4184 Movies

アス Us (2019)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

分身に襲われる家族の恐怖体験を描く、製作、監督、脚本ジョーダン・ピール、主演ルピタ・ニョンゴウィンストン・デュークシャハディ・ライト・ジョセフエリザベス・モスティム・ハイデッカー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジョーダン・ピール

製作
ジョーダン・ピール
ショーン・マッキトリック
ジェイソン・ブラム
イアン・クーパー
製作総指揮
ダニエル・ルピ
ベアトリス・セケイラ
脚本:ジョーダン・ピール
撮影:マイケル・ジオラキス
編集:ニコラス・モンスール
音楽:マイケル・エイブルズ

出演
アデレード・ウィルソン/レッド:ルピタ・ニョンゴ
子供時代のアデレード・トーマス/レッド(子供時代):マディソン・カリー
アデレード・トーマス/レッド(10代):アシュリー・マッコイ
ガブリエル“ゲイブ”ウィルソン/アブラハム:ウィンストン・デューク
ゾーラ・ウィルソン/アンブラ:シャハディ・ライト・ジョセフ
ジェイソン・ウィルソン/プルートー:エヴァン・アレックス
キティ・タイラー/ダリア:エリザベス・モス
ジョシュ・タイラー/テックス:ティム・ハイデッカー
ラッセル・トーマス/ウェイランド:ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世
レイン・トーマス/アーサ:アナ・ジョップ
ベッカ・タイラー/イオ:カリ・シェルドン
リンジー・タイラー/ニックス:ノエル・シェルドン
ダニー/トニー:デューク・ニコルソン
ナンシー/シド:カーラ・ヘイワード
グレン/ジャック:ネイサン・ハリントン
トロイ/ブランド:ダスティン・イバラ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2019年製作 116分
公開
北米:2019年3月22日
日本:2019年9月6日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $71,117,630
世界 $255,184,600


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1986年。
大陸を横断する人々が手をつなぐチャリティーイベント”ハンズ・アクロス・アメリカ”のコマーシャルがテレビで流れる。

サンタクルーズサンタクルーズ・ビーチ・ボードウォーク
両親と一緒にカーニバルで楽しんでいた少女アデレード・トーマス(マディソン・カリー)は、母レイン(アナ・ジョップ)がトイレに行き、父ラッセル(ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世)がモグラ叩きをしている間に、一人でその場を離れる。

アデレードは、青年が持つ”エレミヤ書 11章11節”と書かれたボードを気にしながらビーチに向かう。

その場に会ったファンハウスに入ったアデレードは、鏡のホールで自分とそっくりの少女に出会い驚く。

現在。
成長したアデレード(ルピタ・ニョンゴ)はガブリエル“ゲイブ”ウィルソン(ウィンストン・デューク)と結婚し、娘ゾーラ(シャハディ・ライト・ジョセフ)と息子ジェイソン(エヴァン・アレックス)と共に、平穏な日々を送っていた。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1986年。
サンタクルーズサンタクルーズ・ビーチ・ボードウォーク
カーニバルを楽しんでいた少女アデレードは、両親と離れビーチに向かい、ファンハウスの鏡のホールに迷い込み、自分にソックリの少女に出会う。
現在、夫ゲイヴと子供たちゾーラとジェイソンと共に夏の休暇旅行を楽しむアデレードは、サンタクルーズに向かうことになるものの気が進まない。
友人のジョシュとキティの家族とビーチで楽しんだアデレードらは、家に戻る。
その夜、ゲイブに子供時代の嫌な体験をしたアデレードは、突如として現れた自分たちの分身”ドッペルゲンガー”に襲われる・・・。
__________

俳優、脚本家として活躍し、初監督作品「ゲット・アウト」(2017)で世界的な評価を得たジョーダン・ピールが、製作、脚本を兼ねて監督した注目作。

幼いころの体験がトラウマとして残る女性と家族が、突如として現れた自分たちの分身”ドッペルゲンガー”に襲われる恐怖体験を描くホラー。

幸福や自由を感じることができる人の陰に、苦しんでいる人々がいるのであって、恵まれない人のために闘うことの必要性を問う作品のテーマは、現代社会へのジョーダン・ピールの熱いメッセージだと言える。

一般の評価は低かったものの、前作「ゲット・アウト」(2017)同様、ジョーダン・ピールの意欲が感じられる斬新な演出は、批評家から絶賛された。

北米興行収入は約7100万ドル、全世界では約2億5500万ドルの大ヒットとなった。
*製作費 $20,000,000

物語の中で、主人公が子供時代と現在で二度目撃する”エレミヤ書 11章11節”は、不吉な言葉として世の破滅を予言している。
参考:
エレミヤ書 11章11節”
”それゆえに、主はこう言われる
見よ、わたしは彼らに災をもたらす
彼らはそれから逃れられない
彼らがわたしに向かって叫んでも、わたしは彼らの言うことを聞かない”

幼いころの体験がトラウマとなり、自分の分身から逃れることができない主人公を好演するルピタ・ニョンゴ、その子供時代と分身マディソン・カリー、主人公の10代と分身アシュリー・マッコイ、主人公の夫と分身のウィンストン・デューク、その娘と分身シャハディ・ライト・ジョセフ、息子と分身のエヴァン・アレックス、主人公の友人と分身エリザベス・モス、その夫と分身ティム・ハイデッカー、その双子の娘と分身カリ・シェルドンとノエル・シェルドン、主人公の父親と分身ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世、母親と分身のアナ・ジョップ、他デューク・ニコルソン(ジャック・ニコルソンの孫)、カーラ・ヘイワード、ネイサン・ハリントン、ダスティン・イバラなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020