That's Movie Talk!     4098 Movies

ミシシッピー・バーニング Mississippi Burning (1988)

  •  
  • 10
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1964年に、ミシシッピ州で起きた”3人の公民権運動家殺人事件”をベースにした、監督アラン・パーカージーン・ハックマンウィレム・デフォーフランシス・マクドーマンド共演の社会派ドラマの秀作。


ドラマ(社会派)


スタッフ キャスト ■
監督:アラン・パーカー

製作
フレデリック・M・ゾロ
ロバート・F・コールズベリー
脚本:クリス・ジェロルモ

撮影 ピーター・ビジウ
編集 ジェリー・ハンブリング
音楽 トレヴァー・ジョーンズ

出演
ジーン・ハックマン:ルパート・アンダーソン
ウィレム・デフォー:アラン・ウォード
フランシス・マクドーマンド:ペル夫人
ブラッド・ドゥーリフ:クリントン・ペル保安官補
R・リー・アーメイ:ティルマン町長
マイケル・ルーカー:フランク・ベイリー
ゲイラード・サーテイン:レイ・スタッキー保安官
プルット・テイラー・ヴィンス:レスター・コーエンズ
スティーヴン・トボロウスキー:クレイトン・タウンリー
バジャ・ジョラー:モンク捜査官
ケヴィン・ダン:バード捜査官
トビン・ベル:ストークス捜査官

アメリカ 映画
配給 オライオン・ピク チャーズ
1988年製作 126分
公開
北米:1988年12月9日
日本:1989年3月4日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $34,603,940


アカデミー賞 ■
第61回アカデミー賞

・受賞
撮影賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ジーン・ハックマン)
助演女優(フランシス・マクドーマンド)
編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1964年6月。
ミシシッピ州、ジェサップで起きた3人の公民権運動家失踪事件に、FBIは元郡保安官のルパート・アンダーソン(ジーン・ハックマン)とアラン・ウォード(ウィレム・デフォー)の反りが合わない2人を派遣する。

アンダーソンとウォードは、レイ・スタッキー保安官(ゲイラード・サーテイン)と保安官補のクリントン・ペル(ブラッド・ドゥーリフ)に顔を会わせ、事件に非協力的な二人を不審に思う。

その町のルールに従わずに捜査を始めようとする、堅物のウォードに、アンダーソンは梃子摺りながら町の視察を始める。

その夜、ウォードに話しかけられた青年は袋叩きにされ、アンダーソンらの宿泊先のモーテルの部屋も襲われる。

責任者であるウォードは応援を呼び、大量の捜査官が町に入り、映画館を貸切り本部を設置するが、アンダーソンは、相手を刺激するだけだと警戒する。

そんな中、アンダーソンは、独自の手法で町の人々から聞き込みを始める。

迷惑そうに接してくるティルマン町長(R・リー・アーメイ)だったが、アンダーソンは気にもとめない。

ウォードは、町に、”KKK”のリーダー、クレイトン・タウンリー(スティーヴン・トボロウスキー)らが出入りしているのを目撃する。

アンダーソンが、ペルの妻で美容師の(フランシス・マクドーマンド)に聞き込みをしていた際に、リンチを受けた青年が車から道端に放り出される。

それが、ウォードが話しかけた青年だったために、アンダーソンは彼に食って掛かる。

やがて、沼地から失踪者の車が見つかり、軍隊まで出動して死体の捜索が始まり、全米で注目されることになる。

捜査は進展しないまま、遺体も見つからずにいたが、ウォードはペルのアリバイが弱いことを突き止める。

アンダーソンは単独で、ペルの自宅を訪れ妻に聞き込みをして探りを入れる。

その間も白人達の闇討ちは続くが、ティルマン町長やタウンリーは公然と白人至上主義を主張する。

アンダーソンは、ペルやフランク・ベイリー(マイケル・ルーカー)らがたむろする酒場に乗り込み、町を出ろと息巻くベイリーに対し逆に脅しをかける。

それを知ったウォードは、アンダーソンの行き過ぎた行動を止めさせようとするが、ペルの妻が何かを隠しているという考えは一致していた。

襲われた黒人青年の家族に、訴えを起こすよう説得するウォードだったが、面倒に巻き込まれたくない黒人達も、彼らに関るのを避けようとする。

焼き討ち事件の目撃証言から、3人の男の名前が浮かび上がり、容疑者として裁判にかけられるものの、下された判決は軽犯罪に終わってしまう。

直後に、町の方々で焼き討ちが起こり、目撃証言をさせた少年の父親は、暴行を受けて吊るされてしまう。

そしてタウンリーらは、それに追い討ちをかけるように集会を開き人々を扇動する。

我慢の限界に達したペル夫人は、夫が失踪事件に関わったことと、3人の遺体が埋められた場所をアンダーソンに告げる。

しかし、それを知ったペルは、ベイリーらと共に妻を半殺しにしてしまう。

彼女が運ばれた病院に現れたアンダーソンは、怒りを抑えきれずペルに復讐しようとするが、ウォードはそれを力ずくで制止する。

しかし、ついにウォードも、アンダーソンが主張する強硬手段を実行することに同意する。

アンダーソンが呼び寄せた、殺し屋を装った捜査官が、ティルマン町長を脅し失踪者を殺した者を聞きだす。

脅迫による自供だけでは犯人を逮捕できず、さらに強引な手を使い、アンダーソンは事件に関わった者達を追い詰めていく。

その後、逮捕されペルやベイリー、そしてタウンリーらは懲役刑となる。

事件とは無関係だったティルマン町長は自殺し、この事件が犯人達だけの問題でないことが浮き彫りになる。

そしてアンダーソンは、傷の癒えたペル夫人に別れを告げる。

アンダーソンとウォードは、町の人々の間に、人種を越えた共存が始りつつあることを見届け、町を去って行く。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1964年6月。
ミシシッピ州、ジェサップで起きた3人の公民権運動家失踪事件に、FBIは元郡保安官のルパート・アンダーソンとウォードの、反りが合わない2人を派遣する。
目的地に着いたル二人は、スタッキー保安官と保安官補ペルに会い、事件に非協力的な彼らを不審に思う。
その後、アンダーソンとウォードは、町のルールを無視して捜査を始めようとする。
その結果、二人に話しかけられた青年は袋叩きにされ、彼らの宿泊先の部屋も襲われる。
対抗策としてウォードは、大量の捜査官を呼び寄せ映画館に本部を設置する。
しかし、アンダーソンは、相手を刺激するだけだと警戒する。
そんな中アンダーソンは、ティルマン町長の迷惑そうな態度を気にすることもなく、町の人々から聞き込みを始め、一方、ウォードは、町に”KKK”のリーダーである、タウンリーらが出入りしているのを目撃する。
アンダーソンは、美容師であるペルの妻には好意的に受け入れられたりもしたが、やがて、沼地から失踪者の車が見つかり、軍隊まで出動して死体の捜索が始まる。
事件は全米で注目されることになるものの、遺体はみつからなかった。
捜査は進展しないままでいたが、ウォードは、ペルのアリバイが弱いことを突き止める。
そしてアンダーソンは、再びペルの妻の元を尋ねて探りを入れる・・・。
___________

公民権法の制定直前から制定された後でも、容易には事件が解決できない様子など、緊迫感溢れるストーリーを、スリリングに描いたアラン・パーカーの演出は見応え十分だ。

しかし、実際には、FBI自体がこれほどまでに積極的な事件捜査を行ったということに反論する意見があるのも事実で、それを思うと、いかにアメリカ社会に根強く残る差別が、大きな問題かがよく解る。

第61回アカデミー賞では、作品賞以下7部門にノミネートされ、撮影賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ジーン・ハックマン)
助演女優(フランシス・マクドーマンド)
編集・録音賞

フレンチ・コネクション」(1971)の主人公”ポパイ”がやや大人しくなったようなキャラクターのジーン・ハックマンの、一匹狼風の迫力ある演技は圧巻で、下積み時代のルームメイト、ダスティン・ホフマンの「レインマン」(1988)が候補でなければ、多分2度目のオスカー受賞は間違いなかっただろう。

ジーン・ハックマンのセリフにもあるが、当時の司法長官ロバート・ ケネディの秘蔵っ子であるエリート捜査官という設定のウィレム・デフォーも、円熟の極みと言えるジーン・ハックマンと互角に渡り合い、彼に銃を向けて脅してまで説得するシーンなど、力感溢れる演技も見せる。

差別がなくなるはずもない町に留まり、強く生きていこうとするクライマックスが感動を呼ぶ、フランシス・マクドーマンドの、体を張った演技も見事であり、デビューから4作目にして、早くもアカデミー助演賞候補になったのも頷ける。

悪徳保安官補ブラッド・ドゥーリフ、脅迫を受けて自殺してしまう町長R・リー・アーメイ、正に悪党面のマイケル・ルーカー、結局、無罪になってしまう保安官ゲイラード・サーテインKKKのリーダー、スティーヴン・トボロウスキー、ウォード(W・デフォー)の参謀役の捜査官ケヴィン・ダンなど、実にいいキャスティングだ。
また、どちらが悪党かわからないほど凄みのある捜査官トビン・ベルも端役でデビューを果たしている。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up