4315 Movies

サンダーボルト Thunderbolt And Lightfoot (1974)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1970年代最高のドル箱スターだったクリント・イーストウッドの注目作。
仲間に追われる伝説の強盗が破天荒な青年と意気投合しながら企む現金強奪計画を描く、主演クリント・イーストウッド、監督、脚本マイケル・チミノジェフ・ブリッジスジョージ・ケネディジェフリー・ルイス他共演の犯罪アクション。


アクション/アドベンチャー

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:マイケル・チミノ
製作:ロバート・デイリー
脚本:マイケル・チミノ
撮影:フランク・スタンレー
編集:フェリス・ウェブスター
音楽:ディー・バートン
主題歌:ポール・ウィリアムス”Where Do I Go from Here”

出演
クリント・イーストウッド:ジョン”サンダーボルト”ドアティー
ジェフ・ブリッジス:ライトフット
ジョージ・ケネディ:レッド・レアリー
ジェフリー・ルイス:エディ・グッディ
ビル・マッキニー:狂ったドライバー
グレゴリー・ウォルコット:中古車ディーラー
ゲイリー・ビジー:カーリー
ダブ・テイラー:ガソリンスタンド店員
ロイ・ジェンソン:ダンロップ
ジャック・ドッドソン:金庫の支店長
ベス・ハウランド:金庫の支店長の妻
キャサリン・バック:メロディ
ジューン・フェアチャイルド:グロリア
クラウディア・レニアー:事務員

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1974年製作 114分
公開
北米:1974年5月23日
日本:1974年9月
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $25,000,000


アカデミー賞
第47回アカデミー賞

・ノミネート
助演男優賞(ジェフ・ブリッジス


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
アイダホ州。
教会の牧師ジョン・ドアティー(クリント・イーストウッド) は、ミサを始める。

障害者を装った若者ライトフット(ジェフ・ブリッジス)は、中古車ディーラーで1971年型”ポンティアック・ファイヤーバード”に目をつける。

オーナー(グレゴリー・ウォルコット)と話したライトフットは車に乗り、義足だと言って油断させて、そのまま走り去る。

実は悪党だったドアティーは、現れた自分を追う仲間のダンロップ(ロイ・ジェンソン)に発砲され、裏口から出て麦畑に逃げる。

そこに通りがかったライトフットは、車を止めようとしたドアティー避けたために、ダンロップを轢き殺してしまう。

ドアティーはライトフットの車にしがみつき、乗り込んだ際に肩を痛めてしまう。

山岳地帯に着いたドアティーは、ベルトを使って脱臼した肩を治し、ライトフットが車を盗んだことを知る。

ガソリンスタンドに向かった二人は、ある夫婦の車を奪う。

その後、ライトフットに別れを告げたドアティーは、車を降りてバスターミナルに向かう。

そこでドアティーは、自分を追う仲間のレッド・レアリー(ジョージ・ケネディ)の姿を見かけ、その場を離れて再びライトフットの車に乗り込む。

二人はモーテルに向かい、ライトフットは、他の車のナンバープレートを盗む。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
”サンダーボルト”の異名を誇る伝説の強盗ジョン・ドアティーは、ひょんなことから若者ライトフットと出会い意気投合する。
サンダーボルトは、かつての現金強奪で裏切り者と思われ、戦友でもある仲間のレッドとグッディに追われていた。
現金の隠し場所の小学校校舎が移転されたことを知ったサンダーボルトは、レッドにそれを説明し、ライトフットの提案で、かつて襲った金庫を再び襲撃することにする。
サンダーボルトら4人は準備を始め、金庫の破壊方法として20ミリ機関砲を用意し、実行の日を迎えるのだが・・・。
__________

本作がデビュー作となる、撮影当時、弱冠30歳のマイケル・チミノを起用し、自らメガホンをとることなく演技に徹したクリント・イーストウッドの意欲であり、当時の作品の中でも注目の一作。

4年後に「ディア・ハンター」(1978)でアカデミー監督賞を受賞することになるマイケル・チミノは、パワフルなイーストウッドジョージ・ケネディのキャラクターを活かしたスケール感と、それとは対照的な哀愁漂う描写など、メリハリのある演出は光る。

悪党達が度々身を寄せる山や川の大自然(モンタナ)の美しい映像は印象的で、機関砲を使った現金強盗のアイデアなども斬新だ。

第47回アカデミー賞では助演男優賞(ジェフ・ブリッジス)にノミネートされた。

考えさせられる悲しいラストに流れる、ポール・ウィリアムスの主題曲”Where Do I Go from Here”は心にしみる名曲だ。

個人的には、イーストウッド作品の中で上位に上げたい作品であり、いばらの道を歩んできた逞しい苦労人という役柄が彼に合い、甘いマスクの中に見せる凄みもある表情もなかなかいい。

奔放な若者ゆえにラストの死がショッキングな、撮影当時まだ23歳のジェフ・ブリッジスの好演は忘れ難い。

ラスト・ショー」(1971)で注目され、若手の注目株だった彼は、本作でアカデミー助演賞にノミネートされ、現在でも非常に高い人気を誇っている。

主人公を追うものの手を組む、イーストウッドとは翌年「アイガー・サンクション」(1975)でも共演する巨漢のジョージ・ケネディは、同じ長身のイーストウッドと同画面に登場すると、その迫力が倍増するところも注目で、2人の相性の良さを感じる。

気の弱い強盗仲間のジェフリー・ルイス、主人公を車に乗せる狂気の男ビル・マッキニー、騙される中古車ディーラーのグレゴリー・ウォルコット、冒頭で主人公を襲うロイ・ジェンソンなど、イーストウッド作品の常連の出演はファンには嬉しいばかりだ。

作業員ゲイリー・ビジー、ガソリン・スタンドの店員ダブ・テイラー、金庫の支店長ジャック・ドッドソン、その妻ベス・ハウランド、主人公とモーテルで愛し合うジューン・フェアチャイルドキャサリン・バック、主人公が働く工場の事務員クラウディア・レニアーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020