嬢との恋を描くミュージカル・コメディ。

短編などを含めキャリアを重ねていたジョージ・スティーヴンスの監督作品であり、「有頂天時代」(1936)に続く、彼とフレッド・アステアのコンビ作品。
また、アステアジンジャー・ロジャースが組まない最初のRKO作品で、抜擢されたジョーン・フォンテインが踊れないことが問題になり、興行的に失敗した最初のアステア作品となってしまった。
とは言え、ミュージカル・パフォーマンスなどは高く評価され、第10回アカデミー賞ではダンス監督賞を受賞し、美術賞にノミネートされた。

ジョージ・ガーシュウィン作曲、アイラ・ガーシュウィン作詞による作品であり、ジョージは撮影中に脳腫瘍で亡くなり、彼の死から4か月後に本作は公開された。

主演のフレッド・アステアは、ひょんなことから貴族の令嬢に恋してしまうエンターテイナーを軽快に演じ、カーニバルでのダンスシーンなど、彼のパフォーマンスは存分に楽しめる。

主人公の広報を演ずるジョージ・バーンズと秘書役のグレイシー・アレンは、実生活で夫婦であり、息の合った演技で大いに笑わせてくれる。

デビュー間もないあどけなさも残る、撮影当時19歳のジョーン・フォンテインは、紆余曲折の末に主人公と結ばれる美しい令嬢を上品に演じている。

城の執事を愉快に演ずるレジナルド・ガーディナー、ヒロインの父親である城主のモンタギュー・ラヴ、その姉コンスタンス・コリアー、その養子レイ・ノーブル、掛け金を手に入れようとする使用人の少年ハリー・ワトソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021