That's Movie Talk!     4099 Movies

第七機動部隊 Flat Top (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

太平洋戦争下で戦うアメリカ海軍飛行連隊の厳しい訓練と活躍を描く、監督レスリー・セランダー、主演スターリング・ヘイドンリチャード・カールソンキース・ラーセン他共演の戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)


スタッフ キャスト
監督:レスリー・セランダー

製作:ウォルター・ミリッシュ
脚本:スティーヴ・フィッシャー
撮影:ハリー・ニューマン
編集:ウィリアム・オースティン
音楽:マーリン・スカイルズ

出演
ダン・コリアー中佐:スターリング・ヘイドン
ジョー・ロジャース中尉:リチャード・カールソン
バーニー・スミス少尉:キース・ラーセン
レッド・ケリー少尉:ウィリアム・フィップス
スネークヒップス・マッケイ少尉:ジョン・ブロムフィールド
ロングフェロー少尉:ウィリアム・シャラート
ジャッジ:トッド・カーンズ
ドロシー・コリアー:フィリス・コーテス
ウィリー:デイブ・ウィルコック
飛行連隊司令官:ウォルター・コイ
艦長:クランシー・クーパー
水兵:ジャック・ラーソン

アメリカ 映画
配給 モノグラム・ピクチャー
1952年製作 85分
公開
北米:1952年10月26日
日本:1962年5月26日


アカデミー賞
第25回アカデミー賞

・ノミネート
編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
朝鮮戦争下。
航空母艦上でジェット機の着艦を見守る飛行連隊司令官のダン・コリアー中佐(スターリング・ヘイドン)は、第二次大戦末期のことを思い出す。
__________

1944年。
戦隊指揮官として赴任したコリアーは、副官ジョー・ロジャース中尉(リチャード・カールソン)らの戦闘機の着艦を見守る。

レッド・ケリー(ウィリアム・フィップス)、スネークヒップス・マッケイ(ジョン・ブロムフィールド)、ジャッジ(トッド・カーンズ)、ロングフェロー(ウィリアム・シャラート)らが着艦する。

着艦復行の合図を無視した元カーレーサーのバーニー・スミス(キース・ラーセン)の行為を許さないコリアーは、ロジャースに、スミスに謹慎処分を伝えるよう命ずる。

スミスを気の毒に思うロジャースから意見されたコリアーは、部下たちを集めて話をする。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1944年。
太平洋戦争下、航空母艦の飛行連隊指揮官に着任したダン・コリアー中佐は、部下に甘い副官ロジャースと隊員らに厳しく接する。
訓練を続ける隊員は、行き先も任務も知らされないままコリアーへの不満を抱くようになる。
初めての出撃で無傷で戻り浮かれる部下たちに対しコリアーは、小さなミスが死を招くことを理解させようとするのだが・・・。
__________

西部劇や冒険映画を多数てがけてキャリアを積んできた、レスリー・セランダーが監督した戦争映画。

太平洋戦争下での、アメリカ海軍飛行連隊の戦いを描く作品であり、新人パイロットたちに戦闘の厳しさを教え込む指揮官を主人公に、戦果を挙げる隊員たちの成長を描く作品。

アメリカ国防総省及び海軍全面協力による、実際の戦闘フィルムを多様した空中戦の迫力映像は見応えがある。
撮影は、第二次大戦後の1945年11月に就役した、航空母艦”プリンストン(CV-37)”で行われた。

第25回アカデミー賞では、編集賞にノミネートされた。

主演のスターリング・ヘイドンは、戦闘をゲームのように考える新人パイロットの命を守るために、厳しい訓練を続ける指揮官を好演している。

主人公の副官であり、部下たちのことも考えながら上官との関係に苦悩するリチャード・カールソン、着任直後に謹慎処分となり軍の厳しさを知るパイロットのキース・ラーセン、同じくパイロットのウィリアム・フィップスジョン・ブロムフィールドウィリアム・シャラートトッド・カーンズ、主人公の妻フィリス・コーテス、飛行連隊司令官のウォルター・コイ、艦長のクランシー・クーパー、水兵のデイブ・ウィルコックジャック・ラーソンなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up