4261 Movies

チューリップ・フィーバー Tulip Fever (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

チューリップ投機が加熱する中、世継ぎを産むために富豪の妻となった女性と青年画家の恋を描く、製作総指揮、監督ジャスティン・チャドウィック、主演アリシア・ヴィキャンデルデイン・デハーンクリストフ・ヴァルツジャック・オコンネルホリデイ・グレインジャージュディ・デンチザック・ガリフィアナキス他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ジャスティン・チャドウィック

製作
アリソン・オーウェン
ハーヴェイ・ワインスタイン
製作総指揮
ポール・トライビッツ
ボブ・ワインスタイン
デヴィッド・グラッサー
ジャスティン・チャドウィック
クリストファー・ウッドロウ
モリー・コナーズ
マリア・セストーン
サラ・E・ジョンソン
パトリック・トンプソン
ローリー・マクドナルド
ウォルター・F・パークス
原作:デボラ・モガー”Tulip Fever”
脚本
デボラ・モガー
トム・ストッパード
撮影:アイジル・ブリルド
編集:リック・ラッセル
音楽:ダニー・エルフマン

出演
ソフィア・サンツフォールト:アリシア・ヴィキャンデル
ヤン・ファン・ロース:デイン・デハーン
コルネリス・サンツフォールト:クリストフ・ヴァルツ
ウィレム・ブロック:ジャック・オコンネル
マリア:ホリデイ・グレインジャー
修道院長:ジュディ・デンチ
ヘリット:ザック・ガリフィアナキス
マテウス:マシュー・モリソン
アナジェ:カーラ・デルヴィーニュ
ヨハン・デ・バイ:ケヴィン・マクキッド
ニコラス・スティーン:ダグラス・ホッジ
スティーン夫人:クレシダ・ボナス
オファーファルト夫人:ジョアンナ・スキャンラン
ソルフ医師:トム・ホランダー
プラーター:デヴィッド・ヘアウッド

イギリス/アメリカ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2017年製作 107分
公開
イギリス:2018年12月7日
北米:2017年9月1日
日本:2018年10月6日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $2,455,640
世界 $9,204,550


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
17世紀、オランダネーデルラント連邦共和国)。
チューリップ投機が加熱(チューリップ・バブル)する中で、特に高価なのは、希少な縞模様の入った“ブレイカー(色割れ)”だった。

孤児として聖ウルスラ修道院で育ったソフィア(アリシア・ヴィキャンデル)は、修道院長(ジュディ・デンチ)に呼ばれる。

香辛料の取引で財を成した、富豪である商人コルネリス・サンツフォールト(クリストフ・ヴァルツ)の元に嫁ぐことになったソフィアは、院長や修道女に祝福されて旅立つ。

ソフィアの犠牲のおかげで、妹達はおばが待つアメリカのニューアムステルダムに向かえることになる。

3年後、1634年、アムステルダム
コルネリスの世継ぎを産むことを義務付けられる日々を送るソフィアは、その”任務”を果てせないでいた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
17世紀、オランダ
チューリップ投機が加熱(チューリップ・バブル)していた時代、孤児として修道院で育ったソフィアは、富豪の商人コルネリスの元に嫁ぐ。
世継ぎを産むことを義務付けられたソフィアは、善人ではあるが、そのことだけにこだわるコルネリスとの生活に不満を抱くようになる。
そんなソフィアは、コルネリスが雇った青年画家ヤンに惹かれ、二人は恋に落ちてしまう・・・。
__________

1999年に発表された、デボラ・モガーの小説”Tulip Fever”を基に製作された作品。

ブーリン家の姉妹」(2008)で長編デビューしたジャスティン・チャドウィックが、製作総指揮を兼ねて監督した作品。

チューリップ投機(チューリップ・バブル)が加熱する17世紀のオランダネーデルラント連邦共和国)を舞台に、世継ぎを産むために富豪の妻となった女性と青年画家の恋を描く恋愛ドラマ。

2004年に企画され、スティーヴン・スピルバーグドリームワークスが製作する予定が休止状態となり、2014年にジャスティン・チャドウィックの監督で撮影がはじまるもののそれが延びてしまい、北米公開は2017年となった経緯がある。

孤児として修道院で育ち、妹達のために豪商の元に嫁いだ女性が手に入れた生活には幸せはないのだが、突然、現れた青年画家と恋に落ちる物語に発展する。
それに絡む、狂乱の時代とも言えるチューリップ・バブルの様子が興味深く描かれている。

恋を選び逃亡を選んだ主人公が、人の優しさななどに触れて、自分だけの幸せのために夫を騙したことを悔い、再び修道院に戻る姿で救われる、すべての人が幸福感を味わいながら穏やかに終わるラストもいい。

主演のアリシア・ヴィキャンデルは、富豪に嫁ぎ世継ぎを産むことを義務付けられる中で、青年画家との恋を経験して自分を見つめ直す女性を好演している。

主人公と愛し合う青年画家デイン・デハーン、善人ではあるが、世継ぎを産ませるために主人公を妻にする富豪の商人クリストフ・ヴァルツ、彼の使用人ホリデイ・グレインジャーと愛し合う魚売りの青年ジャック・オコンネル、主人公を育てた修道院長で、チューリップ栽培を行うジュディ・デンチ、ヤン(デイン・デハーン)の助手ザック・ガリフィアナキス、ヤンの友人マシュー・モリソン、ウィレム(ジャック・オコンネル)が投機で得た金を奪う酒場の女カーラ・デルヴィーニュ、チューリップの取引業者ケヴィン・マクキッド、コルネリス(クリストフ・ヴァルツ)と主人公の友人ダグラス・ホッジ、その妻クレシダ・ボナス、仕立屋のジョアンナ・スキャンラン、主人公に協力する医師トム・ホランダー、修道院のチューリップ取引の担当者デヴィッド・ヘアウッドなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020