4236 Movies

キッド The Kid (1921)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

捨て子を育てることになってしまった主人公が、貧しいながらも逞しくその時代を生きる姿を描いた、チャールズ・チャップリン製作、監督、脚本編集、音楽(1941年版)による、彼にとって初の長編でもある傑作コメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:チャールズ・チャップリン
製作:チャールズ・チャップリン
脚本:チャールズ・チャップリン
撮影:ローランド・トザロー
編集:チャールズ・チャップリン
音楽:チャールズ・チャップリン(1971年版)

出演
放浪者:チャールズ・チャップリン
女性:エドナ・パーヴィアンス
キッド”ジョン”:ジャッキー・クーガン
画家:カール・ミラー
バリー:チャールズ・ライスナー
警官:トム・ウィルソン
すり/客/悪魔:ジャク・クーガンSr.
夜間宿泊所管理人:ヘンリー・バーグマン
宿泊所の男:アルバート・オースチン
軽薄な天使:リタ・グレイ

アメリカ 映画
配給 First National
1921年製作 68分/53分(1971年版)
公開
北米:1921年1月21日
日本:1921年7月
製作費 $250,000
北米興行収入 $2,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
身よりのない女性(エドナ・パーヴィアンス)が、慈善病院で男の子を出産して退院する。

その父親と思われる画家(カール・ミラー)は、女性の写真を暖炉に落としてしまい、拾い上げるものの、そのまま燃やしてしまう。

子供を育てる自身のない女性は、路上に駐車してあった高級車に、生まれたばかりの息子を置き去りにする。

その後、車は二人組に盗まれ、鳴き声に気づいた男達は子供を路地に捨てて走り去る。

朝の散歩をしていた放浪者(チャールズ・チャップリン)は、路地で子供を見つける。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
身寄りのない女性は、生んだ子を捨ててしまい、その子を拾った放浪者はジョンと名付け、貧しいながらも子共を育て、やがて二人はある仕事を始める。
5歳のジョンは石を投げて窓を割り、偶然通りがかったように見せかけた放浪者が、それを直すというイカサマ商売だった。
二人の行動に目を付けた警官は不審に思うが、彼らは何んとかそれを逃れる。
その頃、我が子を捨てたことを後悔した女性は、成功して大女優となり、貧しい人々に手を差し伸べていた。
ある日、女性は偶然に会ったジョンが病気だと知り、放浪者に伝えてその場を去る。
ジョンを診察した医師は、彼が捨て子だと知り、養護施設に預けるための連絡をしてしまう。
引き裂かれそうになった放浪者とジョンは、必死に抵抗して難を逃れるが、女性は、少年が我が子だと気づく・・・。
__________

長男の死亡、最初の妻ミルドレッド・ハリスとの離婚問題を抱えながらも、初の長編ということもあり、本作に全てを注ぎ込んだチャールズ・チャップリンの意欲作である。

コメディに徹する作風から、冒頭にもあるように、”喜劇であり、涙も誘う”という悲喜劇に挑戦した、チャップリンの少年期やその生活への想いが込められ、またうまく生かされている作品だ。

浮浪者に近い貧しい主人公は、身なりとは対照的に、どことなく人間としての誇りを感じさせる。
幸薄い女性と、主人公に目を付ける巨体の警官の登場、粗末な食事を御馳走のように見せる工夫、チャップリン自身の無駄のない身のこなしや細やかで丁寧な表現力など、彼の作風を満喫できる一編として高く評価したい。

少年の母親で、チャップリン作品の常連女優のエドナ・パーヴィアンス、数百万ドルを稼ぐ子役として大成することになる、主役級の演技を見せる愛らしいジャッキー・クーガン、その父親であろう画家のカール・ミラー、近所のいじめっ子の兄チャールズ・ライスナー、警官役のトム・ウィルソン、すり、客、悪魔を演ずるジャッキー・クーガンの父ジャック・クーガンSr.、夜間宿泊所管理人ヘンリー・バーグマン、宿泊所の男アルバート・オースチン、そして、その後チャップリン夫人となるリタ・グレイが、軽薄な天使役で登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020