4450 Movies

カフェ・ソサエティ Café Society (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ハリウッドニューヨークで夢を果たすために奮闘する青年の恋と成長を描く、監督、脚本ウディ・アレン、主演ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワートスティーヴ・カレルブレイク・ライヴリーパーカー・ポージーコリー・ストール他共演のロマンチック・コメディ。


スリラー/ホラー

ウディ・アレン / Woody Allen 作品一覧
スティーヴ・カレル / Steve Carell / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ウディ・アレン
製作
レッティ・アロンソン
スティーヴン・テネンバウム
エドワード・ウォルソン
製作総指揮
ロナルド・L・チェズ
アダム・B・スターン
マーク・I・スターン
脚本:ウディ・アレン
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ
編集:アリサ・レプセルター

出演
ロバート”ボビー”ジェイコブ・ドーフマン:ジェシー・アイゼンバーグ
ヴェロニカ”ヴォニー”シビル:クリステン・スチュワート
フィル・スターン:スティーヴ・カレル
ヴェロニカ・ヘイズ:ブレイク・ライヴリー
ラッド・テイラー:パーカー・ポージー
ベン・ドーフマン:コリー・ストール
ローズ・ドーフマン:ジーニー・バーリン
マーティ・ドーフマン:ケン・ストット
キャンディ/シャーリー・ガーフィン:アンナ・キャンプ
スティーヴ・テイラー:ポール・シュナイダー
カレン・スターン:シェリル・リー
レナード:スティーヴン・クンケン
エヴェリン・ドーフマン:サリ・レニック
エヴェリンの娘:ローレル・グリッグス
ヴィトー:トニー・シリコ
ウォルト:マックス・アドラー
ソル:ドン・スターク
マイク:グレッグ・ビンクレイ
ナレーター:ウディ・アレン

アメリカ 映画
配給
アマゾン・スタジオ
Lionsgate
2016年製作 96分
公開
北米:2016年7月15日
日本:2017年5月5日
製作費 $30,000,000
北米興行収入 $11,103,210
世界 $43,763,250


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1930年代、ハリウッド
大物エージェントのフィル・スターン(スティーヴ・カレル)は、妻カレン(シェリル・リー)と共にパーティーを開き、業界人と共に楽しんでいた。

姉ローズ・ドーフマン(ジーニー・バーリン)からの電話を受けたフィルは、息子のボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)が仕事を辞めてハリウッドに向かうため面倒を見てほしいと言われるものの、気乗りしない。

2週間後、初めてブロンクスを出たボビーはハリウッドに着き、希望に胸膨らませる。

ボビーは、ユダヤ人である宝石職人の父マーティ(ケン・ストット)の店を辞めて旅立ったのだった。

ボビーの姉のエヴェリン(サリ・レニック)は教師で、夫のレナード(スティーヴン・クンケン)は共産主義者の大学教授であり、知的で立派な人物だった。

エヴェリンの兄ベン(コリー・ストール)はギャングだったが、ボビーは”まとも”な仕事をしていると思っていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1930年代、ハリウッド
青年ロバート”ボビー”ジェイコブ・ドーフマンは、大物エージェントとして成功している叔父のフィルを頼りニューヨークから到着する。
フィルの秘書ヴォニーに街を案内されたボビーは、業界に染まることを嫌う美しいヴォニーに惹かれてしまう。
その気持ちをヴォニーに伝えたボビーだったが、彼女には訳ありの恋人がいた・・・。
__________

脚本を兼ねたウディ・アレンの演出、若手人気スターのジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワートが主演し、豪華スター競演による、ハリウッドニューヨークを舞台にしたロマンチック・コメディ。

1930年代のハリウッドの映画界とニューヨークの社交界がゴージャスの雰囲気で描かれているため、ウディ・アレン作品にしては高額の製作費(3000万ドル)となった。

業界に毒されることを嫌う男女が、結局はその世界に染まりつつ、ほろ苦い恋を経験して成長する姿を描く、ウディ・アレン作品らしい軽妙な脚本と演出が見どころの作品。

主演のジェシー・アイゼンバーグは、平凡な青年から、恋や世間の荒波にもまれて成長していく主人公を好演している。

純真な主人公に惹かれながら、あえて嫌っていた映画界で生きることを選ぶクリステン・スチュワート、彼女と愛し合う大物エージェントで主人公の叔父スティーヴ・カレルニューヨークに戻った主人公と結婚する女性ブレイク・ライヴリー、彼女を主人公に紹介するパーカー・ポージー、その夫ポール・シュナイダー、主人公の兄でギャングのコリー・ストール、主人公の母親ジーニー・バーリン、その夫ケン・ストット、主人公が呼ぶ娼婦アンナ・キャンプ、フィル(スティーヴ・カレル)の妻シェリル・リー、主人公の姉サリ・レニック、その夫スティーヴン・クンケン、その娘ローレル・グリッグスコニーアイランドのレストランのオーナー、トニー・シリコ、その他マックス・アドラードン・スタークグレッグ・ビンクレイなどが共演し、ナレーターをウディ・アレンが担当している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021