4233 Movies

トランザム7000 Smokey and the Bandit (1977)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スタントマン出身のハル・ニーダムが、盟友バート・レイノルズと組んだアクション・コメディの快作。
共演サリー・フィールドジェリー・リードジャッキー・グリーソン


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:ハル・ニーダム

製作総指揮:ロバート・L・レヴィ
製作:モート・エンゲルバーグ
原案
ハル・ニーダム
ロバート・L・レヴィ
脚本
ジェームズ・リー・バレット
チャールズ・シャイア
アラン・マンデル
撮影:ボビー・バーン
編集
アンジェロ・ロス
ウォルター・A・ハンネマン
音楽
ビル・ジャスティス
ジェリー・リード

出演
ボー・ダーヴィル/バンディット:バート・レイノルズ
キャリー/フロッグ:サリー・フィールド
クリーダス・スノー/スノーマン:ジェリー・リード
ビュフォード・T・ジャスティス保安官:ジャッキー・グリーソン
ジュニア・ジャスティス:マイク・ヘンリー
ビッグ・イーノス・バーデット:パット・マコーミック
リトル・イーノス・バーデット:ポール・ウィリアムズ
トラック運転手:ハンク・ウォーデン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1977年製作 95分
公開
北米:1977年5月27日
日本:1977年10月8日
製作費 $1,728,060
北米興行収入 $126,737,400


アカデミー賞 ■
第50回アカデミー賞

・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
アトランタ
テキサスの大富豪ビッグ・イーノス・バーデット(パット・マコーミック)とリトル(ポール・ウィリアムズ)の親子は、伝説のトラック・ドライバーのボー・ダーヴィル/バンディット(バート・レイノルズ)に声をかける。

バンディットは、28時間以内に、テキサカーナクアーズ・ビールを400ケース積みアトランタに持ち帰れば、報酬8万ドル支払うとイーノスに言われる。

往復3000キロの大勝負を受けたバンディットは、相棒のクリーダス・スノー/スノーマン(ジェリー・リード)を誘う。

クアーズは、テキサスより東に輸送すると密輸とみなされ、速さだけでなく、積荷を調べられないよう警戒する必要があった。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
伝説のトラック・ドライバーのバンディットは、大富豪イーノス親子から、28時間以内に400ケースのビールを、3000キロ移動させる仕事の依頼を受ける。
8万ドルの報酬に飛びついたバンディットは、相棒のスノーマンを誘い、トランザムの先導で目的地のテキサカーナに向かい、ビールを積み込む。
途中、結婚式から逃れてきた女性キャリーを乗せることになってしまったバンディットは、息子の花嫁を追う保安官ジャスティスに追われることになる。
各州の警察を振り切りながら、バンディットは、州を越えて追跡してくる、ジャスティスの目的が分からないまま逃走を続ける。
やがてバンディットとキャリーは惹かれ合うようになり、彼らは仲間達の協力もあり快調にアトランタに向かう。
しかし、しぶといジャスティスは、諦めることなく執念でバンディットを追う・・・。
__________

わずか170万ドル余りの製作費で、北米だけでも、その70倍以上の興行収益を記録した桁外れの大ヒット作品。

北米興行収入 $126,737,400

ほぼ同じメンバーで続編、パート3も製作された。

・「トランザム7000VS激突パトカー軍団」(1980)
・「トランザム7000 PART 3」(1983)

軽快なカントリー・ミュージックに乗り、ポンティアック・ファイヤーバード・トランザムと、18輪大型トラックの逃走を追うパトカー集団のカーチェイスのど迫力に加え、伊達男バート・レイノルズと鉄火娘サリー・フィールドの甘いロマンス、さらにはユーモア溢れる、愛すべきキャラクターの豪傑保安官役ジャッキー・グリーソンの名演が出色の痛快作。

新車(トランザム)を、あれほどハチャメチャに運転してみたいと思ったのは、私だけだろうか・・・。

第50回アカデミー賞では、編集賞にノミネートされた。

ロンゲスト・ヤード」(1974)などのヒットで、人気絶頂期を迎えようとしていたバート・レイノルズが、ハリウッドの頂点を極めるきっかけとなった作品。
アウトロー的自由人がピッタリはまり、その独特の男臭さ、女性を惹きつける彼の魅力も存分に味わえる。

この当時のサリー・フィールドは、正に本作のようなキャラクターが似合う女優でだった。
2年後に「ノーマ・レイ」(1979)で、突然、演技派に転向し、アカデミー賞を受賞した時には、別人ではないかと疑ってしまったほどだ。

傲慢で一本気な保安官、ジャッキー・グリーソンの存在なくして、本作の魅力は語れない。
豪快な演技で大いに笑わせてくれる、彼の存在は大きい。

見事な歌声も披露してくれる主人公の相棒ジェリー・リード、保安官のドジな息子を演ずるマイク・ヘンリーテキサスの大富豪凸凹親子、身長2mの巨漢パット・マコーミックと、157cmの小柄なポール・ウィリアムズなどが共演している。

個人的には、ジョン・フォードジョン・ウェイン作品の常連ハンク・ウォーデンが、トラック・ドライバーとして一瞬登場するのが、たまらなく嬉しい。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020