4505 Movies

フランクおじさん Uncle Frank (2020)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

ゲイであることを家族に隠し続けていた男性の苦悩を描く、製作、監督、脚本アラン・ボール、主演ポール・ベタニーソフィア・リリスピーター・マクディッシスティーヴ・ザーンジュディ・グリアマーゴ・マーティンデイル他共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト
監督:アラン・ボール

製作
ビル・ブロック
マイケル・コスティガン
ジェイ・ヴァン・ホイ
ステファニー・モイラー
ピーター・マクディッシ
アラン・ボール
製作総指揮
ボブ・オシャー
アンドリュー・ゴロヴ
クリストファー・トリカリコ
ジョシュ・ピーターズ
アイザック・エリクソン
脚本:アラン・ボール
撮影:カリッド・モタセブ
編集:ジョナサン・アルバーツ
音楽:ネイサン・バー

出演
フランク・ブレッドソー:ポール・ベタニー
フランク・ブレッドソー(少年期):コール・ドーマン
ベティ”ベス”ブレッドソー:ソフィア・リリス
ワリード”ウォリー”ナディーム:ピーター・マクディッシ
マイク・ブレッドソー:スティーヴ・ザーン
キティ・ブレッドソー:ジュディ・グリア
イヴリン・ブレッドソー:マーゴ・マーティンデイル
マック・ブレッドソー:スティーヴン・ルート
ブッチ:ロイス・スミス
ニーヴァ:ジェーン・マクニール
ボー:バージェス・ジェンキンス
ブルース:コルトン・ライアン
マーシャ:ケイティ・ブリューワー
サム・ラシター:マイケル・ペレス
ティー・ダブ:ザック・ストラム

アメリカ 映画
配給 アマゾン・スタジオ
2020年製作 95分
公開
北米:2020年11月25日
日本:2020年11月25日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1969年、夏、サウスカロライナ州、クリークヴィル
祖父マック(スティーヴン・ルート)の誕生日に家族で集まっていた14歳のベティ・ブレッドソー(ソフィア・リリス)は、伯父でニューヨーク在住の大学教授フランク(ポール・ベタニー)と話をする。

フランクから電動靴磨き機をプレゼントされたマックは、年寄り扱いされたと思い皮肉を言う。

ベティの父親である次男のマイク(スティーヴ・ザーン)と妻キティ(ジュディ・グリア)から精密ドライバーを受け取り喜ぶマックを見つめるフランクは、複雑な思いだった。

ベティは、フランクにいつも冷たい祖父の態度が気になる。

話をしても楽しい、思いやりがあり理想の大人に思えるフランクのことを祖父が人前でけなす理由が、ベティは理解できなかった。

フランクの心の傷のことを考えながら、ベティは彼と話す。

ニューヨークに遊びに行きたいことや、オールAの成績についてなどを話したベティは、共通試験で高得点を取れば、奨学金で好きな大学に行けると言うフランクに、地元の大学に行くと伝える。

どんな人間になるかは、他人ではなく自分で決めるべきであり、人生は自分次第だと言われたベティは、まず名前を変えてみたいとフランクに伝える。

”ベス”がいいと言うベティは、それをフランクに気に入ってもらう。

4年後、ニューヨーク
大学に進学するベスは、両親と共にフランクのアパートを訪ねる。

フランクの恋人シャーロットの手料理をご馳走になったマイクらは、仲の良いカップルだと思いながら、ベスの入学を祝う。

その後、大学の構内でブルース(コルトン・ライアン)と知り合ったベスは、意気投合する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1973年、ニューヨーク
大学教授のフランク・ブレッドソーは、サウスカロライナから大学に進学した姪のベスに、ゲイであることを告白する。
恋人ウォリーと暮らしていたフランクは、不仲だった父マックの死を知り、ベスと共に故郷に向かうことになる。
家族にゲイであることを知られたくないフランクは、初恋の相手サムの死のことも考え苦悩し、追ってきたウォリーに助言されながら旅を続けるのだが・・・。
__________

アメリカン・ビューティー」(1999)でアカデミー脚本賞を受賞し、テレビ・シリーズ”シックス・フィート・アンダー”の製作、脚本などで知られるアラン・ボールが、製作と脚本を兼ねた監督作品。

ゲイをカミングアウトしているアラン・ボールが、上記の「アメリカン・ビューティー」と同じく同性愛について扱った作品。
過去に同性の恋人を亡くし、それを家族に秘密にしていた大学教授の苦悩を、彼の姪の目線から描くコメディ・ドラマ。

1970年代を舞台に、同性愛者として問題なく暮らせる大都会ニューヨークと、それを受け入れられない保守的な南部との考えの違いを背景に、主人公の苦悩を切実に描く、アラン・ボールの繊細な人物描写が見どころの作品。

主演のポール・ベタニーは、思春期に同棲の恋人を亡くし、その心の傷を負いながら、家族との関係もあり苦悩する男性を好演している。

主人公の姪であり、伯父と行動をともにしながら人生を学ぶソフィア・リリスアラン・ボールのパートナーであり、主人公の恋人を印象的に演ずるピーター・マクディッシ、主人公の弟スティーヴ・ザーン、その妻ジュディ・グリア、主人公の母親マーゴ・マーティンデイル、同性愛者の息子を嫌う父親スティーヴン・ルート、その姉ロイス・スミス、主人公の姉ジェーン・マクニール、その夫バージェス・ジェンキンス、ベス(ソフィア・リリス)と付き合うゲイの大学生コルトン・ライアン、主人公の少年期コール・ドーマン、彼と愛し合う少年マイケル・ペレス、ベスの従姉ケイティ・ブリューワー、その夫ザック・ストラムなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021