4504 Movies

オペラの怪人 The Phantom of the Opera (1925)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1909年から日刊紙”Le Gaulois”に連載された、ガストン・ルルーの小説”オペラ座の怪人”を基に製作された作品。
オペラ座に出没する怪人に怯える人々に襲いかかる恐怖を描く、製作カール・レムリ、監督ルパート・ジュリアンロン・チェイニーエルンスト・レムリエドワード・セジウィック、主演ロン・チェイニーメアリー・フィルビンノーマン・ケリーアーサー・エドマンド・ケアウィ他共演のサイレント・ホラーの傑作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督

ルパート・ジュリアン
クレジットなし:
ロン・チェイニー
エルンスト・レムリ
エドワード・セジウィック
製作:カール・レムリ クレジットなし
原作:ガストン・ルルーオペラ座の怪人
脚本
クレジットなし:
ウォルターアンソニー
エリオット・J・クローソン
レイモンド・L・シャロック
バーナード・マッコンヴィル
フランク・M・マコーマック
トム・リード
ジャスパー・スピアリング
リチャード・ウォレス
撮影
クレジットなし:
ミルトン・ブライデンベッカー
ヴァージル・ミラー
チャールズ・ヴァン・エンガー
編集
クレジットなし:
エドワード・カーチス
モーリス・パイヴァー
ギルモア・ウォーカー

出演
オペラ座の怪人/エリック:ロン・チェイニー
クリスティーヌ・ダーエ:メアリー・フィルビン
ラウル・シャニュイ子爵:ノーマン・ケリー
ルドゥ:アーサー・エドマンド・ケアウィ
シモン・ブケー:ギブソン・ゴウランド
フィリップ・シャニュイ伯爵:ジョン・セント・ポリス
フロリン・パピヨン:スニッツ・エドワーズ
カルロッタ/カルロッタの母親:ヴァージニア・ピアソン

クレジットなし

ジョセフ・ブケー:バーナード・シーガル
劇場支配人:ジョセフ・ベルモント
メフィストフェレス:アレクサンダー・ビヴァニ
ファウスト:エドワード・セシル
バレリーナ:ルース・クリフォード
道化師:ロイ・コールソン
クリスティーヌの楽屋の警備員:ジョージ・デイヴィス
マダム・ジリー:マダム・フィオレンツァ
旧劇場支配人:チェザーレ・グラヴィナ
モンシャルマン:ブルース・コヴィントン
デビエン:ウィリアム・ハンフリー
リカール:ジョージ・B・ウィリアムズ
メグ・ジリー:カーラ・レムリ
マルタ:クレイス・マーヴィン
ヴァレンティン:ジョン・ミルジャン
役名不明:ロルフ・セダン
闇のメッセンジャー:ウィリアム・トレイシー
プロンプター:アントン・ヴァヴァカ
照明技師:ジュリアス・ハリス

カットされたシーン

ソレッリ:オリーヴ・アン・アルコーン
オーデラリー:チェスター・コンクリン
ルボフ伯爵:ウォード・クレイン
クリスティーヌのメイド:ヴォラ・ヴェイル
ママ・ワレリウス:エディス・ヨーク

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1925年製作 107分(1925)/93分(1930)
公開
北米:1925年9月6日
日本:1925年9月26日
北米興行収入 $3,751,480
世界 $4,360,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
パリ、オペラ座。
劇場の地下には、忘れ去られた中世の拷問部屋があった。

新シーズンの演目として”シャルル・グノー”の”ファウスト”が上演される。

重役室では契約が交わされ、新しい支配人(ジョセフ・ベルモント)が誕生する。

旧支配人(チェザーレ・グラヴィナ)は”怪人”の話をしながら、特別席5番の人物に注意するよう伝えてその場を去る。

新支配人はその席を調べ、その場に座っていた外套を着た男性を見て驚く。

一旦、部屋を出た支配人が席に戻ると、男性の姿はなかった。

ステージを下りたバレリーナたちは、外套を着た男性の影を見かけて、道具係のフロリン・パピヨン(スニッツ・エドワーズ)と共に怪人ではないかと思う。

その場に謎めいた男ルドゥ(アーサー・エドマンド・ケアウィ)が現れたため、彼が地下から出てきた直後に怪人の噂が広がったことがバレリーナに伝わる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
パリ、オペラ座。
地下に潜む怪人が出没すると言われる中、新シーズンが開幕する。
プリマドンナのカルロッタの代役として、クリスティーヌを主演させなければ劇場に呪いをかけるという、怪人からの手紙が届く。
代役で舞台に立ったクリスティーヌの演技は絶賛され、恋人のラウルと共に喜ぶ。
自分のおかげだという怪人の声に導かれたクリスティーヌは、彼と共に地下に向かい、愛を告げられるのだが・・・。
__________

ガストン・ルルーの小説”オペラ座の怪人”を基に製作された、”ユニバーサル・モンスターズ”の有名なキャラクターである”オペラの怪人”が登場するホラー映画の傑作。

製作者のエルンスト・レムリが原作者ガストン・ルルーに出会い、”パリ国立オペラ”を称賛したために原作を贈られ、ロン・チェイニーを起用して製作されたという経緯がある。

自ら考えたメイクで登場したロン・チェイニーの演技は映画史上に残るキャラクターとなり、数ある彼の出演作の中で、最も有名で成功した作品と言える。
また、製作を兼ねるロン・チェイニーは、公開されるまで本作の内容を外部に洩らさなかった。

1998年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

絢爛豪華なオペラ座や、怪人が潜む地下の陰鬱な雰囲気を漂わせるセットも見事な仕上がりであり、クライマックスの大群衆が怪人を追うシーンなどの迫力ある映像も見応えある。

怪人/エリックに愛される歌手クリスティーヌ・ダーエのメアリー・フィルビン、彼女を救おうとする恋人ラウル・シャニュイ子爵のノーマン・ケリー、謎めいた雰囲気で登場する、怪人の調査をする秘密警察のアーサー・エドマンド・ケアウィ、道具係の兄を怪人に殺され復讐を誓うシモン・ブケーのギブソン・ゴウランド、ラウルの兄フィリップ・シャニュイ伯爵のジョン・セント・ポリス、怪人を目撃する道具係のスニッツ・エドワーズ、プリマドンナのカルロッタとその母親役ヴァージニア・ピアソン、以下クレジットなし:怪人に殺される道具係ジョセフ・ブケーのバーナード・シーガル、劇場支配人のジョセフ・ベルモント、旧劇場支配人のチェザーレ・グラヴィナ、メフィストフェレスのアレクサンダー・ビヴァニ、ファウストのエドワード・セシル、バレリーナのルース・クリフォード、道化師のロイ・コールソン、クリスティーヌの楽屋の警備員ジョージ・デイヴィス、マダム・ジリーのマダム・フィオレンツァ、モンシャルマンのブルース・コヴィントン、デビエンのウィリアム・ハンフリー、リカールのジョージ・B・ウィリアムズ、メグ・ジリーのカーラ・レムリ、マルタのクレイス・マーヴィン、ヴァレンティンのジョン・ミルジャン、役名不明ロルフ・セダン、闇のメッセンジャー役ウィリアム・トレイシー、プロンプターのアントン・ヴァヴァカ、照明技師のジュリアス・ハリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021