4505 Movies

ケンネル殺人事件 The Kennel Murder Case (1933)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1933年に発表された、S・S・ヴァン・ダインの小説”The Kennel Murder Case”を基に製作された作品。
謎の殺人事件を解決しようとする名探偵”ファイロ・ヴァンス”の活躍を描く、監督マイケル・カーティス、主演ウィリアム・パウエルメアリー・アスターユージン・パレットラルフ・モーガンロバート・マクウェイドロバート・バラット他共演のミステリー。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト
監督:マイケル・カーティス

製作:ロバート・プレスネル
原作:S・S・ヴァン・ダインThe Kennel Murder Case
脚本:ロバート・プレスネル
脚色
ロバート・N・リー
ピーター・ミルン
撮影:ウィリアム・リーズ
編集:ハロルド・マクレルノン
音楽:バーンハード・コーン

出演
ファイロ・ヴァンス:ウィリアム・パウエル
ヒルダ・レイク:メアリー・アスター
ヒース巡査部長:ユージン・パレット
レイモンド・リード:ラルフ・モーガン
マーカム地方検事:ロバート・マクウェイド
アーチャー・コー:ロバート・バラット
ブリスベン・コー:フランク・コンロイ
ドレマス医師:エティエンヌ・ジラルド
トーマス・マクドナルド卿:ポール・キャヴァナー
リャン:ジェームズ・リー
ギャンブル:アーサー・ホール
ドリス・デラフィールド:ヘレン・ヴィンソン
エドゥアルド・グラッシ:ジャック・ラ・ルー
サンディ:ハリー・アレン
メリッシュ巡査部長:ウェイド・ボトラー
スニトキン巡査部長:スペンサー・チャーターズ
記者:ジョージ・チャンドラー
警察の受付係:レオ・ホワイト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
1933年製作 73分
公開
北米:1933年10月28日
日本:1934年5月
製作費 $272,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ロングアイランド
ケンネルクラブのドッグショーで、名探偵ファイロ・ヴァンス(ウィリアム・パウエル)の愛犬キャプテンは、決勝戦に進出できなかった。

同じ競技者のアーチャー・コー(ロバート・バラット)は、ヴァンスに勝つことができなかったために悔しい思いをする。

おじのアーチャーに財産を管理されているヒルダ・レイク(メアリー・アスター)は、それを不満に思っていた。

ヒルダの恋人であるイギリス人貴族トーマス・マクドナルド卿(ポール・キャヴァナー)は、アーチャーの仕打ちに耐えられないと言うヒルダを慰める。

アーチャーの秘書レイモンド・リード(ラルフ・モーガン)と話していたブリスベン(フランク・コンロイ)は、執事のギャンブル(アーサー・ホール)から、兄のアーチャーが呼んでいると言われるものの、それを無視して屋敷を去る。

レイモンドはヒルダに惹かれていたが、その件をアーチャーに話しても相手にされなかった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
ロングアイランド
ヨーロッパの船旅に出発しようとしていた名探偵ファイロ・ヴァンスは、ドッグショーの宿敵であるアーチャー・コーが自殺したことを知り、友人の地方検事マーカムと共にコー邸に向かう。
事件を担当するヒース巡査部長は、状況証拠から自殺以外に考えられなかった。
現場を調べたヴァンスは、アーチャーの関係者のほとんどが彼に恨みをもっていることを知り、その中で犯人を特定しようとするのだが・・・。
__________

S・S・ヴァン・ダインの小説を原作に、他の作品にも登場する名探偵”ファイロ・ヴァンス”が、謎の殺人事件を解決するまでを描くミステリー。

出身のオーストリア=ハンガリー帝国ヨーロッパ時代から活躍し、アメリカに渡ってキャリアを重ねていたマイケル・カーティスが監督した作品。

多くの関係者に恨まれながら殺された、被害者の死の真実を探る名探偵”ファイロ・ヴァンス”の見事な推理が展開する内容はスリリングであり、沈着冷静な主人公が、周囲の混乱に惑わされずに、状況証拠や供述を元に事件を解決する姿が見事に描かれている。

複雑怪奇な恐ろしい殺人事件が描かれた作品なのだが、アクセントとして常にユーモアが挿入され、観る者を飽きさせない演出も素晴らしい。

主演のウィリアム・パウエルは、優雅な雰囲気を漂わせる紳士として、鋭い観察力で推理を組み立てる名探偵ファイロ・ヴァンスを好演している。

被害者であるおじに財産を管理され、プライベートにも口出しされているために彼を嫌うメアリー・アスター、主人公と共に事件を捜査するヒース巡査部長を愉快に演ずるユージン・パレット、被害者を恨む秘書のラルフ・モーガン、主人公の友人でもある地方検事のロバート・マクウェイド、被害者である富豪のロバート・バラット、彼を憎む弟で共に殺されるフランク・コンロイ、遺体を調べる医師のエティエンヌ・ジラルド、ヒルダ(メアリー・アスター)を愛するイギリス人貴族ポール・キャヴァナー、被害者の屋敷のコックで、骨董品収集に協力した中国人ジェームズ・リー、被害者の屋敷の執事アーサー・ホール、被害者の隣りのアパートに住む恋人ヘレン・ヴィンソン、彼女と愛し合うジャック・ラ・ルー、犬の訓練士ハリー・アレン、巡査部長のウェイド・ボトラースペンサー・チャーターズ、記者のジョージ・チャンドラー、警察署の受付係レオ・ホワイトなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021