4505 Movies

ラスト・ムービースター The Last Movie Star (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

名もない映画祭の功労賞を受賞することになった落ちぶれたスターの人生観を描く、製作、監督、脚本アダム・リフキン、主演バート・レイノルズアリエル・ウィンタークラーク・デュークエラー・コルトレーンチェビー・チェイスニッキー・ブロンスキーキャスリーン・ノーラン他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:アダム・リフキン

製作
ニール・マント
ゴードン・ホワイトナー
アダム・リフキン
ブライアン・カヴァラロ
製作総指揮
ブレット・トマソン
エリク・クリッツァー
脚本:アダム・リフキン
撮影:スコット・ウィニグ
編集:ダン・フレッシャー
音楽:オースティン・ウィントリー

出演
ヴィック・エドワーズ/マーティ・シェルマン:バート・レイノルズ
リル・マクドゥーガル:アリエル・ウィンター
ダグ・マクドゥーガル:クラーク・デューク
シェーン・マカヴォイ:エラー・コルトレーン
ソニー:チェビー・チェイス
フェイス・コール:ニッキー・ブロンスキー
クラウディア・シュルマン:キャスリーン・ノーラン
スチュアート・マックラー:アル=ジャレル・ノックス
ビヨルン:ジャストン・ストリート
看護師:シェリー・ワッゲナー
バディ・ブランプ:トッド・ヴィッタム
看護師エイミー:エイミー・ホーラー
美しい女性:ジェナ・シムズ
美しい女性:ケネディ・サマーズ

アメリカ 映画
配給 A24
2017年製作 103分
公開
北米:2017年3月30日
日本:2019年9月6日
北米興行収入 $14,410


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロサンゼルス
かつて一世を風靡した映画スターのヴィック・エドワーズ(バート・レイノルズ)は、病気の愛犬スクワントを獣医師に診てもらい、安楽死を勧められ、その指示に従う。

気落ちして帰宅したヴィックは、物思いに耽る。

ヴィックは、杖をつきようやく歩ける状態で1人で暮らしていた。

友人のソニー(チェビー・チェイス)に会ったヴィックは、映画祭の招待状を彼に見せる。

”国際ナッシュビル映画祭”で表彰されることになったヴィックは、歴代受賞者がロバート・デ・ニーロジャック・ニコルソンクリント・イーストウッドで、旅費も負担してくれることを知る。

ソニーは出席を勧めるものの、信用できないヴィックは招待状を捨ててしまう。

スクワントの薬を捨てたヴィックは、ゴミ箱の招待状が気になり、映画祭に出席することを決める。

LAX/ロサンゼルス国際空港
到着したヴィックは、届いたチケットがエコノミークラスだと知り驚く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロサンゼルス
かつて一世を風靡した映画スターのヴィック・エドワーズは、名もないナッシュビルの映画祭の招待を受ける。
杖をつきながら1人で暮らす落ちぶれたスターのヴィックは、友人ソニーの意見を聞き、半信半疑でナッシュビルに向かう。
現地に着いたヴィックは、壊れかけた車で迎えに来た運転手リルと共に市街に向かい、モーテルに案内されたために驚く。
映画祭の会場であるバーに案内されたヴィックは、リルの兄である主催者の青年ダグが、単なる映画オタクだったために呆れてしまうのだが・・・。
__________

俳優としても活躍するアダム・リフキンが、製作、脚本を兼ねた監督作品。

カレッジ・フットボールで花形選手として活躍し、その後に映画界入りしてスタートなり、1970年代には”マネーメイキングスター”として頂点を極めたバート・レイノルズの人生そのものを振り返るような内容の作品。

作品の中ではそれとは特定されていないが、彼の出演作である「トランザム7000」(1977)や「脱出」(1972)のシーンに、老いた主人公を合成させて対話させるシーンは実に興味深い。

主演のバート・レイノルズは、ユーモアをまじえながらも、時に人生を深く語る主人公を好演している。
1970年代の彼の全盛期をリアルタイムで知る者にとっては郷愁を誘う内容であり、当時のことが懐かしく思い出される。

世の中のすべてのものを手に入れたような経験をした主人公が、最後には、自分の育った故郷に価値を求める姿などがしみじみと描かれ、かつての大スターに畏敬の念を抱き、弱小ながら彼を本気で称えようとする青年たちとの触れ合いに心打たれる。

主人公のアシスタント兼運転手であり、当初は単なる老人としか思っていなかった彼と心通じ合うようになるアリエル・ウィンター、その兄である映画祭の主催者クラーク・デューク、同じく主人公を尊敬する青年エラー・コルトレーン、主人公の友人チェビー・チェイス、主催者の恋人でSNS担当のニッキー・ブロンスキー、施設に入っている主人公の最初の妻キャスリーン・ノーラン、主催者側の映画監督アル=ジャレル・ノックス、リル(アリエル・ウィンター)の恋人ジャストン・ストリート、主人公の前に幻想として現れる美しい女性ジェナ・シムズケネディ・サマーズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021