4505 Movies

月のキャットウーマン Cat-Women of the Moon (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

月科学探査隊が人間よりはるかに進化した謎のキャットウーマンたちに翻弄される姿を描く、監督アーサー・ヒルトン、主演ソニー・タフツヴィクター・ジョマリー・ウィンザーウィリアム・フィップスダグラス・フォウリー他共演のSF映画。


SF


スタッフ キャスト
監督:アーサー・ヒルトン

製作
ジャック・ラビン
アル・ジンバリスト
原案
ジャック・ラビン
アル・ジンバリスト
脚本:ロイ・ハミルトン
撮影:ウィリアム・F・ウィットリー
編集:ジョンA.ブシェルマン
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
レアード・グレンジャー:ソニー・タフツ
キップ・ライスナー:ヴィクター・ジョリー
ヘレン・サリンジャー:マリー・ウィンザー
ダグ・スミス:ウィリアム・フィップス
ウォルト・ウォルターズ:ダグラス・フォウリー
ベータ:スザンヌ・アレキサンダー
アルファ:キャロル・ブリュースター
ラムダ:スーザン・モロー
キャットウーマン:ベット・アーレン
キャットウーマン:ロクサン・デルマン
キャットウーマン:エリー・マーシャル
キャットウーマン:ジュディ・ウォルシュ

アメリカ 映画
配給 Astor Pictures
1953年製作 64分
公開
北米:1953年9月3日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
月科学探査ロケットが発射される。

船長のレアード・グレンジャー(ソニー・タフツ)、副操縦士キップ・ライスナー(ヴィクター・ジョリー)、航海士ヘレン・サリンジャー(マリー・ウィンザー)、通信士ダグ・スミス(ウィリアム・フィップス)、エンジニアのウォルト・ウォルターズ(ダグラス・フォウリー)は、大気圏から宇宙空間に向かう。

地球と交信したレアードは、衝撃を受けて原子炉の異常を確認する。

通信不能となり原子炉の異常が続くために、キップは危険を承知で格納庫に向かう。

防護服を着て中に入ったキップは、噴出するガスを止めて戻り意識を失う。

回復したキップは、規則にこだわるレアードのことを気にしながら、恋人のヘレンとの愛を確認する。

レアードは地球との交信時に、ヘレンが口にした”アルファ”という言葉が気になったが、彼女は覚えていなかった。

その後、月に近づいたレアードは、着陸地点が月の裏側の谷であることをヘレンに確認して、着陸準備を始める。

着陸に成功したレアードらは、宇宙服を着て船外活動を始める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
月科学探査ロケットど月面に着陸したレアード・グレンジャー船長は、副操縦士のキップ、航海士ヘレンらと共に船外活動を始める。
何かに導かれるようにヘレンが見つけた洞窟に向かったレアードらは、その場に酸素があることを確認し、さらに奥に進む。
襲いかかってきた巨大なクモを倒したレアードらは、宮殿に到着し、人間よりはるかに進化した”キャットウーマン”アルファに遭遇するのだが・・・。
__________

編集技師であり、1950年代からテレビ界を中心に監督としても活躍したアーサー・ヒルトンの作品。

月探査宇宙船にも拘わらず、事務机やロッカーなどが登場するという、”エド・ウッド”作品級の思わず笑ってしまうSF映画。

B級作品以下と言っていいほどの安っぽいセットや陳腐な内容ではあるが、アメリカでは3Dで公開された作品。

その中で、注目は音楽を担当するエルマー・バーンスタインであり、初期の彼の楽曲は興味深い。

1958年に、リメイク作品”月へのミサイル”が公開された。

規則にこだわる堅物の船長ソニー・タフツ、現実派の副操縦士ヴィクター・ジョリー、その恋人でキャットウーマンにテレパシーで操られる航海士のマリー・ウィンザー、通信士のウィリアム・フィップス、エンジニアのダグラス・フォウリー、キャットウーマンのリーダー、キャロル・ブリュースター、エンジニアに接近するスザンヌ・アレキサンダー、通信士と愛し合うようになるスーザン・モロー、その他のキャットウーマン役ベット・アーレン、ロクサン・デルマン、エリー・マーシャル、ジュディ・ウォルシュなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021