4452 Movies

ヴィクトリア女王 最期の秘密 Victoria & Abdul (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ヴィクトリア女王と従者となったインド人青年の交流を描く、監督スティーヴン・フリアーズ、主演ジュディ・デンチアリ・ファザルティム・ピゴット=スミスエディー・イザードマイケル・ガンボンオリヴィア・ウィリアムズ他共演のドラマ。


ドラマ(歴史劇)


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・フリアーズ

製作
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
ビーバン・キドロン
トレイシー・シーウォード
製作総指揮
リー・ホール
アメリア・グレインジャー
ライザ・チェイシン
クリスティーン・ランガン
ジョー・オッペンハイマー
原作:シュラバニ・バス”Victoria & Abdul”
脚本:リー・ホール
撮影:ダニー・コーエン
編集:メラニー・アン・オリヴァー
衣装デザイン:コンソラータ・ボイル
音楽:トーマス・ニューマン

出演
ヴィクトリア女王ジュディ・デンチ
アブドゥル・カリムアリ・ファザル
ヘンリー・ポンソンビーティム・ピゴット=スミス
ウェールズ公エドワード”バーティ”エディー・イザード
モハメド・バクシュ:アディール・アクタル
ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)マイケル・ガンボン
ジェームズ・リードポール・ヒギンズ
ジェーン・スペンサー/チャーチル男爵夫人オリヴィア・ウィリアムズ
ハリエット・フィップスフェネラ・ウーネガー
アリック・ヨーク:ジュリアン・ワダム
アーサー・ビッグロビン・ソーンズ
ジャコモ・プッチーニサイモン・キャロウ
タイラー:サイモン・ペイズリー・デイ
ヘレナ王女:アマニ・ザルドー
ソフィア:ソフィア・トロット
ゾフィア・フォン・ナッサウ:ペニー・ライダー
シェフ:ジョー・キャフリー
仕立屋:ティム・マクマラン
ヴィルヘルム2世ジョナサンハーデン
給仕長:ジョン・ロウ

イギリス 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ
2017年製作 111分
公開
イギリス:2017年9月15日
北米:2017年9月22日
日本:2019年1月25日
製作費 $21,000,000
北米興行収入 $22,245,070
世界 $66,558,470


アカデミー賞
第90回アカデミー賞

・ノミネート
メイクアップ&ヘアスタイリン・衣裳デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1887年、イギリス領インド帝国アグラ
刑務所の事務員アブドゥル・カリムアリ・ファザル)は、所長タイラー(サイモン・ペイズリー・デイ)に呼ばれる。

アブドゥルは、ヴィクトリア女王ジュディ・デンチ)の”在位50周年式典”に記念金貨”モハール”を献上するために、イングランドに向かうことになる。

イングランドバッキンガム宮殿
侍女に声をかけられたヴィクトリア女王は、起床する。

イギリス軍アーサー・ビッグ少佐(ロビン・ソーンズ)とモハメド・バクシュ(アディール・アクタル)と共に船に乗り出航したアブドゥルは、モハールの献上についての説明を受ける。

支配者に金貨を渡すことが不満なモハメドだったが、アブドゥルは名誉なことだと思う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1887年、イングランド
ヴィクトリア女王の”在位50周年式典”が行われる。
イギリス領インド帝国の青年アブドゥルは、女王に記念金貨”モハール”を献上するために旅立つことになる。
イングランドに着いたアブドゥルからモハールを献上された女王は、彼が気になる存在になる。
アルバートを30年前に亡くした女王は、重責を背負いながら孤独を感じる日々を送っていたのだが、気さくで物怖じしないアブドゥルと過ごす時間に喜びを感じ、彼を従僕とするのだが・・・。
__________

インド人青年アブドゥル・カリムを従者として過ごした、ヴィクトリア女王の晩年を描く実録ドラマ。

Queen Victoria 至上の恋」(1997)でもヴィクトリア女王を演じたジュディ・デンチと、「クイーン」(2006)でイギリス王室の内情を描いたスティーヴン・フリアーズが監督して話題になった作品。

エンディングで明記されるように、アブドゥル・カリムの日記が見つかったのは彼の没後約100年経過した2010年であり、脚色されているとは思えるが、気難しい晩年のヴィクトリア女王が、当時の支配国であるイギリス領インド帝国の平民の青年と心を通わせたという物語は実に興味深い。

第90回アカデミー賞では、メイクアップ&ヘアスタイリン、衣裳デザイン賞にノミネートされた。

随所にユーモアをまじえたスティーヴン・フリアーズの軽快な演出は楽しめるが、青年アブドゥルに対する、王室及び職員の冷たい眼差しばかりが目立つ終盤を含めてやや後味が悪い。

主演のジュディ・デンチは、重責をこなしながら孤独に耐える日々の中で、インド人青年との交流に喜びを感じて過ごす晩年のヴィクトリア女王を見事に演じている。

女王に仕えるインド人青年アブドゥル・カリムアリ・ファザル、女王の個人秘書官ヘンリー・ポンソンビーティム・ピゴット=スミス、皇太子そして国王に即位するウェールズ公エドワード”バーティ”エディー・イザードアブドゥルと共に女王に仕えるアディール・アクタル、首相ロバート・ガスコイン=セシル (第3代ソールズベリー侯)マイケル・ガンボン、女王の主治医ジェームズ・リードポール・ヒギンズ、女王の側近である貴族ジェーン・スペンサー/チャーチル男爵夫人オリヴィア・ウィリアムズ、同じく廷臣ハリエット・フィップスフェネラ・ウーネガー、王室職員のジュリアン・ワダムアブドゥルの世話をする軍人アーサー・ビッグロビン・ソーンズジャコモ・プッチーニサイモン・キャロウアブドゥルの上司である刑務所長サイモン・ペイズリー・デイ、女王の娘ヘレナ王女のアマニ・ザルドー、孫娘ソフィアのソフィア・トロット、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国王妃ゾフィア・フォン・ナッサウのペニー・ライダー、宮殿のシェフ、ジョー・キャフリー、仕立屋のティム・マクマラン、女王の孫ヴィルヘルム2世ジョナサンハーデン、給仕長のジョン・ロウなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021