4551 Movies

裏街 Back Street (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1931年に発表された、ファニー・ハーストの小説”Back Street”を基に1932年に公開された「裏街」のリメイク。
最初の出会いで結婚のチャンスを逃し既婚者となった銀行家と服飾デザイナーの許されぬ恋を描く、監督ロバート・スティーヴンソン、主演シャルル・ボワイエマーガレット・サラヴァンリチャード・カールソンフランク・マクヒューティム・ホルト他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ロバート・スティーヴンソン

製作:ブルース・マニング
原作:ファニー・ハーストBack Street
脚本
ブルース・マニング
フェリックス・ジャクソン
撮影:ウィリアム・H・ダニエルズ
編集:テッド・J・ケント
音楽:フランク・スキナー

出演
ウォルター・ルイス・サクセル:シャルル・ボワイエ
レイ・スミス:マーガレット・サラヴァン
カート・スタントン:リチャード・カールソン
エド・ポーター:フランク・マクヒュー
リチャード・サクセル:ティム・ホルト
ハリー・ナイルズ:フランク・ジェンクス
スミス夫人:エスター・デイル
フェリックス・ダーレン:サミュエル・S・ハインズ
フリーダ・スミス:ペギー・スチュワート
エリザベス・サクセル:ネル・オデイ
ディリング夫人:キティ・オニール
コリンヌ・サクセル:ネラ・ウォーカー
ブレイク:チャールズ・レイン
ミラー夫人:セシル・カニンガム
アダムス夫人:マージョリー・ゲイトソン
ミス・エヴァンス:デイル・ウィンター

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1941年製作 89分
公開
北米:1941年2月7日
日本:1951年1月10日
製作費 $675,000


アカデミー賞
第14回アカデミー賞

・ノミネート
ドラマ音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
20世紀初頭、シンシナティ
快活で人気者のレイ・スミス(マーガレット・サラヴァン)は、自動車作りに没頭し苦労するボーイフレンドのカート・スタントン(リチャード・カールソン)に協力し励ましていた。

義母(エスター・デイル)が経営する店に戻ったレイは、嫌味を言われるものの気にしない。

ホテルの展示会に向かったレイは、セールスマンらと楽しい時間を過ごし、ハリー・ナイルズ(フランク・ジェンクス)に誘われるものの相手にしない。

レイは、エド・ポーター(フランク・マクヒュー)にも誘われ断るものの、気のいい彼には優しく接する。

駅でレイに見送られたエドは、列車から降りる銀行家ウォルター・ルイス・サクセル(シャルル・ボワイエ)に気づき挨拶する。...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
20世紀初頭、シンシナティ

快活で人気者のレイは、自動車作りに没頭するボーイフレンドのカートに協力し励ましていた。
そんなレイは、ニューヨークの銀行家ウォルター・ルイス・サクセルに出会い恋に落ちる。
婚約者に会いに行く途中だったウォルターは、レイのことが諦められず、乗船する船の上で彼女と結婚しようとする。
船で旅立つウォルターに呼び出されたレイは遅れてしまい、彼に会うことはできなった。
5年後、2人はニューヨークで再会し、レイはウォルターが結婚したことを知るのだが、2人の愛は再燃する・・・。
__________

ファニー・ハーストの小説”Back Street”を基に1932年に公開された「裏街」のリメイク。

最初の出会いで結婚のチャンスを逃し既婚者となった銀行家と服飾デザイナーの許されぬ恋を描く恋愛ドラマ。

後にディズニー映画作品の多くを手掛けるロバート・スティーヴンソンが監督し、人気スターのシャルル・ボワイエマーガレット・サラヴァンの主演が話題になった。
ロバート・スティーヴンソンの繊細な感情表現と人物描写が見どころの作品でもある。

男性に人気のある快活な女性の恋がコメディ・タッチの雰囲気で展開し、既婚者と愛人の関係がやや重苦しく描かれる中盤から、愛を貫き通した末の悲劇的なメロドラマとして終わる。

何度か幸せになるチャンスを逃してしまうヒロインの、悲しい人生が切なく描かれ、主人公の写真の前で、彼と結ばれることを思い描きながら息を引き取るラストは涙を誘う。

フランク・スキナーのドラマチックな音楽が印象的であり、第14回アカデミー賞ではドラマ音楽賞にノミネートされた。

主演のシャルル・ボワイエマーガレット・サラヴァンは、許されぬ恋と知りながら愛を貫き通す銀行家と、彼を愛するために人生を捧げる女性を好演している。

自動車作りに没頭するヒロインのボーイフレンド、リチャード・カールソン、ヒロインを気遣うセールスマンのフランク・マクヒュー、ヒロインを恨む主人公の息子ティム・ホルト、ヒロインに惹かれるセールスマンのフランク・ジェンクス、ヒロインの義母エスター・デイル、その娘ペギー・スチュワート、主人公の叔父である銀行の頭取サミュエル・S・ハインズ、主人公の娘ネル・オデイ、ヒロインの下宿の大屋キティ・オニール、主人公の妻ネラ・ウォーカー、新聞記者チャールズ・レイン、ヒロインが追い出される下宿の大屋セシル・カニンガム、主人公とヒロインの悪い噂話をする船の乗客マージョリー・ゲイトソンとデイル・ウィンターなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021