4380 Movies

ゼロの未来 The Zero Theorem (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

コンピューターに支配される世界で謎の定理を解析するプログラマーの生きる意味を追及しようとする姿を描く、監督テリー・ギリアム、主演クリストフ・ヴァルツメラニー・ティエリーデヴィッド・シューリスルーカス・ヘッジズマット・デイモンティルダ・スウィントンベン・ウィショー他共演のSFドラマ。


SF

マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:テリー・ギリアム

製作
ニコラス・シャルティエ
ディーン・ザナック
製作総指揮:パトリック・ニュウォール
脚本:パット・ラッシン
撮影:ニコラ・ペコリーニ
編集:ミック・オーズリー
音楽:ジョージ・フェントン

出演
コーエン・レス:クリストフ・ヴァルツ
ベインズリー:メラニー・ティエリー
ジョビー:デヴィッド・シューリス
ボブ:ルーカス・ヘッジズ
マネージメント:マット・デイモン
シュリンク=ロム博士:ティルダ・スウィントン
医師:サンジーヴ・バスカー
医師:ピーター・ストーメア
医師:ベン・ウィショー
ピザガール:ダナ・ロゴス
クローン:エミール・ホスティナ
クローン:パヴリク・ネメス
路上コマーシャル:グウェンドリン・クリスティー
路上コマーシャル:ルパート・フレンド
路上コマーシャル:レイ・クーパー
路上コマーシャル:リリー・コール

イギリス/ルーマニア/フランス 映画
配給 Stage 6 Films
2013年製作 106分
公開
イギリス:2014年3月14日
北米:2014年9月19日
日本:2015年5月16日
製作費 $8,500,000
北米興行収入 $257,710
世界 $1,486,510


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
近未来。
世界は”マンコム”社のコンピューターに支配されていた。

マンコムの潜在意識リサーチ部に在籍する、自分のことを複数形で呼ぶエキセントリックなプログラマー、コーエン・レス(クリストフ・ヴァルツ)は、監視されながら”エンティティ解析”を続け、一度だけかかってきたことがある、”人生の意味を教えてくれる”電話を待っていた。

社交性もないコーエンは、その電話のために教会だった自宅での勤務を希望していた。

出社したコーエンは、上司のジョビー(デヴィッド・シューリス)と話し、労働不能休暇を申請する。

会社専属の医師1・2・3(サンジーヴ・バスカー/ピーター・ストーメア/ベン・ウィショー)は、コーエンは正常だと判断して申請を却下し、精神科の診察を受けるよう指示する。

それを知ったジョビーは、社長のマネージメント(マット・デイモン)に会せると言って、パーティーに出席することをコーエンに勧める。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
近未来。
世界は”マンコム”社のコンピューターに支配されていた。
マンコムのプログラマーで、自分を複数形で呼ぶコーエン・レスは、”人生の意味を教えてくれる”電話を待ち続けていた。
そのためコーエンは、上司ジョビーに自宅勤務を希望し、パーティーで会った社長マネージメントとも話し、何とかそれが認められる。
マネージメントが探していた”ゼロの定理”を証明する者に選ばれたコーエンは、その解析を始める。
その後、解析が一行に進まないために焦るコーエンは、マネージメントの息子である天才少年ボブや、魅力的な女性ベインズリーと出会い親交を深めるのだが・・・。
__________

コンピューターに支配される世界で、謎の定理を解析する風変わりなプログラマーの、生きる意味を追及しようとする姿を描くSFドラマ。

2009年に製作開始が決まっていたものの、「Dr.パルナサスの鏡」(2009)の主演ヒース・レジャー急死により、監督のテリー・ギリアムがその対処のために企画から離れたため中断され、結局、撮影は2012年に行われた経緯がある。

近未来のコンピューターで支配された世界が舞台という設定に新鮮味はなく、テリー・ギリアムの独特の世界観は伝わるものの、大袈裟な奇想天外な内容を望むファンを失望させ、魅力的なキャスティングも活かせず、批評家、一般の評価もかなり低い結果となった。

北米ではわずか63館での公開となり、1か月で上映は打ち切られ、興行的にも大失敗した作品でもある。

風変わりな悩めるプログラマーを熱演するクリストフ・ヴァルツ、彼の心を癒す奔放な女性メラニー・ティエリー、主人公の上司デヴィッド・シューリス、主人公と親交を深める天才少年を印象的に演ずるルーカス・ヘッジズ、その父親であるマンコム社の社長マット・デイモン、主人公のセラピストであるティルダ・スウィントン、主人公を診察する医師のサンジーヴ・バスカーピーター・ストーメアベン・ウィショー、ビザの配達員ダナ・ロゴス、少年を主人公の元に送り迎えするクローンのエミール・ホスティナとパヴリク・ネメス、路上コマーシャルとして登場するグウェンドリン・クリスティールパート・フレンドレイ・クーパーリリー・コールなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021