4234 Movies

冬のライオン The Lion in Winter (1968)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

1966年にブロードウェイで初演された、ジェームズ・ゴールドマンの歴史舞台劇”冬のライオン”を基に製作された作品であり、イングランドの王位継承をめぐる争いを描く、監督アンソニー・ハーヴェイ、主演ピーター・オトゥールキャサリン・ヘプバーンアンソニー・ホプキンスティモシー・ダルトン共演によるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:アンソニー・ハーヴェイ
製作:マーティン・ポール
製作総指揮:ジョセフ・E・レヴィン
原作:ジェームズ・ゴールドマン冬のライオン”(舞台劇)
脚本:ジェームズ・ゴールドマン

撮影:ダグラス・スローカム
編集:ジョン・ブルーム
衣装デザイン:マーガレット・ファース
音楽:ジョン・バリー

出演
ヘンリー2世ピーター・オトゥール

アリエノール・ダキテーヌ/エレノアキャサリン・ヘプバーン
リチャードアンソニー・ホプキンス
ジェフリージョン・キャッスル
ジョンナイジェル・テリー
フィリップ2世ティモシー・ダルトン
アデル・ド・フランス/アレーススジェーン・メロウ
ウィリアム・マーシャルナイジェル・ストック

イギリス 映画
配給 Avco Embassy Pictures

1968年製作 134分
公開
イギリス:1968年12月29日
北米:1968年10月30日
日本:1970年2月4日
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $22,276,980


アカデミー賞 ■
第41回アカデミー賞
・受賞
主演女優(キャサリン・ヘプバーン)
脚色・作曲賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ピーター・オトゥール)
衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1183年。
イングランド国王ヘンリー2世(ピーター・オトゥール)は、末息子ジョン(ナイジェル・テリー)に王位を渡すことを、愛人である、フランス国王フィリップ2世(ティモシー・ダルトン)の姉アデル・ド・フランス/アレース(ジェーン・メロウ)に伝える。

アレースは、自分が捨てられるのではないかと心配するが、王は、厄介な王妃アリエノール・ダキテーヌ/エレノア(キャサリン・ヘプバーン)に対しての、愛もないことも付け加える。

王は、臣下ウィリアム・マーシャル(ナイジェル・ストック)に、クリスマスは、フィリップも招く”シノン城”で過ごすことを伝えて、王子のリチャード(アンソニー・ホプキンス)、ジェフリー(ジョン・キャッスル)、そして幽閉中のエレノアを呼び寄せるよう命ずる。

シノン城
マーシャルは指示通り王子と王妃を呼び寄せ、王は、気の進まないアレースジョンと結婚するよう伝えて、関係は続けることを約束する。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

舞台ではヘンリー2世ロバート・プレストンエレノアを「スパイダーマン」(2002)などで知られるローズマリー・ハリスフィリップ2世クリストファー・ウォーケンが演じた。

*(簡略ストー リー)
1183年、クリスマス。
イングランド国王ヘンリー2世は、三人の王子リチャードジェフリージョン、幽閉中の王妃エレノア、そして、フランス国王フィリップ2世を集めて、王位継承についての話し合う。
王は、愛人であるフィリップの姉アレースには、末息子のジョンを世継ぎにすることを伝える。
フランス国内の領地を狙う王は、王位継承やアレースジョン、またはリチャードの結婚を利用して、フィリップの考えを探る。
ジョンが嫡子と思えないエレノアは、リチャードを王にするために考えをめぐらせる。
冷静なジェフリーは、国を動かす実権は自分が握ろうとする。
その後、王は、一旦はリチャードアレースの結婚を認めるのだが、それが策略だと見抜くエレノアは、何んとか自分が主導権を握り、
ヘンリーを陥れようとするのだが・・・。
__________

ストーリーのベースは、夫婦の愛情や親子の愛が絡むのだが、王位継承権をめぐり画策が渦巻く、とてつもない策謀のドラマである。

舞台も手がけた、ジェームズ・ゴールドマンの脚色、アンソニー・ハーヴェイの重厚な演出も光る、見応え十分の作品に仕上がっている。

一筋縄ではいかない手強い王妃アリエノール・ダキテーヌ/エレノア役を演ずるキャサリン・ヘプバーンの圧倒的な演技力は秀逸であり、ヘンリー2世役のピーター・オトゥールも、実際には親子ほど彼女より若い、25歳もの年齢差を全く感じさせない、30代半ばにして貫禄の演技を見せてくれる。

第41回アカデミー賞では、そのキャサリン・ヘプバーンが、前年の「招かれざる客」(1967)に続き、3度目の主演賞を受賞した。
他、脚色・作曲賞も受賞。
参考:
キャサリン・ヘプバーンは、「黄昏」(1981)で、4度目の主演賞、史上最多の受賞を果たす。
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ピーター・オトゥール)
衣装デザイン賞

王子リチャードを演ずる若き日のアンソニー・ホプキンスジェフリージョン・キャッスルジョンナイジェル・テリーフィリップ2世ティモシー・ダルトン、その姉アレーススジェーン・メロウ、国王の臣下ウィリアム・マーシャル役のナイジェル・ストックなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020