4553 Movies

ネオン・デーモン The Neon Demon (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

モデルとして成功していく少女の異様な体験と欲望渦巻くファッション業界の光と闇を描く、監督、原案、脚本ニコラス・ウィンディング・レフン、主演エル・ファニングカール・グルスマンジェナ・マローンベラ・ヒースコートアビー・リー他共演のホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
製作
レネ・ボーグルム
シドニー・デュマ
ヴァンサン・マラヴァル
製作総指揮
クリストフ・ランデ
ブラヒム・シウア
クリストファー・ウッドロウ
マイケル・ベイシック
スティーヴン・マーシャル
ミシェル・リトヴァク
ゲイリー・マイケル・ウォルターズ
ジェフリー・ストット
マニュエル・シーシュ
マシュー・リード
ヴィクター・ホー
レイチェル・ディック
ソール・シグルヨンソン
原案:ニコラス・ウィンディング・レフン
脚本
ニコラス・ウィンディング・レフン
メアリー・ロウズ
ポリー・ステンハム
撮影:ナターシャ・ブライエ
編集:マシュー・ニューマン
音楽:クリフ・マルティネス

出演
ジェシー:エル・ファニング
ディーン:カール・グルスマン
ルビー:ジェナ・マローン
ジジ:ベラ・ヒースコート
サラ:アビー・リー
ジャック・マッカーサー:デズモンド・ハリントン
ロバータ・ホフマン:クリスティーナ・ヘンドリックス
ハンク:キアヌ・リーブス
ロバート・サルノ:アレッサンドロ・ニヴォラ
マイキー:チャールズ・ベイカー
キャスティング・ディレクター:ジェイミー・クレイトン
ロバート・サルノのアシスタント:ハウダ・シュレタ

フランス/デンマーク/アメリカ 映画
配給
アマゾン・スタジオ
Broad Green Pictures(北米)
2016年製作 117分
公開
フランス:2016年6月8日
デンマーク:2016年6月9日
北米:2016年6月24日
日本:2017年1月13日
製作費 $7,000,000
北米興行収入 $1,333,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
ジョージア州の田舎町から来た16歳のモデル、ジェシー(エル・ファニング)は、知り合った写真家のディーン(カール・グルスマン)の過激な撮影を終えて控室に戻り、メイクアップ・アーティストのルビー(ジェナ・マローン)に話しかけられる。

両親のことなどを訊かれていないと答えたジェシーは、ルビーからパーティーに誘われる。

会場のトイレでモデルのジジ(ベラ・ヒースコート)から完璧な美しさだと言われ、両親がいないことを話し他の身内のことを訊かれたジェシーは、誰もいないと答える。

ジジから恋人のことも訊かれ、その場にいた同じモデルのサラ(アビー・リー)から、誰と寝ているのかとも訊かれたジェシーは、街に来たばかりで知人はいないと答えて、男性経験は何度もあると伝える。

会場に戻ったジェシーらは、ショーを楽しむ。

翌日、モデル事務所のオーナー、ロバータ・ホフマン(クリスティーナ・ヘンドリックス)に会い、ディーンの写真を見せたジェシーは、撮影したのは恋人かと訊かれ、ネットで知り合っただけだと答える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
ジョージア州の田舎町からロサンゼルスに来た16歳のモデル、ジェシーは、メイクアップ・アーティストのルビーと知り合い優しくされる。
ネットで知り合った写真家ディーンが撮影した写真を持参してロバータのモデル事務所に向かったジェシーは、その場で気に入られ、一流の写真家ジャックに撮影してもらうことになる。
街に来たばかりであるにも拘らず、ジェシーがジャックに撮影されたことに驚くモデルのジジとサラは、整形や絶食で美を保つ自分達とジェシーの自然の美しさを比較されることを気にする。
その後、ファッション・デザイナーのロバートもジェシーに心を奪われ、ショーは成功する。
ジェシーは次第に、皆が自分の美しさに憧れると考えるようになるのだが・・・。
__________

ブロンソン」(2008)など多くの話題作を手掛けるニコラス・ウィンディング・レフンが、原案と脚本を兼ねて監督した意欲作。

モデルとして成功していく少女の異様な体験と、欲望と嫉妬が渦巻くファッション業界の内幕を描く、美と恐怖が混在する世界を、ニコラス・ウィンディング・レフンの独特の映像センスと感性で描く異色作。

第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でパルム・ドールを争った作品でもある。

美少女といえば疑う余地はない主人公を演ずるエル・ファニングなのだが、超一流のファッション業界でトップ・モデルになるスタイルや雰囲気があるようには思えない。

主人公に嫉妬する役の実際にスーパーモデルであるアビー・リーこそが”ファッションモデル”と言える存在なのだが、エル・ファニングの主演抜擢は、家出少女的な雰囲気の主人公が、”平凡”から本物の”美”に変化する様を強調するためのキャスティングであり演出だったのだろう。

自然の美しさを持つ少女から成功への道を歩む主人公を好演す入るエル・ファニング、彼女を優しく見守る写真家の青年カール・グルスマン、悪魔のような存在のメイクアップ・アーティストを印象深く演ずるジェナ・マローン、主人公に嫉妬するモデルのベラ・ヒースコートアビー・リー、一流の写真家デズモンド・ハリントン、モデル事務所のオーナー、クリスティーナ・ヘンドリックス、ファッション・デザイナーのアレッサンドロ・ニヴォラ、主人公が暮らすモーテルの管理人を怪演するキアヌ・リーブス、その友人チャールズ・ベイカー、キャスティング・ディレクターのジェイミー・クレイトンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021