That's Movie Talk!     4057 Movies

トップガン Top Gun (1986) 3.55/5 (33)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世界最高のパイロット養成校“トップガン”訓練生の挫折と成長を描く、製作ドン・シンプソンジェリー・ブラッカイマー、監督トニー・スコット、主演トム・クルーズケリー・マクギリスヴァル・キルマートム・スケリットメグ・ライアンアンソニー・エドワーズ他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー

トム・クルーズ / Tom Cruise 作品一覧
トム・クルーズ / Tom Cruise / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:トニー・スコット
製作
ドン・シンプソン

ジェリー・ブラッカイマー
製作総指揮:ビル・バダラート
脚本
ジム・キャッシュ

ジャック・エップスJr.
撮影:ジェフリー・L・キンボール
編集
ビリー・ウェバー

クリス・レベンゾン
音楽
ハロルド・フォルターメイヤー

ジョルジオ・モロダー

出演
ピート”マーヴェリック”ミッチェル:トム・クルーズ

シャーロット”チャーリー”ブラックウッド:ケリー・マクギリス
ニック”グース”ブラッドショウ:アンソニー・エドワーズ
トム”アイスマン”カザンスキー:ヴァル・キルマー
キャロル・ブラッドショウ:メグ・ライアン
マイク”ヴァイパー”メットカーフ:トム・スケリット
リック”ジェスター”ヒーサリー:マイケル・アイアンサイド
ビル”クーガー”コーテル:ジョン・ストックウェル
レナード”ウルフマン”ウルフ:バリー・タブ
ロン”スライダー”カーナー:リック・ロソヴィッチ
サム”マーリン”ウェルズ:ティム・ロビンス
トム”スティンガー”ジョーダン:ジェームズ・トールカン
チャールズ”チッパー”パイパー:エイドリアン・パスダー
マーカス”サンダウン”ウィリアムズ:クラレンス・ギリヤードJr.
リック”ハリウッド”ニーヴン:ウィップ・ヒューブリー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1986年製作 110分
公開
北米:1986年5月16日
日本:1986年12月6日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $179,767,870
世界 $356,830,600


アカデミー賞 ■
第59回アカデミー賞
・受賞
歌曲賞”Take My Breath Away
・ノミネート
録音・編集・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
航空母艦”エンタープライズ”(CVN-65)。
アメリカ海軍パイロットのピート”マーヴェリック”ミッチェル大尉(トム・クルーズ)は、RIO(レーダー員)ニック”グース”ブラッドショウ大尉(アンソニー・エドワーズ)とコンビを組み、艦上戦闘機”F14”で飛び立つ。

国籍不明機”ミグ28”を確認したトム”スティンガー”ジョーダン中佐(ジェームズ・トールカン)は、マーベリックの機とビル”クーガー”コーテル(ジョン・ストックウェル)とサム”マーリン”ウェルズ(ティム・ロビンス)の機が追跡していることを知る。

クーガーの機に張り付く未確認機に近づき、背面飛行で相手の写真を撮ったマーベリックとグースは、相手を追い払い帰還する。

ところが、”ミグ”との飛行でショックを受けたクーガーは、操縦不能となり燃料もなくなる。
・・・全てを見る

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アメリカ海軍パイロットのピート”マーヴェリック”ミッチェル大尉は、RIO(レーダー員)グースと共に、カリフォルニア州のミラマー海軍航空隊基地にある世界最高のパイロット養成校“トップガン”の訓練生となる。
責任者であるヴァイパー中佐に迎えられたマーヴェリックは、最優秀者になる自信を見せ、ライバルのアイスマンを意識する。
そんなマーヴェリックは、民間人の教官で航空物理学博士のチャーリーに惹かれる。
チャーリーは、立場上マーヴェリックを生徒としか見ないものの心を寄せるようになる。
そして厳しい訓練は始まり、マーヴェリックとアイスマンは激しいトップ争いを続けるのだが・・・。
__________

既にキャリアはあった期待の若手スター、トム・クルーズの人気がブレイクし、ハリウッドの頂点を極めるきっかけとなった作品。

切れ味鋭い軽快なトニー・スコットの演出、スタイリッシュな映像、そしてテンポのよい展開にマッチした音楽などが受けて超話題作となった。

第59回アカデミー賞では、”ベルリン”の”Take My Breath Away”が歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
録音・編集・音響編集賞

2015年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

1500万ドルで製作された作品は、北米興行収入約1億8000万ドル、全世界では約3億5700万ドルの大ヒットとなった。

宇宙飛行士と同じように、知力、体力など人間を超越するほどの才能を求められるエリート・パイロットとは思えない主人公の言動や、戦闘機からの脱出時にキャノピーに激突する事故でパイロットが死亡する不自然さなどの細かいところを追求せずに、スピード感や映像感覚を単純に楽しむことをお勧めします。

”スーパー・アイドル登場!”ということで人気が急上昇したトム・クルーズはファンの心を掴むのだが、わずか2年後の「レインマン」(1988)では、シリアスな役柄で高い評価を受けることになる。
このあたりが、その後の活躍につながる彼の才能やプロ意識が感じられるところで玄人受けする理由だろう。
訓練生、他の役者に比べると一際小柄な彼なのだが、その発するオーラは別物で正にスターの証だ。

ヒロインのケリー・マクギリスは、主人公と愛し合う年上の教官として”大人の女性”を好演している。
彼女は、トム・クルーズよりも実際には10cm位背が高いため、そのバランスを保つ工夫などを注意して見ていると面白い。

主人公のパートナーであるレーダー員のアンソニー・エドワーズ、その妻メグ・ライアン、主人公のライバル、ヴァル・キルマー、主人公を温かく見守る”トップガン”の最高責任者トム・スケリット、教官マイケル・アイアンサイド、パイロット/レーダー員のジョン・ストックウェルバリー・タブリック・ロソヴィッチエイドリアン・パスダークラレンス・ギリヤードJr.ウィップ・ヒューブリー、主人公の上官ジェームズ・トールカン、そしてティム・ロビンスが、クライマックスで主人公のレーダー員を演じている(冒頭でも登場)。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up