4234 Movies

ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

HIV感染者となったロン・ウッドルーフが、承認されない治療薬の販売ルートを広げようとする苦難の日々を描く、主演のマシュー・マコノヒーと助演のジャレッド・レトがそれぞれオスカーを受賞した実録ドラマ。
監督、編集ジャン=マルク・ヴァレジェニファー・ガーナーデニス・オヘアスティーヴ・ザーン他共演。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
製作
ロビー・ブレナー

レイチェル・ウィンター
製作総指揮
デヴィッド・L・ブシェル
ニコラス・シャルティエ

カシアン・エルウィズ
ゼヴ・フォアマン
ローガン・レヴィ
ジョー・ニューカム
トニー・ノタルジャコーモ
ネイサン・ロス
ホリー・ウィーアズマ
脚本
クレイグ・ボーテン

メリッサ・ウォーラック
撮影:イヴ・ベランジェ
編集
ジャン=マルク・ヴァレ

マーティン・ペンサ

出演
ロン・ウッドルーフマシュー・マコノヒー

イヴ・サックス医師:ジェニファー・ガーナー
レイヨン:ジャレッド・レト
セヴァード医師:デニス・オヘア
タッカー:スティーヴ・ザーン
デイヴィッド・ウェイン:ダラス・ロバーツ
リチャード・バークレー:マイケル・オニール
ヴァス:グリフィン・ダン
フランシーヌ・サスキンド:ジェーン・マクニール
レイヨンの父:ジェームズ・デュモン
サンフラワー:ブラッドフォード・コックス
T.J.:ケヴィン・ランキン
ラリー:ローレンス・ターナー
ネディ・ジェイ:アダム・ダン

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ

2013年製作 116分
公開
北米:2013年11月1日
日本:2014年2月22日
製作費 $5,000,000
北米興行収入 $27,298,290
世界 $55,198,290


アカデミー賞 ■
第86回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(マシュー・マコノヒー
助演男優賞(ジャレッド・レト
メイクアップ&ヘアスタイリング賞
・ノミネート
作品・編集・脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1985年、テキサス州、ダラス
電気技師でロデオ・カウボーイのロン・ウッドルーフマシュー・マコノヒー)は、体調不良を気にしながら、女とヤクそして酒に溺れて堕落した人生を送っていた。

そんなウッドルーフは、知人の警官タッカー(スティーヴ・ザーン)にも、真面目に暮らすようにと忠告される。

ある日ウッドルーフは、仕事場で怪我をして病院に運ばれる。

軽傷だったウッドルーフは、医師セヴァード(デニス・オヘア)とイヴ・サックス(ジェニファー・ガーナー)の診察と検査を受けて、HIVが陽性だという結果を知らされる。

それを信じようとしないウッドルーフは、更に余命30日と宣告される。

セヴァードとサックスを相手にしないウッドルーフは、検査結果の報告書を投げ捨ててその場を去る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1985年、テキサス州、ダラス
女とヤクそして酒に溺れて堕落した人生を送っていた電気技師でロデオ・カウボーイのロン・ウッドルーフは、HIV感染者と診断される。
医師セヴァードとサックスの言葉を信じないウッドルーフだったが、様々なことを調べた結果それを認めるしかない状況に追い込まれる。
治療薬として試験が始まった”AZT”を、病院の清掃員を買収して手に入れたウッドルーフは、その入手が困難になりメキシコに向う。
医師免許を剥奪されたヴァスから、AZTよりも毒性の低い”ddc”とタンパク質の”ペプチドT”を与えられ改善が見られたウッドルーフは、それを国内に持ち込みHIV感染者に売ることを考える。
トランスセクシュアルのレイヨンと知り合っていたウッドルーフは、薬を大量にさばける彼と共にビジネスを始め”ダラス・バイヤーズクラブ”を設立し、会員を募り会費制で薬を配る。
しかし、違法まがいのウッドルーフのビジネスに”FDA”(食品医薬品局)などから圧力がかかる・・・。
__________

麻薬ディーラーの金儲け的なビジネスの要素はあるものの、死が迫っている人々の苦境が根底にある。
彼らが求める治療薬は未承認であるがそれなりの効果があると言うことで、犯罪者まがいの主人公達の行動に正義感が感じられる、重厚なドラマに仕上がっている。

1980年代初頭に、初めてAIDSと認定された患者が確認された数年後の話であり、広まる感染者の恐怖や悲しみそして焦りが切実に描かれている。

AIDSの問題よりも、無策に近い政府、当局の対応、難病をビジネスにする製薬会社と医師、病院側の利権が絡む癒着など、アメリカの抱える社会問題を鋭く描くジャン=マルク・ヴァレの演出手腕にも注目したい。

第86回アカデミー賞では、主人公を演じたマシュー・マコノヒーが主演男優賞、彼に協力するトランスセクシュアルの青年を演ずるジャレッド・レトが助演男優賞を、またメイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞した。
・ノミネート
作品・編集・脚本賞

念願のオスカーを獲得したマシュー・マコノヒーは約20キロ減量し、HIV感染者であるロン・ウッドルーフを迫真の演技で演じている。
若くして実力を評価されていた彼の役者魂を感じさせてくれる演技として、後世に語り継がれる名演を見せてくれる。

主人公の理解者である、患者の立場に立つ医師ジェニファー・ガーナー、新薬の被験者である患者であり、主人公を支えるジャレッド・レト、主人公を診察した医師で、製薬会社贔屓と言えるデニス・オヘア、主人公の知人である警官スティーヴ・ザーン、主人公の弁護士ダラス・ロバーツFDA(食品医薬品局)局員マイケル・オニールメキシコで医療活動をする主人公への薬剤提供者グリフィン・ダン、レイヨン(ジャレッド・レト)の恋人ブラッドフォード・コックス、父親ジェームズ・デュモン、主人公の友人ケヴィン・ランキンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020