4237 Movies

リオ・ブラボー Rio Bravo (1959)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

悪党に立ち向かう保安官達の戦いを描く、製作、監督ハワード・ホークス、主演ジョン・ウェインディーン・マーティンリッキー・ネルソンアンジー・ディキンソンウォルター・ブレナンウォード・ボンドジョン・ラッセルクロード・エイキンス他共演による西部劇。


西部劇

ジョン・ウェイン / John Wayne 作品一覧
ジョン・ウェイン / John Wayne/Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ハワード・ホークス

製作:ハワード・ホークス
原作:B・H・マッキャンベル”Rio Bravo”
脚本
ジュールス・ファースマン

リー・ブラケット
撮影:ラッセル・ハーラン
編集:フォルマー・ブラングステッド
音楽:ディミトリ・ティオムキン

出演
ジョン・ウェイン:ジョン・T・チャンス
ディーン・マーティン:デュード”ボラチョン”
リッキー・ネルソン:コロラド・ライアン
アンジー・ディキンソン:フェザーズ
ウォルター・ブレナン:スタンピー
ウォード・ボンド:パット・ウィーラー
ジョン・ラッセル:ネイサン・バーデット
クロード・エイキンス:ジョー・バーデット
ペドロ・ゴンザレス=ゴンザレス:カルロス・ロバンテ
エステリタ・ロドリゲス:コンスエラ・ロバンテ
ハリー・ケリーJr.:ハロルド(クレジットのみ)

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1959年製作 141分
公開
北米:1959年4月4日
日本:1959年4月21日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
テキサス州、プレシディオ郡、リオ・ブラボー。
酒場で、落ちぶれた酔っ払いデュード(ディーン・マーティン)が、町の悪党ジョー・バーデット(クロード・エイキンス)がタンツボに投げ込んだ金を拾い出そうとする。

デュードは、保安官ジョン・T・チャンス(ジョン・ウェイン)にそれを止められる。

チャンスを殴り倒したデュードは、ジョーにも殴りかかるが、彼の手下が加勢しデュードは叩きのめされる。

それを止めようとした男をジョーが撃ち殺し、彼は、何食わぬ顔で、町を牛耳る兄ネイサン・バーデット(ジョン・ラッセル)の酒場に向かう。

チャンスとデュードはジョーの後を追い、二人は協力してジョーを捕え、留置場に入れてしまう。

その後、ジョーの逮捕を知ったネイサンは、人を雇い町をうろつかせ、チャンスを威嚇する。

翌日、町を訪れた、チャンスの親友のパット・ウィーラー(ウォード・ボンド)の、ダイナマイトなどを運ぶ幌馬車隊は、町の入り口でネイサン一味に、そして、その後、保安官補になったデュードに止められる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
リオ・ブラボーの保安官ジョン・T・チャンスは、丸腰の男を射殺した、町を牛耳っているネイサン・バーデットの弟ジョーを逮捕する。
チャンスは、足の悪い老人スタンピーとで詰め所を守っていた。
かつては凄腕ではあったが、女と酒に溺れて酔いどれとなったデュードを保安官補にてし、チャンスはネイサンの圧力に対抗しようとする。
劣勢のチャンスは、自分に加勢しようとして殺された、旧友で幌馬車隊のリーダー、ウィーラーを慕う、早撃ちの若者コロラドの加勢を得ることになる。
そしてチャンスらは、女ギャンブラーのフェザーズ、ホテルの主人カルロスらの協力で、多数の殺し屋を雇ったネイサンに立ち向かおうとするのだが・・・。
__________

ハワード・ホークスジョン・ウェインコンビによる、「エル・ドラド」(1967)と「リオ・ロボ」(1970)に加えた”テキサス3部作”の第1作。

アメリカでは、他の二作は、本作のリメイクという位置づけに近い作品とされている。

男臭さ、チームワーク、見事なガンプレー、ユーモアとお色気に、陽気で楽しい歌まで盛り込んだ、巨匠ハワード・ホークスの、シャープな演出も冴え渡る、ハリウッド映画史上屈指の傑作西部劇。

2014年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

上映からタイトルロールをむ含む5分間に、惨めな酔っ払い、保安官、殺人者などが登場し、物語のきっかけとなる事件がいきなり起きるのだが、気づくとこの間は、セリフが一言もなく、思わず画面に引き込まれてしまうという、見事な演出にまず脱帽だ。

ハワード・ホークスは、本作から遺作となる「リオ・ロボ」(1970)まで、6作中4作がジョン・ウェイン主演作となる。
ハタリ!」(1962)もいいが、本作が彼の晩年のベストと言えるかもしれない。

ディミトリ・ティオムキンの、長閑で優しい雰囲気のテーマ曲とは対照的に、緊迫感を煽る”皆殺しの唄/El Deguello”のメロディの使い方は効果抜群だ。

拳銃を一度も抜かないジョン・ウェインは、ライフルをおもちゃのように扱い、いつもよりかなりスリムに感じられ、終始、寡黙な男で通している。

腕は立つが口下手で、女の扱いにも苦労し、それに加えて、才能ある酔いどれの助手を立ち直らせるエピソード、世話焼き老人との掛け合いなど、戦いとは別の筋立てが絶妙に絡み合い、娯楽の要素満載であり、140分余りの長編ながら飽きることなく楽しめる。

デュード(ディーン・マーティン)が立ち直り、保安官事務所での和やかな一時に見せる、ウェインの笑顔もまたいい。

もちろんウェインは、ハワード・ホークスに敬意を表し、「赤い河」(1948)のバックル”RED RIVER D”をつけている。

*私も愛用しています。
https://www.thatsmovietalk.com/wp-content/uploads/2018/09/red_river_d.jpg

落ちぶれた酔いどれがはまっているディーン・マーティンが、厳しいウェインと、人間味溢れる助手のウォルター・ブレナンに支えられながら、ようやく立ち直るシーンは、演技派としても十分通用する見事な演技であり、もちろん甘い歌声も聴かせてくれる。

また、ジョン・フォード作品の常連で、ウェインとはプライベートで親交深かったウォード・ボンドの遺作となった作品である。
彼は、翌年の11月に亡くなり、ウェインが葬儀委員長を務めた。

ややぎこちない演技だが、そこがまた初々しい早撃ち用心棒リッキー・ネルソン、口下手なウェインにやきもきしてしまう美女アンジー・ディキンソン、世話焼きで口うるさい老人ウォルター・ブレナンクリント・イーストウッドの「ペイル・ライダー」(1985)にも出演した、悪党のボス、ジョン・ラッセル、その弟で、まだ若いクロード・エイキンス、ホテルを経営する愉快なメキシコ人夫婦ペドロ・ゴンザレス=ゴンザレスとその妻エステリタ・ロドリゲスなど、個性溢れる共演者の出演も実に嬉しい。

ジョン・ウェインとはジョン・フォード作品やハワード・ホークスの「赤い河」(1948)などにも出演しているハリー・ケリーJr.だが、何回観ても、どこに登場しているのか不明だった。

実は彼は、何度も仕事をしているとはいえ、親子ほど年の違う巨匠ハワード・ホークスを、”ハワード”とファーストネームで呼んでしまい、激怒したハワード・ホークスは、クレジットの名前のみ残し、ハリー・ケリーJr.の登場場面をカットしてしまったという経緯があったことを、後に知って納得した。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020