4503 Movies

グレンとグレンダ Glen or Glenda (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

女装趣味の秘密を婚約者に隠す男性の苦悩を描く、監督、脚本、主演エドワード・D・ウッドJr.ティモシー・ファレルドロレス・フラーベラ・ルゴシ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:エドワード・D・ウッドJr.
製作:ジョージ・ワイス
脚本:エドワード・D・ウッドJr.
撮影:ウィリアム・C・トンプソン
編集:バド・シェリング
音楽:ウィリアム・ラヴァ

出演
グレン/グレンダ:エド・ウッド/ダニエル・デイヴィス
オルトン博士/ナレーター:ティモシー・ファレル
バーバラ:ドロレス・フラー
科学者:ベラ・ルゴシ
アラン/アン:トミー・ヘインズ
ウォーレン警部:ライル・タルボット
ジョニー:チャールズ・クラフツ
銀行家/リポーター/女性を誘惑する男/顎髭を生やした男:コンラッド・ブルックス
悪魔/グレンの父親:キャプテン・デ・ギータ
パトリック/パトリシア(服装倒錯者の自殺者):ジョージ・ワイス

アメリカ 映画
配給 Screen Classics
1953年製作 65分/71分(1982年再編集)
公開
北米:1953年4月
日本:1995年9月30日
製作費 $20,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
科学者(ベラ・ルゴシ)は語り始める。
人類が常に未知のものを探し求めている結果、驚くようなことが明るみに出た。
しかし、これらの新しい発見のほとんどは、科学的に説明できない場合がある。
人には、それぞれの考えや価値観、個性があり正しいと思っている。
人は誕生し、そして人生は終わる・・・。
__________

女装して自殺したパトリック/パトリシア(ジョージ・ワイス)を調べたウォーレン警部(ライル・タルボット)は、女装したことで4回逮捕され、悩んだ末に死を選んだという内容の彼の遺書を確認する。

パトリック/パトリシアの考えを理解しようとしたウォーレンは、オルトン博士(ティモシー・ファレル)を訪ねる。

今回のようなことを防ぎたいウォーレンは、女装する男性”服装倒錯者”について語ろうとするオルトンに、性転換の効果について尋ねる。

場合によると言うオルトンは、性転換できる者はまだいいとして、違う性になりたいないのに叶わない、パトリックのような者にとっては非常に辛いことだと話す。

詳しく知ろうとするウォーレンに、オルトンは理解しにくい話しだと前置きして、生い立ちなどが同じ二つの例を語る。
__________

服装倒錯者のグレン/グレンダ(エド・ウッド/ダニエル・デイヴィス)は、ショウウィンドウの女性の服を見つめる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
服装倒錯者のグレンは、女装してグレンダになることに喜びを感じていた。
性転換手術のことが世間で話題になり、服装倒錯者の自殺者も出る中、事件を担当したウォーレン警部は、その分野の権威であるオルトン博士の意見を聞く。
そんな時グレンは、婚約者のバーバラと結婚する前に、秘密を話すべきか悩んでいた・・・。
__________

ティム・バートンが監督しジョニー・デップが主演した「エド・ウッド」(1994)が話題になったために一躍注目された作品でもあり、”最低の監督”と言われたエド・ウッドエドワード・D・ウッドJr.)のデビュー作。
監督と脚本を兼ねる主演のエド・ウッドは、”ダニエル・デイヴィス”の名前でクレジットされている。

1952年に、ジョージ・ウィリアム・ジョーゲンセンJr.が世界初の性別適合手術を受けてクリスティーン・ジョーゲンセンとなったことが話題になり、製作者ジョージ・ワイスが性転換を題材にしようとして製作されたのが本作で、ジョーゲンセンが映画への協力を拒んだために、エド・ウッドは、自身の服装倒錯者としての心の葛藤を描く内容に脚本を書き換えた。
それについては、事実とは多少異なるものの、「エド・ウッド」(1994)で紹介されている。
尚、ワイスは服装倒錯者の自殺者としてカメオ出演している。

性転換、服装倒錯、半陰陽性同一性障害などを題材にした、当時としてはかなりきわどい内容の”エクスプロイテーション映画”であり、メジャー作品でないために大きな問題にならなかったとも言える。

ベラ・ルゴシ演ずる異様な雰囲気の科学者が登場し、世で起きる人間の新しい発見などを語り、警告と共に始まる冒頭は興味深い。
しかし、自らも服装倒錯者であるエド・ウッドの自己陶酔的な演出は支離滅裂であり、性的な題材を問題にしていることが、一般の人々に受け入れられる要素がない。

上記のように、映画「エド・ウッド」(1994)により注目された本作のオープニングで登場するテーマ曲が、「エド・ウッド」の音楽を担当したハワード・ショアによりアレンジされ同作でも流れるために、それが”名曲”に聴こえてしまうのは私だけだろうか・・・。

演出と脚本を兼ね、主人公のグレン/グレンダを演ずるエド・ウッド/ダニエル・デイヴィスは、女装に喜びを感じるものの、婚約者との今後の人生を不安視して苦悩する男性を演じている。

主人公の婚約者役である、当時のエド・ウッドの恋人ドロレス・フラー、主人公のカウンセラーである博士とナレーターのティモシー・ファレル、異様な雰囲気の科学者として印象的な役柄を演ずるベラ・ルゴシ、主人公と同じ様な境遇で育ち女性になるトミー・ヘインズ、服装倒錯者の自殺者の事件を担当して、主人公について語る専門家の話を参考にする警部のライル・タルボット、主人公の友人である服装倒錯者チャールズ・クラフツ、銀行家/リポーター/女性を誘惑する男/顎髭を生やした男のコンラッド・ブルックス、悪魔/グレンの父親のキャプテン・デ・ギータなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021