4503 Movies

復讐の谷 Vengeance Valley (1951)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1949年に発表された、ルーク・ショートの小説”Vengeance Valley”を基に製作された作品。
大牧場主に養子として育てられた牧童頭と争うことになる乳兄弟の関係を描く、監督リチャード・ソープ、主演バート・ランカスターロバート・ウォーカージョーン・ドルーサリー・フォレストジョン・アイアランドカールトン・カーペンターレイ・コリンズレイ・コリンズヒュー・オブライアン他共演の西部劇。


西部劇


スタッフ キャスト
監督:リチャード・ソープ

製作:ニコラス・ネイファック
原作:ルーク・ショート”Vengeance Valley”
脚本:アーヴィング・ラヴェッチ
撮影:ジョージ・J・フォルシー
編集:コンラッド・A・ネルヴィッヒ
音楽:ルドルフ・G・コップ

出演
オーウェン・デイブライト:バート・ランカスター
リー・ストロビー:ロバート・ウォーカー
ジェン・ストロビー:ジョーン・ドルー
リリー・ファスケン:サリー・フォレスト
ハブ・ファスケン:ジョン・アイアランド
ヒューイ:カールトン・カーペンター
アーチ・ストロビー:レイ・コリンズ
ハーブ・バケット:テッド・デ・コルシア
ディック・ファスケン:ヒュー・オブライアン
ウィロビー:ウィル・ライト
バーク夫人:グレイス・ミルズ
オビー・ルーン:トム・ファッデン
コン・アルヴィス保安官:ジム・ヘイワード
オーヴ・エスターリー:ジェームズ・ハリソン
ミード・カルフーン:スタンレー・アンドリュース
デイブ・アラード:グレン・ストレンジ

アメリカ 映画
配給 MGM
1951年製作 83分
公開
北米:1951年2月14日
日本:1957年11月20日
製作費 $1,008,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
コロラド州。
15年前に牧場主アーチ・ストロビー(レイ・コリンズ)の養子となり育てられ、牧童頭となったオーウェン・デイブライト(バート・ランカスター)は人望が厚かった。

アーチの息子リー(ロバート・ウォーカー)は甘やかされて育ち、ギャンブルと女好きで信頼もされていなかった。

オーウェンと共に町に戻ったリーは酒場に向かい、妻ジェン(ジョーン・ドルー)のことを気にする。

医師から、リリー・ファスケン(サリー・フォレスト)が出産したことを知らされたリーは戸惑い、オーウェンが彼女の元に向かう。

リーの兄ディック(ヒュー・オブライアン)に銃を向けられたオーウェンは、そこにジェンがいることを知る。

オーウェンは、ディックが子供の父親を探していることを知り、彼女と生まれたばかりの女の子の様子を見に行く。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
コロラド州。
牧場主アーチの養子として育てられた牧童頭オーウェン・デイブライトは、人望が厚かった。
一方、アーチの長男リーは甘やかされて育ち、ギャンブルと女好きだったために、美しい妻ジェンがいるにも拘らず、リリーとの間に子供が産まれてしまう。
その件を知っていたオーウェンは、リリーの兄ハブとディックに子供の父親だと疑われながら、騒ぎにならないよう対処しようとするのだが・・・。
__________

サイレント時代から黄金期の”MGM”を支えた貢献者と言える、リチャード・ソープの監督作品。

戦後にデビューし若手として期待され、着実にキャリアを重ねていたバート・ランカスターと、同年わずか32歳でこの世を去るロバート・ウォーカーの共演が話題になった作品。

大牧場主に養子てして育てられた青年と、乳兄弟でありながら争うことになる牧場の後継者との関係を描く西部劇。

信頼される養子と甘やかされて育った実の息子の家族内の問題や内に秘める恋、間違いを犯したことで恨みを買う復讐劇、さらには西部劇の醍醐味とも言える牛追いのシーンなどもり込まれた、まずまず見応えある作品。

リチャード・ソープの演出自体は無難にまとめた感に留まっているが、善良な牧場主に養子として育てられ、責任感があり人望が厚い、彼らしい役柄を演ずるバート・ランカスターの魅力が印象に残る作品。

当時、夫婦関係にあったジョーン・ドルージョン・アイアランドの共演も注目なのだが、一緒に登場するシーンはない。

軽薄な牧場主の息子であり自滅するロバート・ウォーカー、彼の妻でありながら、様々なことで苦悩するジョーン・ドルー、リー(ロバート・ウォーカー)の子供を産む女性サリー・フォレスト、その兄ジョン・アイアランドヒュー・オブライアン、主人公を慕う牧童でリリー(サリー・フォレスト)に惹かれるカールトン・カーペンター、主人公を養子として育てた思慮深い牧場主レイ・コリンズ、主人公の牧場の牛を盗むテッド・デ・コルシア、牧場の料理人ウィル・ライト、リリーが世話になる夫人グレイス・ミルズ、保安官のジム・ヘイワード、牧童トム・ファッデンジェームズ・ハリソンスタンレー・アンドリュース、リーから牛を買おうとするテキサスの牧場主グレン・ストレンジなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021