4513 Movies

コロラド The Man from Colorado (1948)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

戦争後遺症を抱えながら判事となり町のために職務を果たそうとする元軍指揮官に翻弄される人々を描く、監督ヘンリー・レヴィン、主演グレン・フォードウィリアム・ホールデンエレン・ドリュー他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト ■
監督:ヘンリー・レヴィン
製作:ジュールス・シャーマー
原作:ボーデン・チェイス

脚本
ロバート・H・アンドリュース

ベン・マドウ
撮影:ウィリアム・スナイダー
編集:チャールズ・ネルソン
音楽:ジョージ・ダニング

出演
オーウェン・デヴェロー:グレン・フォード

デル・スチュアート:ウィリアム・ホールデン
キャロライン・エメット:エレン・ドリュー
”ビッグ・エド”カーター:レイ・コリンズ
ドク・メリアム:エドガー・ブキャナン
ジョニー・ハワード:ジェローム・コートランド
ジェリコ・ハワード:ジェームズ・ミリカン
ネイゲル:ジム・バノン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

1948年製作 100分
公開
北米:1949年1月20日
日本:1951年10月19日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1865年、コロラド準州
南北戦争も終りに近づき、追い詰められた南軍部隊の指揮官は白旗を掲げる。

北軍部隊の指揮官オーウェン・デヴェロー大佐(グレン・フォード)は、敵の白旗を確認したにも拘らず砲撃を命ずる。

全滅した敵陣を確認したデヴェローの部下デル・スチュアート(ウィリアム・ホールデン)は、白旗を見つけるもののそれを土に埋めてしまう。

唯一人生き残っていた南軍指揮官は身を潜め、その様子を見ていた。

駐屯地に戻ったデヴェローの部隊は、北軍の勝利で戦争が終わったことを知る。

軍曹のジェリコ・ハワード(ジェームズ・ミリカン)は、弟ジョニー(ジェローム・コートランド)を迎えて無事を喜ぶ。

その夜デヴェローは、殺す必要のなかった敵兵100人を殺してしまったこと、自分が制御できず恐ろしささえ感じると日記に書くが、戦争であるためだと考えるしかなかった。

現れたスチュアートに、その苦しい胸の内を伝えたデヴェローは、”敵は白旗を掲げてはいなかった・・・”と言われて気持ちが楽になる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1865年、コロラド準州
南北戦争も終りに近づき、北軍部隊の指揮官オーウェン・デヴェロー大佐は、降伏しようとする南軍部隊の白旗を無視して攻撃を加える。
北軍の勝利で終戦を迎えたデヴェローは、戦争による心の傷を感じながら、旧友である部下のスチュアート大尉らと共に帰郷する。
人々に歓迎されたデヴェローは、鉱山会社の経営者カーターから、連邦判事に推薦されてそれを引き受けスチュアートを連邦保安官に指名する。
そんな時デヴェローは、全滅したはずの南軍部隊の生存者である指揮官に攻撃時の白旗を見せられるものの、相手を射殺してしまう。
その後、鉱山の所有権に関して金脈の発見者とカーターが揉め事を起こし、デヴェローが鉱山会社側の正当性を認めてしまう。
更にデヴェローは、スチュアートと惹かれ合っていたキャロラインとの結婚を決めてしまう。
その頃、軍の上官だったデヴェローに職務怠慢を問われて逮捕されていたジェリコは逃亡し、弟ジョニーの仲間と共に鉱山事務所を襲う事件が起きる。
デヴェローは犯人を捕え処刑することを約束し、スチュアートらと共に捜索隊を編成してジェリコを追うのだが・・・。
__________

南北戦争直後を舞台にした西部劇なのだが、現代の作品では珍しくない戦争後遺症を題材にした内容は、当時としては斬新だったと言える。

当然、善と悪の単純な戦いを描く内容でもなく、鉱山発見者の権利を追及する権力との戦い、上記のように戦争が与える人間への心理的な影響なども描く、社会性のあるドラマに仕上がっている。

主人公が、戦前のような人々に信頼される人物には戻れないまま終わる内容は痛々しさも感じるのだが、その親友が鉱山夫の権利を取り戻す交渉のために旅立つラストは爽やかだ。

非常に好感度の高い役者グレン・フォードだが、本作では終始、悲壮感が漂う、悩める男と言うよりも異常者とも思える主人公を熱演する。

主人公の友人であり、軍隊での部下、そして友に協力する立場から敵役のようになる、連邦保安官を演ずる撮影当時まだ20代のウィリアム・ホールデンの好演が光る。

主人公と結婚するものの苦しむことになるエレン・ドリュー、鉱山会社を経営する実業家レイ・コリンズ、思慮深い主人公の叔父である医師エドガー・ブキャナン、事件のきっかけを作る兄弟ジェローム・コートランドジェームズ・ミリカン、後任の保安官ジム・バノンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021