4233 Movies

オペラ座の怪人 The Phantom of the Opera (2004)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1910年に発表された、ガストン・ルルーの小説を題材に、ロンドンで1986年10月に初演された、アンドリュー・ロイド・ウェバーの大ヒット同名ミュージカルの映画化。
監督ジョエル・シューマッカージェラルド・バトラーエミー・ロッサムパトリック・ウィルソンミランダ・リチャードソン他共演。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト ■
監督:ジョエル・シューマッカー
製作:アンドリュー・ロイド・ウェバー
製作総指揮
ポール・ヒッチコック
オースティン・ショウ
ジェフ・アッバリー
ジュリア・ブラックマン
キース・カズンズ
ラルフ・カンプ
原作:ガストン・ルルー
脚本
ジョエル・シューマッカー
アンドリュー・ロイド・ウェバー
撮影:ジョン・マシソン
美術:アンソニー・プラット
衣装:アレクサンドラ・バーン
編集: テリー・ローリングス
音楽:アンドリュー・ロイド・ウェバー

出演
ジェラルド・バトラー:ファントム
エミー・ロッサム:クリスティーヌ・ダーエ
パトリック・ウィルソン:ラウル・シャニー子爵
ミランダ・リチャードソン:マダム・ジリー
ミニー・ドライヴァー:カルロッタ・ジュディチェルリ
キアラン・ハインズ:リチャード・フィルマン
サイモン・キャロウ:ジレス・アンドレ
ジェニファー・エリソン:メグ・ジリー
ケヴィン・マクナリー:ジョセフ・ブーケ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2004年製作 141分
公開
北米:2004年12月22日
日本:2005年1月29日
製作費 $60,000,000
北米興行収入 $51,225,800
世界 $154,648,890


アカデミー賞 ■
第77回アカデミー賞
・ノミネート
撮影・美術・歌曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1919年、パリ
かつて栄華を極め、今は廃墟と化した”パリ・オペラ座”でオークションが開かれていた。

そこには、車椅子に乗った老紳士ラウル・シャニー子爵(パトリック・ウィルソン)やマダム・ジリー(ミランダ・リチャードソン)などの参加者の姿があった。

そして、迷宮入りの謎の事件に登場した、壊れていた巨大シャンデリアが修復され登場する。

その瞬間、ラウルとマダム・ジリーの脳裏には、かつてのオペラ座が甦る。
__________

1870年。
怪奇な事件が続いていたオペラ座では、新作オペラのリハーサルが気に入らずに、プリマドンナ、カルロッタ・ジュディチェルリ(ミニー・ドライヴァー)が腹を立てていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

同名ミュージカルは、ロンドンニューヨーク(1988)共に、現在までロングラン記録を続けている。

*(簡略ストー リー)
廃墟と化した”パリ・オペラ座”のオークション会場で、かつて、その場の経営に参加した、シャニー子爵と、コーラスラインを仕切った
マダム・ジリーは、修復された大シャンデリアを見て当時の光景が脳裏に甦る。
そこに潜むと噂される、”ファントム”の指導とマダム・ジリーの導きで、主役に抜擢された若きコーラスのクリスティーヌは、一夜にして大喝采を浴びるプリマドンナとなる。
しかし、オペラ座の経営陣は、ファントムの警告を無視して、新作オペラを、プリマドンナのカルロッタの主役で開演してしまう。
それを知ったファントムは、オペラ座に災いを起こし、さらにクリスティーヌとラウル(シャニー子爵)の関係に嫉妬し激怒するのだった・・・。
__________

ロンドン初演のオリジナルキャスト、アンドリュー・ロイド・ウェバーの当時の妻、サラ・ブライトマンへの彼の想いを込めた雰囲気を感じる作品でもある。
(1990年に2人は離婚)

1925年のロン・チェイニー主演のサイレント作品から始まり、本作で8回目の映画化となる、悲しき愛をテーマにした、怪奇サスペンス・ミュージカル大作。

第77回アカデミー賞では撮影、美術、歌曲賞にノミネートされた。

主要キャストは、ミニー・ドライヴァー意外は吹き替えなしで見事な歌唱力を披露し、目を見張る絢爛豪華で迫力ある映像、ダイナミックなジョエル・シューマッカーの演出など、見応え十分な作品に仕上がっている。

とは言っても、舞台装置などは、当初から大きな期待をしていたため、見事ではあるが、想像を上回る驚きがないのも事実だ。

また、世界中の人々に愛されたミュージカルの映画化は大変な話題にはなったものの、北米をはじめ興行成績は、批評家の評価も含め予
想外に低く、約5100万ドルに留まり、全世界トータルで、約1億5500万ドルのまずまずの成績を残した。

主演のジェラルド・バトラーは熱演するものの、ややインパクトに欠ける感じを受け、そのせいか撮影当時17歳の、エミー・ロッサムの新鮮な魅力と歌唱力が際立っている。

年老いたメイクがややどぎつい感じだが、命を懸けて愛する人を救おうとする、正義感ある青年子爵を好演するパトリック・ウィルソン、全てを知る思慮深い女性ミランダ・リチャードソン、わがままなプリマドンナで、劇中は吹き替えだがエンディング・テーマを歌う、ミニー・ドライヴァー、支配人キアラン・ハインズ、経営陣の一人サイモン・キャロウ、マダム・ジリー(M・リチャードソン)の娘ジェニファー・エリソン、殺される舞台係ケヴィン・マクナリー等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020