4236 Movies

荒鷲の要塞 Where Eagles Dare (1968)

  •  
  • 16
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1967年に発表された、アリステア・マクリーンの小説”Where Eagles Dare”を基に彼自身が脚色して製作された作品。
ナチス・ドイツの難攻不落の要塞に侵入して連合軍将校救出を命ぜられてコマンド部隊の活躍を描く、監督ブライアン・G・ハットン、主演リチャード・バートンクリント・イーストウッドメアリー・ユーア他共演のサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

クリント・イーストウッド / Clint Eastwood 作品一覧
クリント・イーストウッド / Clint Eastwood / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ブライアン・G・ハットン
製作
エリオット・カストナー
ジェリー・ガーシュウィン
原作:アリステア・マクリーン”Where Eagles Dare”
脚色:アリステア・マクリーン
撮影:アーサー・イベットソン
編集:ジョン・ジンプスン
音楽:ロン・グッドウィン

出演
ジョナサン・スミス少佐:リチャード・バートン
モリス・シェイファー中尉:クリント・イーストウッド
メアリー・エリソン:メアリー・ユーア
ワイアット・ターナー大佐:パトリック・ワイマーク
ローランド提督:マイケル・ホーダーン
クラマー親衛隊大佐:アントン・ディフリング
ローゼマイヤー将軍:フェルディ・メイン
フォン・ハッペン少佐:デーレン・ネシビット
ジョージ・カーナビー准将/カートライト・ジョーンズ:ロバート・ビーティー
ハイディ:イングリッド・ピット

アメリカ/イギリス 映画
配給 MGM
1968年製作 155分
公開
イギリス:1968年12月4日
北米:1969年3月12日
日本:1968年12月14日
北米興行収入 $7,100,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1943年冬、第二次大戦下。
ドイツ南部アルプス山中の町ヴェルフェンにあるドイツ軍情報本部”Schlos Adler”(鷲の城)に、侵攻作戦(ノルマンディー上陸作戦)の詳細情報を知るアメリカ軍のジョージ・カーナビー准将(ロバート・ビーティー)が捕われたという報せが、イギリス軍情報部に入る。

イギリス情報部のローランド提督(マイケル・ホーダーン)とワイアット・ターナー大佐(パトリック・ワイマーク)の指揮下、ジョナサン・スミス少佐(リチャード・バートン)率いる6名の諜報員に、アメリカ陸軍レンジャー部隊員のモリス・シェイファー中尉(クリント・イーストウッド)を加えたコマンド部隊が、カーナビー将軍を救出するため、アルプスへと飛び立つ。

吹雪の森林地帯に、パラシュート降下した部隊だったが、通信員が首を折り死んでいるのが発見される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
第二次大戦下、1943年冬。
ドイツ南部アルプス山中にあるドイツ軍情報本部”Schlos Adler”(鷲の城)に、侵攻作戦(ノルマンディー上陸作戦)の情報を知る、アメリカ軍のカーナビー准将が捕われたという報せが、イギリス軍情報部に入る。
イギリス情報部のローランド提督とターナー大佐の指揮下、ジョナサン・スミス少佐の率いる6名の諜報員に、アメリカ軍レンジャー部隊シェイファー中尉を加えたコマンド部隊が、カーナビー将軍を救出するためアルプスへと飛び立つ。
吹雪の森林地帯にパラシュート降下した部隊だったが、通信員が首を折り死んでいるのが発見され、スミスは他殺だと確認するが、それを部下達には隠し、別の場所でSOE情報員メアリーと接触する。
ドイツ兵に扮した部隊は、目的地の町に接近して、スミスとシェイファーは要塞化した城を確認し、難攻不落の城の様子を窺う。
町に侵入した部隊は、倉庫に装備を隠し酒場に向かい、現地のスパイ、ハイディに接触したスミスは、メアリーと合流し彼女をメイドとして城に侵入させようとする。
実は、計画は偽装作戦で、カーナビー将軍は偽者であり、それを隠していたスミスは、その後、また一人の部下を失う。
その状況下でシェイファーは、スミスに不信感を抱き始めるのだが・・・。
__________

アリステア・マクリーン自身による、目まぐるしく変わる展開、それを推理する楽しみを満喫できる見事な脚本、中盤からクライマックスにかけての派手なアクションの連続、スピード感溢れる、切れ味鋭い、軽快でもありるブライアン・G・ハットンの演出で、全く飽きることがない、2時間半が短く感じる見応え十分の力作だ。

第二次大戦を舞台にはしているが、戦争映画の枠を越えた、サスペンスの要素が強い秀作。

どんでん返しの連続で、混乱してしまいそうになるが、ドラマの中で作戦に参加する、クリント・イーストウッド演ずるシェイファーまでもが、主人公スミス(リチャード・バートン)の行動に面食らってしまうという設定も実に面白い。

緊張感を漂わせる、ロン・グッドウィンの勇ましいテーマ曲も印象に残る。

難攻不落の謎の要塞の雰囲気を持つ舞台となる城は、オーストリア中部のヴェルフェンホーヘンヴェルフェン城が全景として使われている。

また、この町は「サウンド・オブ・ミュージック」(1965)のロケも行なわれ、”ドレミの歌”のシーンで、後方にホーヘンヴェルフェン城が映し出される。

主演のリチャード・バートンは、抜け目のない、勇敢で行動力もあるコマンド部隊の指揮官を見事に演じ、知的なだけでなくアクションシーンも存分に見せてくれる。

それをサポートする役のクリント・イーストウッドは、まだまだスター相手の共演者という感じだが、頼りになるレンジャー部隊員を好演している。
彼は、この年から、いよいよ本格的にハリウッド作品で活躍し始めることになる。

当時のロバート・ショウ夫人で、要塞に侵入する頼もしい女性諜報員メアリー・ユーアドイツ側スパイの黒幕パトリック・ワイマーク、それに感づき作戦を実行する提督マイケル・ホーダーン、要塞の司令官アントン・ディフリング、軍司令部より要塞に出向く将軍フェルディ・メインゲシュタポ士官を演じてはいるが、実はイギリス人俳優のデーレン・ネシビット、城に囚われる、将軍に扮する伍長ロバート・ビーティー、そして現地の諜報員イングリッド・ピットなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020