4505 Movies

サイコ3 Psycho III (1986)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アルフレッド・ヒッチコックによるサイコ・スリラーの傑作「サイコ」シリーズ第3作。
”母”の幻影に惑わされる精神異常者ノーマン・ベイツの苦悩を描く、監督、主演アンソニー・パーキンスダイアナ・スカーウィッドジェフ・フェイヒーロバータ・マクスウェル他共演のスリラー。


スリラー/ホラー

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アンソニー・パーキンス

製作:ヒルトン・A・グリーン
原作:ロバート・ブロック(キャラクター)
脚本:チャールズ・エドワード・ポーグ
撮影:ブルース・サーティース
編集:デヴィッド・ブルウィット
音楽:カーター・バーウェル

出演
ノーマン・ベイツ:アンソニー・パーキンス
モーリーン・コイル:ダイアナ・スカーウィッド
デュエイン・デューク:ジェフ・フェイヒー
トレイシー・ヴェナブル:ロバータ・マクスウェル
ジョン・ハント保安官:ヒュー・ギリン
ラルフ・スタットラー:ロバート・アラン・ブラウン
ブライアン神父:ゲイリー・ベイヤー
マーナ:リー・ガーリントン
カイル:ドノヴァン・スコット
シスター・キャサリン:カレン・ヘンゼル
ルー:ジャック・マードック
パッツィ・ボイル:カット・シェア
レッド:ジュリエット・カミンズ
マリオン・クレイン:ジャネット・リー
エマ・スプール:クローディア・ブライアー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1986年製作 93分
公開
北米:1986年7月2日
日本:1986年11月15日
製作費 $8,400,000
北米興行収入 $14,481,610


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
精神的な問題を抱える修道女のモーリーン・コイル(ダイアナ・スカーウィッド)は、塔に上がり自殺しようとする。

モーリーンを助けようとしたシスター・キャサリン(カレン・ヘンゼル)は、落下死してしまう。

修道院を去ったモーリーンは、街道でデュエイン・デューク(ジェフ・フェイヒー)の車に乗せてもらう。

ミュージシャンを目指すデュエインは、ロサンゼルスでロックスターになるのが夢だった。

夜になり、大雨のために車を止めたデュエインは、眠っていたモーリーンに迫るものの拒まれる。

動揺するモーリーンは車を降り、デュエインは、トランクを放り投げて走り去る。

ベイツ・モーテル。
エサに毒を混ぜたノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)は、小鳥を殺して剥製を作る。

ノーマンは、本当の母親だと自分に告白したエマ・スプール(クローディア・ブライアー)を殺したことを思い出す。

エマは、依然として行方不明のままだった。

モーテルに着いたデュエインは、スタッフを募集している看板を見て、その件をノーマンに尋ねる。

デュエインを雇い昼間の仕事を任せることにしたノーマンは、以前、働いたラルフ・スタットラー(ロバート・アラン・ブラウン)のダイナーに向かう。

ラルフは、ウエイトレスのエマが1か月も連絡をよこさないことを不思議に思い、ジョン・ハント保安官(ヒュー・ギリン)とそのことについて話す。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「サイコ」(1960)
・「サイコ2」(1983)
・「サイコ3」(1986)
・「サイコ4」(1990)

*(簡略ストー リー)
モーテルを再開し平穏に暮らしていたノーマン・ベイツは、ミュージシャン志望の青年デュエインを雇う。
そんな時ノーマンは、修道院を去り町にたどり着いたモーリーンが、かつて殺したマリオン・クレインに似ていたために動揺する。
実の母エマ・スプールを殺したノーマンは、彼女の捜索が続く中、現れたモーリーンを殺すよう”母”に指示される。
精神を病むモーリーンは自殺を図り、それに気づき助けたノーマンは、彼女と親交を深めるのだが・・・。
__________

アルフレッド・ヒッチコックによるサイコ・スリラーの傑作「サイコ」シリーズ第3作。

”母”の幻影に惑わされる精神異常者ノーマン・ベイツの苦悩を描くスリラー。

当たり役となった”ノーマン・ベイツ”を演ずるアンソニー・パーキンスが、監督を兼ねたことで話題になった作品。

前作で明らかになったベイツ家の真実を更に発展させる内容であり、ノーマンに実母だと告白して殺された、叔母エマ・スプール失踪から1か月後の出来事が描かれている。

また、1作目の犠牲者ジャネット・リーが演じた”マリオン・クレイン”に似た女性の出現で、平穏な暮らしをしようとしていたノーマンが動揺し、さらに異常犯罪者について調べる記者も登場させて、主人公が混乱していくという演出となっている。
そのため、前2作の内容をチェックしてから鑑賞することをお勧めします。(と言うか、本作だけ見ても内容が理解できない)

ノーマン・ベイツを演ずる主演のアンソニー・パーキンスは、周囲からも正常だと認められ平穏な生活を望んでいたものの、あることをきっかけに再び混乱して殺人鬼となる主人公を熱演している。

精神的に不安定なままノーマンと出会い事件に巻き込まれる元修道女ダイアナ・スカーウィッド、ノーマンに雇われるミュージシャン志望の青年ジェフ・フェイヒー、ノーマンをつけ回して調べる記者のロバータ・マクスウェル、前作にも登場する町の保安官ヒュー・ギリン、前作でノーマンを雇ったダイナーの主人ロバート・アラン・ブラウン、ヒロインをカウンセリングする神父のゲイリー・ベイヤー、ダイナーのウエイトレス役リー・ガーリントン、モーテルで騒ぐ宿泊客ドノヴァン・スコット、その友人でノーマンに殺されるカット・シェア、冒頭で塔から落下して死亡するシスターのカレン・ヘンゼル、ノーマンの実母エマ・スプール(クローディア・ブライアー)のアパートの家主ジャック・マードック、ノーマンに殺される女性ジュリエット・カミンズ、そして、マリオン・クレイン役のジャネット・リーが過去の映像で登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021