4505 Movies

ヤング・オーナーズ The Young Land (1959)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

町の名士に保安官を任された未熟な青年の成長を描く、監督テッド・テズラフ、主演パトリック・ウェインイヴォンヌ・クレイグデニス・ホッパーダン・オハーリーケン・カーティス他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:テッド・テズラフ

製作:パトリック・フォード
原作:ジョン・リーズ
脚本:ノーマン・S・ホール
撮影
ウィントン・C・ホック
ヘンリー・シャープ
編集:トム・マカドゥー
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
ジム・エリソン保安官:パトリック・ウェイン
エレナ・デ・ラ・マドリッド:イヴォンヌ・クレイグ
ハットフィールド・カーンズ:デニス・ホッパー
ミラード・アイシャム判事:ダン・オハーリー
ドン・ロベルト・デ・ラ・マドリッド:ロベルト・デ・ラ・マドリード
ベン・ストラウド連邦保安官補:クリフ・ケッチャム
リー・ハーン:ケン・カーティス
サンティアゴ保安官補:ペドロ・ゴンザレス・ゴンザレス
レイノルズ:クリフ・ライオンズ
サリヴァン/ケリー:エド・スウィーニー
ヴァスケロ:ジョン・キハダ
ミゲル:ミゲル・コマチョ
チャーリー・ヒギンズ裁判書記官:トム・タイナー
フランシスコ・キローガ:カルロス・ロメロ
放浪者:エディ・フアレグイ
楽団員:ザ・マリアッチス・ロス・レイエス・デ・チャパラ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1959年製作 89分
公開
北米:1959年5月1日
日本:未公開


アカデミー賞
第32回アカデミー賞

・ノミネート
歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1848年、米墨戦争直後のカリフォルニア
アメリカ人のガンマン、ハットフィールド・カーンズ(デニス・ホッパー)は、メキシコ人のフランシスコ・キローガ(カルロス・ロメロ)を射殺する。

保安官のジム・エリソン(パトリック・ウェイン)は、殺すしかなかったと言うカーンズを逮捕し、保安官補のサンティアゴ(ペドロ・ゴンザレス・ゴンザレス)にキローガの死体を片付けさせる。

裁判のために町に着いたミラード・アイシャム判事(ダン・オハーリー)は、同行したベン・ストラウド連邦保安官補(クリフ・ケッチャム)から、お尋ね者のリー・ハーン(ケン・カーティス)がいることを知らされる。

判事から逮捕しない理由を訊かれたストラウドは、全員を逮捕していたら巨大な留置場が必要だと答える。

エリソンはアイシャムに挨拶し、町の名士ドン・ロベルト・デ・ラ・マドリッド(ロベルト・デ・ラ・マドリード)に保安官に指名されたことを伝える。

エリソンが政府に任命されたいないことを知ったアイシャムは、被告が留置されている場所を確認し、バッジも拳銃も持たない彼に法の執行ができるとは思えない。

法廷の準備が進む皮はぎ小屋に案内されたアイシャムは、相応しい場所でなく、掃除をしていないオフィスもすぐに使えない状況を知り、頼りないエリソンやサンティアゴのことが心配になる。

町に着いたドン・ロベルトの娘エレナ(イヴォンヌ・クレイグ)は、雇っている牧童の飲酒を取り締まるよう恋人のエリソンに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1848年、米墨戦争直後のカリフォルニア
アメリカ人のガンマン、カーンズがメキシコ人を殺す。
町の名士ドン・ロベルトに保安官に指名されている元海兵隊員の青年ジム・エリソンは、カーンズを逮捕する。
正当防衛を主張するカーンズは、到着したアイシャム判事の下で裁かれることになる。
アイシャムは、エリソンが政府に任命された保安官でないことを知り、頼りない彼と共に、メキシコ側の出方を警戒しながら裁判の準備をするのだが・・・。
__________

サイレント時代から活躍して、撮影監督としてキャロル・ロンバード作品の10作を手掛けたことで知られるテッド・テズラフが監督した、彼にとっては引退作品。

町の名士に保安官を任された未熟な青年の成長を描く西部劇。

ジョン・フォード及び父ジョン・ウェインの作品などに子役時代から出演していたパトリック・ウェインが、撮影当時18才で初めて主演した作品でもある。

米墨戦争直後にアメリカ合衆国になった町が舞台であり、メキシコ側との様々な問題が背景に描かれている。

その町の治安を守る、正式には政府の任命を受けていない若輩者の保安官が、殺人事件の裁判を通して、様々な問題を解決しながら職務を果たそうと努力し、その結果、正式に判事に法の執行官として認められるろいう、気の利いた結末がいい。

本作の前月に公開された「リオ・ブラボー」(1959)でも音楽を担当したディミトリ・ティオムキンの、いかにも彼らしい楽曲が印象に残る。

ネッド・ワシントンが作詞してランディ・スパークスが歌ったStrange Are the Ways of Love”は、第32回アカデミー賞で歌曲賞にノミネートされた。

21歳のデニス・ホッパーが殺人罪で裁かれる悪党を好演し、ジョン・フォード及びジョン・ウェイン作品の常連で、お尋ね者をいい味で演ずるケン・カーティスや、同じく陪審員長役のクリフ・ライオンズらの出演はファンには嬉しいばかりだ。
後者2人は、少年時代から自分の息子のように可愛がっているパトリック・ウェインを応援しているようにも思える。
クリフ・ライオンズパトリック・ウェインは、「捜索者」(1956)では軍人の親子役を演じている。

時代が変わり難しい情勢下の町で法の番人を任され、若輩者と思われながらも職務を果たす保安官を熱演するパトリック・ウェイン、その恋人である町の名士の娘イヴォンヌ・クレイグメキシコ人を殺して裁かれるガンマンのデニス・ホッパー、彼を裁く判事のダン・オハーリー、判事の補佐を務め検事も兼任す連邦保安官補クリフ・ケッチャム、町の名士であるメキシコロベルト・デ・ラ・マドリード、お尋ね者ながら主人公が助手に指名するケン・カーティス、保安官補のペドロ・ゴンザレス・ゴンザレス、陪審員長のクリフ・ライオンズメキシコ人を嫌うお尋ね者エド・スウィーニー、裁判所書記官に任命されるトム・タイナー、冒頭で殺されるメキシコ人のカルロス・ロメロ、放浪者のエディ・フアレグイ、楽団員のザ・マリアッチス・ロス・レイエス・デ・チャパラなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021