4505 Movies

素晴らしきかな、人生 Collateral Beauty (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

最愛の娘を亡くした男性の苦悩を描く、監督デヴィッド・フランケル、主演ウィル・スミスエドワード・ノートンキーラ・ナイトレイマイケル・ペーニャナオミ・ハリスケイト・ウィンスレットヘレン・ミレン他共演のドラマ。


ドラマ

ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:デヴィッド・フランケル

製作
バード・ドロス
マイケル・シュガー
アラン・ローブ
アンソニー・ブレグマン
ケヴィン・スコット・フレイクス
製作総指揮
トビー・エメリッヒ
リチャード・ブレナー
マイケル・ディスコ
マイケル・ベダーマン
アンクル・ルングタ
ピーター・クロン
スティーヴン・パール
ブルース・バーマン
脚本:アラン・ローブ
撮影:マリス・アルベルチ
編集:アンドリュー・マーカス
音楽:セオドア・シャピロ

出演
ハワード・インレット:ウィル・スミス
ホイット・ヤーシャム:エドワード・ノートン
エイミー・ムーア/ラブ:キーラ・ナイトレイ
サイモン・スコット:マイケル・ペーニャ
マデリン:ナオミ・ハリス
ラフィ/タイム:ジェイコブ・ラティモア
クレア・ウィルソン:ケイト・ウィンスレット
ブリジット/デス:ヘレン・ミレン
サリー・プライス:アン・ダウド
ヤーシャム夫人:メアリー・ベス・ペイル
ヤーシャム:レイモンド・グリーン=ジョイナー
スコット夫人:シャーリー・ルミエルク
トレヴァーの母親:ライザ・コロン=ザヤス
アダムの母親:ナタリー・ゴールド
スタン:エンリケ・ムルシアーノ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2016年製作 97分
公開
北米:2016年12月16日
日本:2017年2月25日
製作費 $36,000,000
北米興行収入 $31,016,020
世界 $88,528,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ニューヨーク
広告会社を経営するホイット・ヤーシャム(エドワード・ノートン)は、業界のカリスマと言えるビジネスパートナーのハワード・インレット(ウィル・スミス)を社員の前で称える。

ホイットに紹介されたハワードは、社員や役員のクレア・ウィルソン(ケイト・ウィンスレット)、サイモン・スコット(マイケル・ペーニャ)の前で、”愛、時間、死”がすべての人をつなぐ要素だとスピーチする。

3年後。
2年前に6歳の娘を亡くしたハワードの人生は一変し、うつ状態となった。

何日もかけて会社でひたすらドミノを並べるハワードは、それを倒してオフィスを去る。

ホイット、クレア、サイモンはハワードのことを心配するものの、何もできなかった。

ハワードなくして会社がなりたたないホイットは、オムニコから1株17ドルの買収話があることをクレアとサイモンに伝える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
広告業界で成功したハワード・インレットは、2年前に幼い娘を亡くし、うつ状態になってしまう。
ビジネスパートナーのホイットと役員のクレアとサイモンは、ハワードなしでは会社が成り立たないために、買収話を進めようとする。
ホイットは、筆頭株主のハワードに決議権行使能力がないことを証明しようと考える。
”愛、時間、死”がすべての人をつなぐと考えていた、ハワードの立場でものを考えようとしたホイットは、彼がそれぞれに出した手紙を利用し、役者のブリジットらにそれを演じさせようとするのだが・・・。
__________

プラダを着た悪魔」(2006)などで知られるデヴィッド・フランケルが監督した、最愛の娘を亡くした男性の苦悩を描くドラマ。

人気スターのウィル・スミスら、豪華スター競演による話題作ではあるが、一般にはまずまず受け入れられたものの、批評家からは酷評された作品。

実力派スターの個性的な演技は楽しめるものの、ドラマチックな演出で高揚感ばかりを狙っているような脚本や、ファンタジックな雰囲気を漂わせるクライマックスは滑稽でもあり、ファンを失望させた内容となっている。
ハリウッドを代表するスターが揃っても失敗することがある・・・、その典型のような作品。

北米興行収入は約3100万ドル、全世界では約8900万ドルに終わり、ウィル・スミス主演作品としては最低を記録した。

終始悩み痛々しくて見ていられない雰囲気で主人公を演ずるウィル・スミス、そのビジネスパートナーである親友のエドワード・ノートン、彼の部下である役員で、子供が欲しいために精子提供者を探すケイト・ウィンスレットと、末期ガンを家族にも隠しながら不安を抱えるマイケル・ペーニャ、彼らに協力する役者”愛/ラブ”のキーラ・ナイトレイ、”時間/タイム”のジェイコブ・ラティモア、”死/デス”のヘレン・ミレン、夫(主人公)が立ち直るのを願う妻だったナオミ・ハリス、ホイット(エドワード・ノートン)らに協力する探偵のアン・ダウド、ホイットの両親メアリー・ベス・ペイルとレイモンド・グリーン=ジョイナー、サイモン(マイケル・ペーニャ)の妻シャーリー・ルミエルク、グリーフ・サポート・グループの参加者ライザ・コロン=ザヤスナタリー・ゴールドなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021