That's Movie Talk!     4099 Movies

血闘/スカラムーシュ Scaramouche (1952)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1921年に発表された、ラファエル・サバティーニの小説”Scaramouche”を基に製作された作品。
親友を貴族に殺された青年の復讐と恋を描く、監督ジョージ・シドニー、主演スチュワート・グレンジャーエリノア・パーカージャネット・リーメル・ファーラー他共演のロマンス。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・シドニー

製作:ケイリー・ウィルソン
原作:ラファエル・サバティーニScaramouche
脚本
ロナルド・ミラー
ジョージ・フローシェル
撮影:チャールズ・ロッシャー
編集:ジェームズ・E・ニューカム
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
アンドレ・モロー:スチュワート・グレンジャー
レノア:エリノア・パーカー
アリーヌ・ド・ガヴリヤック:ジャネット・リー
ノエル/ド・メイン侯爵:メル・ファーラー
シャブリライン:ヘンリー・ウィルコクソン
マリー・アントワネットニナ・フォック
フィリップ・ド・ヴァルモラン:リチャード・アンダーソン
ジョルジュ・ド・ヴァルモラン:ルイス・ストーン
イザベル・ド・ヴァルモラン:エリザベス・リスドン
ガストン・ビネ:ロバート・クート
マイケル・ヴァンノー:ハワード・フリーマン
ファビアン弁護士:カーティス・クックシー
ドゥトレヴァル:ジョン・デナー
ペリゴール:リチャード・ヘイル
スカラムーシュ:ヘンリー・コーデン
ドュビュック医師:ジョン・リテル
パンチネロ:オーウェン・マクギベニー

アメリカ 映画
配給 MGM
1952年製作 115分
公開
北米:1952年6月27日
日本:1953年1月4日
製作費 $3,500,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
フランス革命前のフランス王国
ノエル・ド・メイン侯爵(メル・ファーラー)は、いとこである王妃マリー・アントワネットニナ・フォック)に呼ばれる。

剣の達人であるド・メインは、決闘で貴族を傷つけていることをマリー・アントワネットに非難される。

”マルクス・ブル-タス”が書いた”自由 平等 友愛”という書物を見せられたド・メインは、個人的に方をつけることをマリー・アントワネットに伝える。

ド・メインに結婚を勧めるマリー・アントワネットは、彼にガヴァリヤック伯爵令嬢アリーヌ(ジャネット・リー)を紹介する。

ガストン・ビネ(ロバート・クート)の旅芸人一座がいる森に向かったアンドレ・モロー(スチュワート・グレンジャー)は、看板女優のレノア(エリノア・パーカー)の元に向かう。

姿が見えないレノアが、パリで結婚することをビネから知らされたモローは驚く。
・・・全てを見る


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
フランス革命前のフランス王国
青年アンドレ・モローは、親友のフィリップが、圧政を続ける貴族そして暴君と戦うつもりであることを知る。
身寄りのないモローは、ガヴァリヤック伯爵が実父であることを知り彼の屋敷に向かう途中、美しい女性アリーヌと出会い惹かれてしまう。
ところが、アリーヌが伯爵令嬢で妹であることを知ったモローは、それを彼女には知らせないままにしておく。
貴族ド・メイン侯爵は、反逆者であるフィリップを挑発し、剣による決闘で彼をモローの前で殺害する。
剣の達人であるド・メインにかなわないことを知ったモローは、剣術を習い復讐することを誓う。
旅芸人一座の花形女優レノアと恋仲だったモローは、ド・メインの側近シャブリラインに追われていたため、喜劇役者である仮面のスカラムーシュに扮して身を隠し、密かに剣術を習うのだが・・・。
__________

ラファエル・サバティーニの原作を元に、ジョージ・シドニーが監督した剣戟映画の名作。

親友を貴族に殺された青年の復讐と恋を描き、ロマンスと活劇を見事にマッチングさせた見応えある内容に仕上がっている。

剣の達人である侯爵を演ずるメル・ファーラーと、当初は素人だった主人公スチュワート・グレンジャーが、名のある師からの教えを受けて腕を上げて敵討ちを果たそうとする戦いは、映画史上に残る剣術シーンと言っても過言ではない。

また、ドラマに華を添える旅芸人一座の看板女優を好演するエリノア・パーカーの輝く美貌、気品ある伯爵令嬢を演ずるジャネット・リーの美しさも印象に残る。

主人公を追う侯爵の側近ヘンリー・ウィルコクソンマリー・アントワネット役のニナ・フォック、革命前夜の活動家である主人公の親友リチャード・アンダーソン、その両親ルイス・ストーン1923年のサイレント作品では悪役を演じた)とエリザベス・リスドン、旅芸人一座の座長ロバート・クート、主人公の弁護士カーティス・クックシー、主人公に剣術を教える師匠のジョン・デナー、その師であるリチャード・ヘイル、スカラムーシュのヘンリー・コーデン、国民評議会議員の医師ジョン・リテル、他ハワード・フリーマンなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up