4260 Movies

茶碗の中の嵐 Storm in a Teacup (1937)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

スコットランド首相を目指す市長の娘と弱者を守ろうとする青年記者の恋を描く、監督ヴィクター・サヴィルイアン・ダリンプル、主演ヴィヴィアン・リーレックス・ハリソンセシル・パーカーサラ・オールグッド他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ

ヴィヴィアン・リー / Vivian Leigh / Pinterest


スタッフ キャスト
監督

ヴィクター・サヴィル
イアン・ダリンプル
製作
ヴィクター・サヴィル
アレクサンダー・コルダ
原作:
ブルーノ・フランク”Sturm im Wasserglas”(戯曲/ドイツ国)
ジェームズ・ブライディ
”Storm in a Teacup”(ロンドン)
”Storm Over Patsy”(ブロードウェイ)
脚本
ジェームズ・ブライディ
ドナルド・ブル
イアン・ダリンプル
撮影:マッツ・グリーンバウム
編集
シリル・ランデル
ヒュー・スチュワート
音楽:フレデリック・ルイス

出演
ヴィクトリア・ガウ:ヴィヴィアン・リー
フランク・バードン:レックス・ハリソン
ウィリアム・ガウ:セシル・パーカー
ホノリア・ヘガティ:サラ・オールグッド
リスベット・スカーヴィング:ウルスラ・ジーンズ
ホレス・スカーヴィング:ガス・マクノートン
マッケラー:エドガー・K・ブルース
スケリーヴォア卿:ロバート・ヘイル
ベイリー・キャレンダー:クエンティン・マクファーソン
検察官:アーサー・ウォントナー
保安官:エリオット・メイクハム
メンジー:ジョージ・ピュー
巡査部長:アーサー・シートン
巡査:セシルマナー・リング
ワトキンス:アイヴァー・バーナード
評議員:シリル・スミス
キャシディ:W.G.フェイ
ドナルド:ジャック・ショート

イギリス 映画
製作 London Films
1937年製作 87分
公開
イギリス:1937年5月26日
北米:1938年2月25日
日本:1937年


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スコットランド西海岸、ベイキー。
船で故郷に戻ったヴィクトリア・ガウ(ヴィヴィアン・リー)は、イングランドから来た新聞記者のフランク・バードン(レックス・ハリソン)から声をかけられ、荷物を持ってもらう。

迎えに来た車に乗ったヴィクトリアは、フランクを気にせずにその場を去る。

鑑札金未払いのために愛犬パッツィを取り上げらえることになったホノリア・ヘガティ(サラ・オールグッド)は、現れた巡査部長(アーサー・シートン)と巡査(セシルマナー・リング)に、自分は貧しいアイス売りだと伝えるものの聞き入れてもらえなかった。

パッツィを連れて行かれたヘガティは涙し、彼女を気の毒に思う人々は市の行いを非難し、フランクもその騒ぎを見ていた。

市長ウィリアム・ガウ(セシル・パーカー)の娘であるヴィクトリアは、父が選挙活動を始めることを知る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
スコットランド西海岸、ベイキー。
傲慢な野心家である市長ガウは、首相を目指し議員選挙の準備をしていた。
故郷に戻ったガウの娘ヴィクトリアは、イングランドから来た新聞記者のフランクと出会う。
貧しいアイスクリーム売りの婦人ヘガティは、鑑札料を支払わなかったために、市長の命令で愛犬パッツィを奪われてしまう。
それを知った地元新聞社で働くことになったフランクは、ヘガティを気の毒に思い、市長の取材内容を変更してその件を記事にしてしまう。
市民は市長を批判して大問題になり、フランクは、ヘガティに同情するヴィクトリアと共に戦う決心をするのだが・・・。
__________

ブルーノ・フランクによるドイツ国で上演された戯曲”Sturm im Wasserglas”と、ジェームズ・ブライディによる戯曲”Storm in a Teacup”(ロンドン)、”Storm Over Patsy”(ブロードウェイ)を基に製作された作品。

脚本家、編集、製作などで活躍していたイアン・ダリンプルヴィクター・サヴィルが共同で監督した作品。

ハリウッド風に言えば”スクリューボール・コメディ”と言える内容で、ナチスの台頭により緊張感が高まる時代に製作された、権力や特権階級を批判するブラック・コメディ的な雰囲気で展開する物語となっている。

デビュー間もないものの既に活躍していたヴィヴィアン・リーレックス・ハリソンの共演は注目であり、彼にとっては初の大役となった。

主演のヴィヴィアン・リーは、市長である傲慢な父と、彼の考えを正そうとする正義感ある記者との狭間で心揺れ動く女性を好演している。
ヴィヴィアン・リーは本作の北米公開時期(1938年2月)に、「風と共に去りぬ」(1939)の”スカーレット・オハラ”役に選ばれる可能性があり、ローレンス・オリヴィエを頼りハリウッドに向かったという経緯がある。

本作が出世作とも言えるまだ20代のレックス・ハリソンは、弱者を助けるために権力に立ち向かう青年記者を熱演している。

娘や青年記者の行動に手を焼く傲慢で野心家の市長セシル・パーカー、彼に愛犬を奪われる貧しい婦人を愉快に演ずるサラ・オールグッド、新聞社社主(ガス・マクノートン)の妻で市長と深い関係にあるウルスラ・ジーンズ、老婦人に同情する市長の補佐エドガー・K・ブルース、政党党首のロバート・ヘイル、市長の友人クエンティン・マクファーソン、検察官のアーサー・ウォントナー、保安官のエリオット・メイクハム、巡査部長のアーサー・シートン、巡査のセシルマナー・リング、動物愛護団体のアイヴァー・バーナード他、シリル・スミスW.G.フェイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020