That's Movie Talk!     4018 Movies

フランケンシュタイン Frankenstein (1931) 4.89/5 (35)

  •  
  • 9
  • 7
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1818年に発表された、メアリー・シェリーの小説”フランケンシュタイン”と、ペギー・ウェブリングの舞台劇”フランケンシュタイン”を基に製作された作品。
生命の再生を追及した科学者フランケンシュタインによる”モンスター”の創造と恐怖を描く、製作カール・レムリJr.、監督ジェイムズ・ホエール、主演コリン・クライヴメイ・クラークジョン・ボリスボリス・カーロフエドワード・ヴァン・スローンフレデリック・カー他共演によるゴシック・モンスター・ホラーの傑作。


スリラー/ホラー

マスターズ・オブ・モンスターズ Masters of Horror / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジェイムズ・ホエール

製作:カール・レムリJr.
原作
メアリー・シェリーフランケンシュタイン
ペギー・ウェブリングフランケンシュタイン”(舞台劇)
原案
ジョン・L・バルダーストン
リチャード・シャイヤー
脚本
フランシス・エドワード・ファラゴー
ギャレット・フォート
ロバート・フローリー
ジョン・ラッセル
撮影:アーサー・エディソン
編集
クラレンス・コルスター
モーリス・ピーヴァー
音楽:ベルンハルト・カウン

出演
ヘンリー・フランケンシュタイン:コリン・クライヴ
エリザベス・レヴェンザ:メイ・クラーク
ヴィクター・モーリッツ:ジョン・ボリス
フランケンシュタインの”モンスター”:ボリス・カーロフ
ウォルドマン博士: エドワード・ヴァン・スローン
フランケンシュタイン男爵:フレデリック・カー
フリッツ:ドワイト・フライ
ヴォーゲル市長:ライオネル・ベルモア
マリア・ルートヴィヒ:マリリン・ハリス
ルートヴィヒ:マイケル・マーク
ハンス:フランシス・フォード
メイド:セシリア・パーカー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
1931年製作 71分
公開
北米:1931年11月21日
日本:1932年4月15日
製作費 $291,000
北米興行収入 $12,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
映画上映前にエドワード・ヴァン・スローンが登場して、カール・レムリからの忠告を伝える。
科学者のフランケンシュタインが、神の教えに背き人間の生命を創造しようとする、世にも怪奇で神秘的な人間の生と死を描いた物語である。
驚愕と興奮の中で恐怖に震えることになると思われるので、それに耐えられなければ・・・、警告しておきます。
__________

バーヴァリアン・アルプス
村の墓地で葬儀が行われていた。

新たな生命の創造を考える科学者のヘンリー・フランケンシュタイン(コリン・クライヴ)は、背中が曲がった助手のフリッツと共に、埋葬が終わるのを見守る。

その後、フリッツと共に棺を掘り出したフランケンシュタインは、それを荷車に乗せて運ぶ。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
バーヴァリアン・アルプス
新たな生命の創造を考える若い科学者のヘンリー・フランケンシュタインは、助手のフリッツと共に墓場の死体と大学から脳を盗み出す。
嵐の夜、創造物に生命を与える準備ができたフランケンシュタインは、自分を心配して現れた婚約者のエリザベスと友人のヴィクター、そして恩師ウォルドマン博士の前で実験を始める。
雷を利用した実験は成功し、フランケンシュタインは創造物が生きていることを確認する。
しかし、犯罪者の脳を移植された創造物は”モンスター”と化し、フランケンシュタインらに襲い掛かる・・・。
__________

メアリー・シェリーの原作を基にした古典的怪奇映画の傑作であり、その後シリーズ化された。

前年の「魔人ドラキュラ」(1931)の大ヒットに続き、”ユニバーサル”が”フランケンシュタインとその創造物のモンスター”を題材にした作品であり、戦前のホラー映画ブームのきっかけとなった。

”ドラキュラ”のベラ・ルゴシと共に、”フランケンシュタインのモンスター”役として、ボリス・カーロフは世界的にその名が知られるようになる。

実はユニバーサル側はベラ・ルゴシの”モンスター”役を検討したが、本人にそれを拒まれたため、ボリス・カーロフがキャスティングされたという経緯がある。
オープニングのクレジットは”The Monster……?”となっているが、エンドロールではボリス・カーロフと明記されている。

トーキー映画黎明期であるにもかかわらず、細やかな役者のセリフ使い、ゴシック・ホラー独特の見事なセットと映像の見事さ、そして、恐ろしい物語の中で挿入されるユーモアのセンスなども秀逸だ。

1991年、アメリカ議会図書館が、国立フィルム登録簿に登録した作品でもある。

新たな生命を誕生させる若き科学者フランケンシュタインを熱演するコリン・クライヴ、その婚約者である美しさ際立つエリザベス役のメイ・クラーク、彼女の協力者である主人公の友人ジョン・ボリス、恐ろしい”モンスター”を演ずるボリス・カーロフ、主人公の恩師であるウォルドマン博士の エドワード・ヴァン・スローン、主人公の父親である男爵のフレデリック・カー、主人公の助手ドワイト・フライ、市長のライオネル・ベルモア、モンスターと遊ぶものの湖に投げ込まれて溺れ死ぬ少女マリリン・ハリス、その父親マイケル・マーク、村人のフランシス・フォード、フランケンシュタイン家のメイド、セシリア・パーカーなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up