That's Movie Talk!     4099 Movies

血と砂 Blood and Sand (1941)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1908年に発表された、ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェスの小説”Blood and Sand/Sangre y arena”を基に製作された作品。
夢を叶え闘牛士として頂点に立った青年の波乱の人生と恋を描く、製作ダリル・F・ザナック、監督ルーベン・マムーリアン、主演タイロン・パワーリンダ・ダーネルリタ・ヘイワースアラ・ナジモヴァアンソニー・クインジョン・キャラダインリン・バリ他共演の恋愛ドラマ。


ドラマ(ロマンス)

アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ルーベン・マムーリアン

製作
ダリル・F・ザナック
ロバート・ケイン
原作:ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェス”Sangre y arena”
脚本:ジョー・スワーリング
撮影
アーネスト・パーマー
レイ・レナハン
編集:ロバート・ビスコフ
美術・装置
リチャードデイ
ジョセフ・C・ライト
トーマス・リトル
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
ファニーリョ”フアン”ギャラルド:タイロン・パワー
カルメン・エスピノーサ・ギャラルド:リンダ・ダーネル
ドーニャ・ソル・デス・ミューア:リタ・ヘイワース
アウグスティアス・ギャラルド:アラ・ナジモヴァ
マノロ・デ・パルマ:アンソニー・クイン
ガラバート:J・キャロル・ナイシュ
エンカルナシオン・ギャラルド:リン・バリ
ナシオナル:ジョン・キャラダイン
ナタリオ・クーロ:レアード・クレガー
アントニオ・ロペス:モンティ・バンクス
ギタリスト:ヴィンセンテ・ゴメス
ピエール・ローレン大尉:ジョージ・リーヴス
ドン・ホセ・アルバレス:ペドロ・デ・コルドバ
ペドロ・エスピノーサ:フォルトゥニオ・ボナノヴァ
司祭:ビクター・キリアン
パブロ・ゴメス:チャールズ・スティーヴンス
エンカルナシオン・ギャラルド(少女期):コラ・スー・コリンズ
フアン・ギャラルド(少年期):レックス・ダウニング
カルメン・エスピノーサ(少女期):アン・E・トッド

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1941年製作 125分
公開
北米:1941年5月22日
日本:1952年1月4日
製作費 $1,115,200


アカデミー賞
第14回アカデミー賞

・受賞
撮影賞(カラー)
・ノミネート
美術賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スペインセビリア
亡き父の後を継ぎ闘牛士になることを夢見る少年ファニーリョ”フアン”ギャラルド(レックス・ダウニング)は、掃除婦の母アウグスティアス(アラ・ナジモヴァ)と姉エンカルナシオン(コラ・スー・コリンズ)と共に貧しい暮らしをしていた。

夜中に部屋から抜け出し酒場に向かったフアンは、闘牛士のガラバート(J・キャロル・ナイシュ)を絶賛する批評家のナタリオ・クーロ(レアード・クレガー)が父を侮辱したために、酒瓶で彼の頭を殴る。

騒動になったその場から逃げたフアンは、郊外に向かい川を泳いで渡り、貴族ドン・ホセ・アルバレス(ペドロ・デ・コルドバ)の牧場に向かいう。

そこを管理するペドロ・エスピノーサ(フォルトゥニオ・ボナノヴァ)は、度々現れ牛を相手にするフアンに気づき、ドン・ホセは彼の演技に感心する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
スペインセビリア
亡き父の後を継ぎ闘牛士になることを夢見る少年ファニーリョ”フアン”ギャラルドは、心を寄せる少女カルメンに、富と名声を得て戻り結婚することを約束してマドリードに旅立つ。
10年後、友人マノロやナシオナルと共に闘牛士となったフアンはセビリアに戻る。
そして、約束通りカルメンと結婚したフアンは、闘牛士として頂点に立つ。
そんなフアンの前に、社交界の花形であるドーニャ・ソルが現れ、彼はその美貌の虜になってしまう・・・。
__________

スペインの世界的な小説家ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェスの原作を基に、ダリル・F・ザナックが製作し、舞台、映画で活躍するグルジア(現ジョージア)出身のルーベン・マムーリアンが監督した作品。

父の後を継ぎ国内一の闘牛士になる夢を叶えた青年の波乱の人生を描く内容に加え、教養もなく世間も知らない主人公の悲哀なども、ルーベン・マムーリアンの繊細な演出が見どころの作品。

幼馴染との一途な愛と共に、主人公を惑わす貴婦人の存在などを含めた内容は、終盤に向かいメロドラマ・タッチとして展開する。

第14回アカデミー賞では、撮影賞(カラー)を受賞し、美術賞(カラー)にノミネートされた。

随所に効果的に挿入される哀愁漂う主題曲”愛のロマンス”は、後に「禁じられた遊び」(1952)でも使われたことで知られている。

主演のタイロン・パワーは、闘牛しか知らないために道を誤るものの、妻の愛に支えられながら短い人生を生き抜く青年を熱演している。

主人公を愛する妻を好演する、撮影当時17歳とは思えない大人の雰囲気漂う美しさのリンダ・ダーネル、魔性の女として主人公や男たちを惑わす妖艶な魅力のリタ・ヘイワース、主人公を見守る母親アラ・ナジモヴァ、主人公の幼馴染でありライバルとなる闘牛士を印象的に演ずるアンソニー・クイン、落ちぶれた闘牛士であり主人公の助手になるJ・キャロル・ナイシュ、主人公の姉リン・バリ、その夫モンティ・バンクス、主人公に人生を語る友人で闘牛士のジョン・キャラダイン、著名な批評家レアード・クレガー、ギタリストのヴィンセンテ・ゴメス、ドーニャ・ソル(リタ・ヘイワース)の恋人ジョージ・リーヴス、主人公の代理人である貴族のペドロ・デ・コルドバ、彼の牧場の管理人であるカルメン(リンダ・ダーネル)の父親フォルトゥニオ・ボナノヴァ、司祭のビクター・キリアン、主人公の友人チャールズ・スティーヴンス、主人公の姉の少女期コラ・スー・コリンズ、主人公の少年期レックス・ダウニング、カルメンの少女期アン・E・トッドなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up