4380 Movies

わらの犬 Straw Dogs (1971)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

平穏な暮らしを求めて田舎町に越してきた数学者夫妻に襲いかかる恐怖を描く、監督、脚本サム・ペキンパー、主演ダスティン・ホフマンスーザン・ジョージピーター・ヴォーンデヴィッド・ワーナー他共演のスリラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:サム・ペキンパー

製作:ダニエル・メルニック
原作:ゴードン・M・ウィリアムズThe Siege of Trencher’s Farm
脚本
サム・ペキンパー
デヴィッド・ゼラグ・グッドマン
撮影:ジョン・コキロン
編集
ポール・デイヴィーズ
トニー・ローソン
ロジャー・スポティスウッド
音楽:ジェリー・フィールディング

出演
デヴィッド・サムナー:ダスティン・ホフマン
エイミー・サムナー:スーザン・ジョージ
トム・ヘッデン:ピーター・ヴォーン
ジョン・スコット少佐:T・P・マッケンナ
チャーリー・ヴェナー:デル・ヘニー
クリス・コージー:ジム・ノートン
フィル・リダウェイ:ドナルド・ウェブスター
ノーマン・スカット:ケン・ハッチソン
ボビー・ヘッデン:レン・ジョーンズ
ジャニス・ヘッデン:サリー・トムセット
ハリー・ウェア:ロバート・キーガン
ジョン・ナイルズ:ピーター・アーン
バーニー・フード牧師:コリン・ウェランド
ルイーズ・フード:チェリナ・シャア
ヘンリー・ナイルズ:デヴィッド・ワーナー
バーティ・ヘッデン:マイケル・マンデル
ヘッデン夫人:ジューン・ブラウン
エマ・ヘッデン:クロエ・フランクス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1971年製作 117分
公開
北米:1971年12月22日
日本:1972年4月29日
製作費 $2,200,000


アカデミー賞
第44回アカデミー賞

・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イングランドコーンウォール、ウェイクリー。
アメリカ人の応用数学者デヴィッド・サムナー(ダスティン・ホフマン)は、恒星構造の研究で助成金を得た後、若くて魅力的なイギリス人の妻エイミー(スーザン・ジョージ)と共に、かつて彼女が暮らしていた田舎町に引っ越してくる。

骨董品に興味があるエイミーは狩猟用の罠を購入し、地元の少年ボビー・ヘッデン(レン・ジョーンズ)と妹ジャニス(サリー・トムセット)に車まで運んでもらう。

元恋のチャーリー・ヴェナー(デル・ヘニー)に声をかけられたエイミーは、デヴィッドに彼を紹介して、修理をしている車庫の作業の手伝いを頼むことを提案する。

雇ったノーマン・スカット(ケン・ハッチソン)の仕事が遅いことを気にするデヴィッドは、ジャニスらの従兄チャーリーに頼むことにする。

パブに向かったデヴィッドは、アメリカ製のタバコを購入ようとする。

車で待っていたエイミーは、ジャニスとボールで遊ぶ精神障害者のヘンリー・ナイルズ(デヴィッド・ワーナー)を見つめながら、チャーリーから、彼が施設に入らなかったことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

(簡略ストー リー)
イングランドコーンウォール、ウェイクリー。
アメリカ人の応用数学者デヴィッド・サムナーは、かつてこの町に住んでいた若くて魅力的な妻エイミーと共に引っ越して来る。
地元の青年ノーマンらに車庫の修理を頼んでいたデヴィッドは、エイミーと付き合っていたことがあるチャーリーにも手伝いを頼む。
静かな環境の中で仕事に集中したいデヴィッドだったが、作業をするチャーリーらの目的はエイミーだった・・・。
__________

1969年に発表された、ゴードン・M・ウィリアムズの小説”The Siege of Trencher’s Farm”を基に製作された作品。

2011年にジェームズ・マースデンケイト・ボスワースアレクサンダー・スカルスガルド共演でリメイクされた。
・「わらの犬」(2011)

暴力を否定し平穏な暮らしを望む数学者夫妻に襲いかかる恐怖を描く心理スリラー。

数々の話題作を手掛けたサム・ペキンパーが脚本を兼ねて監督し、若手の実力派スタートして認められたダスティン・ホフマンが主演した注目作。

第44回アカデミー賞では、作曲賞にノミネートされた。

本作のタイトル”Straw Dogs”は、古代中国の”老子道徳経”の語録にある、祭儀では価値がある藁の犬に人が例えられ、天から見たその存在の小ささを表現している”

トラブルを避けることだけを考えていた主人公が、自分の家で起きる暴力を許さないことを妻に伝え、”豹変”して対抗する終盤の行動力と迫力をより強烈に見せるために、それに至るまでは、まったく異なる人物像を細やかに描く手法で観る者を惹きつける、サム・ペキンパーの演出手腕は光る。

主演のダスティン・ホフマンは、平穏な生活を望みトラブルを避けるものの、クライマックスでは暴力に敢然と立ち向かう主人公を見事に演じている。

主人公である夫の行動に不満を抱く若い妻を演ずる、撮影当時20歳のスーザン・ジョージの魅力も注目だ。

パブに入り浸る地元の住人で、終盤に主人公の家を襲うピーター・ヴォーン、彼と揉めて射殺されてしまう判事である元少佐T・P・マッケンナ、かつてヒロインと付き合っていた修理の仕事を手伝うデル・ヘニー、同じくジム・ノートン、ドナルド・ウェブスター、ケン・ハッチソン、トム(ピーター・ヴォーン)の息子レン・ジョーンズ、その妹で主人公に惹かれるサリー・トムセット、パブのオーナー、ロバート・キーガン、終盤で主人公に関り存在感を示す障害者のデヴィッド・ワーナー、その兄ピーター・アーン、牧師夫妻のコリン・ウェランドとチェリナ・シャア、その他、ジューン・ブラウンクロエ・フランクスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021