4501 Movies

裸のキッス The Naked Kiss (1964)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

身分を隠す元娼婦が周囲に影響を与えながら新たな人生を歩もうとする姿を描く、製作、監督、脚本サミュエル・フラー、主演コンスタンス・タワーズマイケル・ダンテアンソニー・アイズリーヴァージニア・グレイ他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:サミュエル・フラー

製作:サミュエル・フラー
脚本:サミュエル・フラー
撮影:スタンリー・コルテス
編集:ジェローム・トーマス
音楽:ポール・ダンラップ

出演
ケリー:コンスタンス・タワーズ
J.L.グラント:マイケル・ダンテ
グリフ警部:アンソニー・アイズリー
キャンディ:ヴァージニア・グレイ
マック:パッツィ・ケリー
バフ:マリー・デュヴルー
ジョセフィン:ベティ・ブロンソン

アメリカ 映画
配給 アライド・アーティスツ・ピクチャーズ・コーポレーション
1964年製作 90分
公開
北米:1964年10月29日
日本:1990年12月22日
製作費 $200,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1961年7月4日。
客引きのファールンデに殴りかかる娼婦のケリー(コンスタンス・タワーズ)は、カツラを飛ばしてスキンヘッドのまま殴り続け、取り分の75ドルだけを奪う。

カツラをつけて化粧を直したケリーは、その場を去る。

1963年8月12日、グラントヴィル。
整形外科医療センター主催の身体障害児のためのファッション・ショーが開かれようとしていた。

バスで町に現れたケリーと話したグリフ警部(アンソニー・アイズリー)は、シャンパンのセールスだあることを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1963年、グラントヴィル。
身分を隠して町を転々とするケリーは、グリフ警部に元娼婦だと見抜かれ、愛し合うものの町を出るようにと言われる。
それを無視して町に居座ることにしたケリーは、グリフの戦友である町の実力者が運営する身体障害児病院の看護師となる。
そのことを知ったグリフは、ケリーに再度、去るよう警告するのだが、足を洗い新たな人生を歩もうとする彼女は、子供達に好かれ、周囲の人々から信頼される存在となっていた。
そんなケリーはグリフと親交を深めて愛し合うようになり、やがて結婚することになるのだが・・・。
__________

製作、脚本を兼ねるサミュエル・フラーの意欲作であり、彼の前作「ショック集団」(1963)にも出演したコンスタンス・タワーズが主演した作品。

いきなり主人公がカメラに向かって襲い掛かり、娼婦の彼女は客引きの男を徹底的に叩きのめし、その間にカツラが外れてスキンヘッドの彼女がカメラを睨めつけるという、ショッキングな冒頭に驚かされる。
正当な報酬が得られない娼婦が、怒りを露にしている様子しか観客には伝わらないのだが、終盤でその理由が明らかになる。

若くして様々な体験をしている主人公が、身分を隠しながら、周囲の人々に尽くして影響を与え、信頼関係を築いていくという人情ドラマ的な展開や、差別や異常性癖が絡む殺人事件なども描く、サスペンス・タッチの内容も興味深い。

低予算で製作され、興行的にも成功した作品ではないが、批評家の評価は非常に高い。

ジョン・フォードにも可愛がられたコンスタンス・タワーズは、元娼婦という身分を隠しながら、美貌と知性も兼ね備える女性である人々に愛される役柄を見事に演じている。

町の実力者で朝鮮戦争の英雄でもあるが、幼児性愛者だったために主人公に殺されるマイケル・ダンテ、彼の親友であり、主人公を常に追い詰めながらも、最後には彼女の生き方を理解する警部のアンソニー・アイズリー、彼の友人である売春宿の女主人ヴァージニア・グレイ、病院の婦長パッツィ・ケリー、主人公に世話になる看護師のマリー・デュヴルー、主人公が部屋を借りる下宿の婦人ベティ・ブロンソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021