4551 Movies

グッド・オールド・サマータイム In the Good Old Summertime (1949)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1937年に上演された、ミクロス・ラズロの戯曲”Parfumerie”を基に製作された「街角の店/桃色の店」(1940)のミュージカル版リメイク。
文通相手と知らずに同じ楽器店で働く男女の恋の行方を描く、監督ロバート・Z・レオナード、主演ジュディ・ガーランドヴァン・ジョンソンS.Z.サカールスプリング・バイイントンクリントン・サンドバーグバスター・キートン他共演のミュージカル・コメディ。


ミュージカル

ジュディ・ガーランド / Judy Garland / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロバート・Z・レオナード

製作:ジョー・パステルナーク
原作:ミクロス・ラズロ”Parfumerie”
脚本
サムソン・ラファエルソン
アルバート・ハケット
フランセス・グッドリッチ
アイヴァン・トース
バスター・キートン
撮影:ハリー・ストラドリング
編集:エイドリアン・ファザン
音楽
ジョージ・ストール
ロバート・ヴァン・エプス

出演
ヴェロニカ・フィッシャー:ジュディ・ガーランド
アンドリュー・デルビー・ラーキン:ヴァン・ジョンソン
オットー・オーバークーゲン:S.Z.サカール
ネリー・バーク:スプリング・バイイントン
ルディ・ハンセン:クリントン・サンドバーグ
ヒッキー:バスター・キートン
ルイーズ・パークソン:マーシャ・ヴァン・ダイク
アディ:リリアン・ブロンソン
ベロニカとアンドリューの娘:ライザ・ミネリ

アメリカ 映画
配給 MGM
1949年製作 102分
公開
北米:1949年7月29日
日本:未公開
製作費 $1,577,000
北米興行収入 $6,304,560
世界 $7,704,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
シカゴ
ある日曜日、楽器店に勤めるアンドリュー・デルビー・ラーキン(ヴァン・ジョンソン)は、自慢の髭を剃って、同僚のヒッキー(バスター・キートン)と共に自転車で公園に向かう。

アンドリューは、楽器店のオーナーであるオットー・オーバークーゲン(S.Z.サカール)と恋人で経理兼秘書のネリー・バーク(スプリング・バイイントン)に、髭のことを冷やかされる。

仲のいい2人が結婚しないことを、アンドリューは不思議に思う。

女性に興味がないアンドリューには理由があり、郵便局の私書箱237号から届いている手紙を取り出した彼は、それを読もうとする。

アンドリューは、会ったこともない文通相手に恋をしていた。

郵便局を出たところで、アンドリューはヴェロニカ・フィッシャー(ジュディ・ガーランド)とぶつかってしまい、彼女に迷惑をかけて謝罪する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
シカゴ
文通相手に恋しながら楽しい日々を送るヴェロニカ・フィッシャーは、その相手だと気づかずに、青年アンドリューとトラブルになる。
職を探してある楽器店に向かったヴェロニカは、アンドリューが店員だったために驚く。
オーナーのオットーと話したヴェロニカは、売れそうもないハープを客の婦人に購入してもらったことで採用される。
その後もヴェロニカとアンドリューは、手紙では恋を語りながら、互いが文通相手だと知らないまま衝突し合う日々が続く・・・。
__________

ミクロス・ラズロの戯曲”Parfumerie”を基に製作された、エルンスト・ルビッチのロマンチック・コメディの傑作「街角の店/桃色の店」(1940)のミュージカル版リメイク。

文通相手と知らずに同じ楽器店で働く男女の恋の行方を描くミュージカル・コメディ。

サイレント時代から活躍し、コメディ、ミュージカルなどを得意にしていたロバート・Z・レオナードが監督し、出演を兼ねるバスター・キートンが脚本に参加して、MGMのスターで人気絶頂のジュディ・ガーランドが主演した作品として話題になった。
バスター・キートンは、1933年に解雇されて依頼のMGM作品となった。

文通再手に恋する楽器店の店員を熱演するジュディ・ガーランドは、既に精神的に限界に達し、薬物中毒などで生活が乱れていた時期なのだが、その影響はあまり感じられない。
しかし、ミュージカル・ナンバーは少ないために、その点は考慮されていたのかもしれない。
彼女は、翌年の「サマーストック」(1950)を最後にMGMを去ることになる。
また、ジュディ・ガーランドの娘である、撮影当時2歳のライザ・ミネリが、ラストで主人公2人の娘として登場しデビュー作となった。

主人公が文通相手と気づかないまま、仕事場では度々、衝突してしまう楽器店の店員ヴァン・ジョンソン、彼の上司である楽器店のオーナー役S.Z.サカール、彼の恋人で、店の経理と秘書を兼ねるスプリング・バイイントン、店員のクリントン・サンドバーグバスター・キートン、アンドリュー(ヴァン・ジョンソン)と同じ下宿に住み彼に惹かれるバイオリニストのマーシャ・ヴァン・ダイク、主人公と暮らす叔母のリリアン・ブロンソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021