4218 Movies

ブーリン家の姉妹 The Other Boleyn Girl (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

財産を増やし家名を高めるために父と叔父に利用された、イングランド国王ヘンリー8世の2番目の王妃アンメアリー・ブーリン姉妹を中心に描く、監督ジャスティン・チャドウィック、主演ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソンエリック・バナ他共演による愛憎の歴史ドラマ。


ドラマ(歴史劇)

スカーレット・ヨハンソン / Scarlett Johansson / Pinterest
エディ・レッドメイン / Eddie Redmayne / Pinterest
ベネディクト・カンバーバッチ / Benedict Cumberbatch 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジャスティン・チャドウィック
製作:アリソン・オーウェン
製作総指揮
スコット・ルーディン

デヴィッド・M・トンプソン
原作:フィリッパ・グレゴリー
脚本:ピーター・モーガン
撮影:キアラン・マクギガン
編集
ポール・ナイト
キャロル・リトルトン

衣装デザイン:サンディ・パウエル
音楽:ポール・カンテロン

出演
アン・ブーリンナタリー・ポートマン

メアリー・ブーリンスカーレット・ヨハンソン
ヘンリー8世エリック・バナ
ジョージ・ブーリンジム・スタージェス
トーマス・ブーリンマーク・ライランス
エリザベス・ブーリンクリスティン・スコット・トーマス
ノーフォーク公/トマス・ハワードデヴィッド・モリッシー
ウィリアム・ケリーベネディクト・カンバーバッチ
ヘンリー・パーシーオリヴァー・コールマン
キャサリン・オブ・アラゴンアナ・トレント
ウィリアム・スタッフォードエディ・レッドメイン
ジェーン・パーカージュノー・テンプル
トマス・クロムウェルイアン・ミッチェル
フランシス・ウェストンアンドリュー・ガーフィールド
ジェーン・シーモア:コリーヌ・ギャロウェイ
メアリー・タルボット:ティファニー・フレイスバーグ
クランマー大司教ビル・ウォリス

メアリー1世:コンスタンス・ストライド
エリザベス(幼少期):メイジー・スミス

イギリス/アメリカ 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ

フォーカス・フィーチャーズ
2008年製作 115分
公開
イギリス:2008年3月7日
北米:2008年2月29日
日本:2008年10月25日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $26,814,960
世界 $77,713,870


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
16世紀のイングランド
わずか4代前は地方農民だったブーリン家は、次々と伯爵家と縁組などをして爵位や領地を増やしていった。

ブーリン家の家長トーマス(マーク・ライランス)は、商人であるケリー家から、長女のアン(ナタリー・ポートマン)を子息のウィリアム(ベネディクト・カンバーバッチ)の花嫁に迎えたいとの話を持ちかけられていた。

活発で知性のあるアンを、商人に嫁がせるのは惜しいと判断したトーマスは、妹のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)をケリー家に嫁がせることを、妻エリザベス(クリスティン・スコット・トーマス)に告げる。

メアリーの結婚式の日、アンは弟のジョージ(ジム・スタージェス)と花嫁を祝福する。

その頃、国王ヘンリー8世(エリック・バナ)の王妃キャサリン・オブ・アラゴン(アナ・トレント)は、娘メアリー(コンスタンス・ストライド)の弟を死産で亡くしていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

2001年に発表された、フィリッパ・グレゴリー同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)
16世紀イングランド
トーマス・ブーリンは、商人であるケリー家から、長女のアンを子息のウィリアムの花嫁に迎えたいとの話を持ちかけられていた。
快活なアンを、商人に嫁がせる気になれなかったトーマスは、次女メアリーをケリー家に嫁がせることに決める。
その頃、国王ヘンリー8世は、王妃キャサリン・オブ・アラゴンとの間で世継ぎに恵まれずにいたため、トーマスは、才覚あるアンを国王の愛人にすることを考える。
娘のアンを、家名を高めることに利用しようとするトーマスと実弟ノーフォーク公の考えを批判する妻エリザベスだったが、アンは任務と割り切り国王を迎える。
しかし、国王が落馬するアクシデントが起きて、介抱したメアリーが彼に気に入られてしまう。
そして、トーマスノーフォーク公の策略は変更されるのだが・・・。
__________

有名なアン・ブーリンよりも、メアリー・ブーリンにスポットを当てた序盤から中盤までの展開が、家長達の策略と共に実に興味深い。

二人は、実際にはどちらが姉で妹かは、現在でも不明だが、本作ではアンが姉として描かれている。

イギリスで、テレビ監督として経歴を積んでいたジャスティン・チャドウィック初の長編映画で、二大若手女優ナタリー・ポートマンスカーレット・ヨハンソン、力感溢れる国王ヘンリー8世を演ずるエリック・バナら、実力派俳優達の才能を引き出し、見応えある歴史劇に仕上がっている。

恋におちたシェイクスピア」(1998)と「アビエイター」(2004)でアカデミー賞を受賞したサンディ・パウエルの衣装デザインも素晴らしい。

上層貴族との婚姻を夢見る野心家のアン・ブーリンを演ずるナタリー・ポートマン、方や質素な田舎生活を望むメアリー・ブーリン役のスカーレット・ヨハンソン、共に策略の道具として扱われながらも、厳しい世界を逞しく生き抜く力強い女性を熱演している。

彼女ら、特にアン・ブーリンに翻弄させられるものの、国王としての威厳を崩さないヘンリー8世エリック・バナ、ブーリン家の長男で悲運な斬首刑となるジョージ・ブーリン役のジム・スタージェス、父トーマスマーク・ライランス、母エリザベスクリスティン・スコット・トーマスノーフォーク公役のデヴィッド・モリッシー、妻メアリーを愛人として国王に奪われるウィリアム・ケリーベネディクト・カンバーバッチアンと極秘結婚するヘンリー・パーシーオリヴァー・コールマン、王妃キャサリン・オブ・アラゴンアナ・トレントメアリーを思い続け、後に結婚するウィリアム・スタッフォードエディ・レッドメイン、夫ジョージアンとの関係を国王を告発するジェーン・パーカージュノー・テンプルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020