That's Movie Talk!     4099 Movies

透明人間 The Invisible Man (1933)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1897年に発表された、H・G・ウェルズの小説”透明人間”を基に製作された作品。
新薬を発明し透明人間になった化学者が巻き起こす騒動と恐怖を描く、製作カール・レムリJr.、監督ジェームズ・ホエール、主演クロード・レインズウィリアム・ハリガングロリア・スチュアートヘンリー・トラヴァース他共演のホラー映画の傑作。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:ジェームズ・ホエール

製作:カール・レムリJr.
原作:H・G・ウェルズ透明人間
脚本:R・C・シェリフ
撮影:アーサー・エディソン
編集:テッド・J・ケント
音楽:ハインツ・レームヘルド

出演
ジャック・グリフィン博士/透明人間:クロード・レインズ
アーサー・ケンプ博士:ウィリアム・ハリガン
フローラ・クランリー:グロリア・スチュアート
クランリー博士:ヘンリー・トラヴァース
ジェニー・ホール:ウナ・オコナー
ハーバート・ホール:フォレスター・ハーヴェイ
主任刑事:ダドリー・ディグス
バード警部:ハリー・スタッブス
ジェファーズ巡査:E. E.クライヴ
記者:ドワイト・フライ
自転車を盗まれる男:ウォルター・ブレナン
情報提供者:ピーター・リッチモンド/ジョン・キャラダイン

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1933年製作 71分
公開
北米:1933年11月13日
日本:1934年3月
製作費 $328,030
世界 $26,744


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
イングランドウェスト・サセックスアイピング
吹雪の中、顔に包帯を巻いた異様な男(クロード・レインズ)が、酒場”ライオンズ・ヘッド”に現れる。

男から部屋を借りたいと言われた店主のハーバート・ホール(フォレスター・ハーヴェイ)は、妻のジェニー(ウナ・オコナー)に用意をさせようとする。

宿屋は夏場だけで今はシーズンオフだと言われるものの、部屋を貸してもらえることになった男は、案内してくれたジェニーに、駅の荷物を届けてほしいと伝える。

長期滞在だと言う男は、荷物を今日中に運ぶことは無理だということを確認し、ジェニーに食事の準備をしてもらう。

異様な雰囲気の男を脱獄犯だと思う客もいて、用心するように言われたハーバートは金を隠す。

食事を運んだジェニーは、ドアの鍵のことを訊かれてないと答える。

マスタードを忘れたために部屋に向かったジェニーは、顔中に包帯を巻いた男の姿を見て驚き、店に戻り、それをハーバートらに伝えて、男が大変な事故に遭ったと考える。

化学者のクランリー博士(ヘンリー・トラヴァース)は、娘のフローラが、姿を消した恋人である助手のジャック・グリフィン博士(クロード・レインズ)のことを心配するために、そのうち戻ると言って安心させる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
イングランドウェスト・サセックスアイピング
新薬を発明した化学者のジャック・グリフィン博士は、それにより透明人間になってしまう。
宿屋の部屋を借りたグリフィンは、元に戻る方法を見つけるために実験を始めるものの邪魔をされてしまい、誰にも見えない姿で騒動を起こす。
グリフィンの恩師である化学者のクランリーは、娘のフローラが、恋人であるグリフィンが消息不明となったために心配することが気になる。
怪我人や死亡者も出す事件を起こし、警察に追われるグリフィンは、同僚のケンプ博士の家に向かい、彼をパートナーにして世界を支配する計画を話すのだが・・・。
__________

H・G・ウェルズの小説”透明人間”を基に、「フランケンシュタイン」(1931)などで知られるジェームズ・ホエールが、同作でも組んだカール・レムリJr.の製作で演出したホラー映画の傑作。

平凡な化学者が、世紀の発明の結果”透明人間”となり、性格まで変貌して世界支配まで考える”モンスター”と化す姿は恐ろしい。

そんな物語の中で、透明化した主人公が人々をからかう様子などがユーモラスに描かれ、恐怖描写と共に絶妙の演出で観客を楽しませてくれる。

上記の「フランケンシュタイン」(1931)にも通じる、世間から疎外される存在となった主人公の悲哀なども描かれ、それが物語のテーマともなっている。

当時の技術を考えると、透明人間を映し出す見事な特撮は必見だ。

2008年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

主演のクロード・レインズは、狂人と化した透明人間である化学者を熱演し、その姿はラストでしか登場しないことに注目。

主人公の同僚である化学者であり、協力を拒み殺されるウィリアム・ハリガン、主人公の身を案ずる恋人のグロリア・スチュアートタイタニック/1997出演で知られる)、その父親である化学者で主人公の恩師ヘンリー・トラヴァース、宿屋の主人フォレスター・ハーヴェイ、その妻ウナ・オコナー、捜査を指揮する主任刑事のダドリー・ディグス、主人公に殺される警部のハリー・スタッブス、その部下である巡査のE. E.クライヴ、記者のドワイト・フライ、自転車を盗まれる男のウォルター・ブレナン、情報提供者でピーター・リッチモンドとして配役されたジョン・キャラダインなど、後に活躍する名優の端役出演も見逃せない。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up