4507 Movies

サイコ2 Psycho II (1983)

  •  
  •  
  • 99
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アルフレッド・ヒッチコックによるサイコ・スリラーの傑作「サイコ」(1960)の続編。
事件から20年以上が経ち正常と判断され社会復帰したノーマン・ベイツが、自分を憎む母娘の病院に戻そうとする計画に惑わされながら、再び出現した精神に宿る母親との関係に苦悩する姿を描く、監督リチャード・フランクリン、主演アンソニー・パーキンスヴェラ・マイルズロバート・ロッジアメグ・ティリーデニス・フランツ他共演のスリラー。


スリラー/ホラー

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:リチャード・フランクリン

製作:ヒルトン・A・グリーン
製作総指揮:バーナード・シュワルツ
原作:ロバート・ブロック(キャラクター創造)
脚本:トム・ホランド
撮影:ディーン・カンディ
編集:アンドリュー・ロンドン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

出演
ノーマン・ベイツ:アンソニー・パーキンス
ライラ・ルーミス:ヴェラ・マイルズ
ビル・レイモンド博士:ロバート・ロッジア
メアリー”サミュエルズ”ルーミス:メグ・ティリー
ウォーレン・トゥーミー:デニス・フランツ
ジョン・ハント保安官:ヒュー・ギリン
ラルフ・スタットラー:ロバート・アラン・ブラウン
エマ・スプール:クローディア・ブライアー
ミルナ:リー・ガーリントン
ノーマン・ベイツ(少年期):オズ・パーキンス

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1983年製作 113分
公開
北米:1983年6月3日
日本:1983年9月10日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $34,725,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
殺人犯として逮捕されたノーマン・ベイツ(アンソニー・パーキンス)は、殺害した母が精神の中にいる状況で病院に収容された。

カリフォルニア州、カーン郡裁判所。
22年間、病院に収容されたノーマンは、精神状態は回復したと判断され社会復帰することになる。

それに抗議する、姉マリオンをノーマンに殺されたライラ・ルーミス(ヴェラ・マイルズ)は、退院に反対する署名を判事に見せようとする。

話を聞き入れてもらえないライラは、憤慨しながら退廷する。

閉廷し、すべてが終わったことを精神科医ビル・レイモンド博士(ロバート・ロッジア)から知らされたノーマンは、法廷の外でもライラに言い寄られる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「サイコ」(1960)
・「サイコ2」(1983)
・「サイコ3」(1986)
・「サイコ4」(1990)

*(簡略ストー リー)
殺人罪を問われるものの精神異常と判断され、22年間、病院に収容されていたノーマン・ベイツは、正常に回復したことが認められて社会復帰することになる。
姉マリオンをノーマンに殺されたライラは、納得できないまま彼を監視する。
協力者である精神科医のレイモンドに感謝したノーマンは家に戻り、ダイナーで働くことになった彼はウエイトレスのメアリーと知り合う。
恋人と喧嘩をしたメアリーは住む場所がなくなり、それを知ったノーマンは、彼女に部屋を提供しようとする。
モーテルを任せていたウォーレンの素行の悪さを知り解雇したノーマンは、精神に宿る母親のことを常に考えながら、警戒するメアリーと共に新たな生活を始めるのだが・・・。
__________

前作は、映画史上に残るサイコ・スリラーの傑作、アルフレッド・ヒッチコックの「サイコ」(1960)であり、23年ぶりの続編ということで大いに話題になった作品。

同じイメージで製作することの無意味さを理解している、監督リチャード・フランクリンと脚本のトム・ホランドの力量が問われた作品でる。

舞台設定は同じではあるが、モノクロからカラーになり、青年から中年となった主人公”ノーマン・ベイツ”と、前作で姉を殺されて彼に恨みを持つ”ライラ・ルーミス”(旧姓クレイン)母娘の彼に対する復讐計画が進行する。
その段階で、正常と判断されて社会復帰したノーマンが、母娘に狂わされ、再び精神の中に母親が現れるという物語になっている。

更には、ノーマンの出生の秘密も明かされ、家の中に潜むもう一人の人物だった彼の実の母親も登場するという、前作の名を”汚さない”ような様々な工夫と努力は窺える内容に仕上がっている。

主演のアンソニー・パーキンスは、前作から20年以上の時を経て中年となり、精神的に追い込まれていく”ノーマン・ベイツ”を再び好演している。

前作にも出演した、犠牲者”マリオン・クレイン”の妹役のヴェラ・マイルズの出演もファンには嬉しい。

また、その娘役は、前作でマリオンを演じたジャネット・リーの娘ジェイミー・リー・カーティスも候補に挙がっていたが実現せず、マリオンの恋人役のジョン・ギャヴィンも、当時の駐メキシコ大使だったために出演できず、ライラと結婚した後に亡くなったという設定になっている。

法廷で正常と判断されて社会復帰をしたものの、殺人犯の元に娘を送り込むという母親の計画はやや無謀であるが、前作と違った雰囲気を出しつつも、オマージュ的に、上空、天井から撮影するシーンなども多用してあるのも注目で、現代風なジェリー・ゴールドスミスの音楽も違和感なく挿入されている。

ノーマンを狂わせて精神病院に戻そうとするライラ・ルーミスを演ずるヴェラ・マイルズ、その娘で、母の指示に従いノーマンに近づくものの、彼に感情移入していくメグ・ティリー、ノーマンの主治医である精神科医ロバート・ロッジア、モーテルの管理人デニス・フランツ、町の保安官ヒュー・ギリン、ノーマンを雇うダイナーのオーナー、ロバート・アラン・ブラウン、その店で働く女性でノーマンの実母だったクローディア・ブライアー、ウェイトレスのリー・ガーリントン、ノーマンの少年期を演ずるアンソニー・パーキンスの息子オズ・パーキンスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021