4504 Movies

ミッション・ワイルド The Homesman (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

精神を病んだ3人の女性を連れた流れ者の悪党と孤独な女性の過酷な旅を描く、製作総指揮、監督、主演トミー・リー・ジョーンズ、製作リュック・ベッソン、出演ヒラリー・スワンクグレイス・ガマーミランダ・オットージェームズ・スペイダーメリル・ストリープジョン・リスゴーヘイリー・スタインフェルドジェシー・プレモンスウィリアム・フィクナーデヴィッド・デンシック他共演の西部劇。


西部劇

トミー・リー・ジョーンズ / Tommy Lee Jones / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:トミー・リー・ジョーンズ
製作
リュック・ベッソン
ピーター・ブラント
ブライアン・ケネディ
製作総指揮
G・ヒューズ・アベル
デボラ・ドブソン・バック
マイケル・フィッツジェラルド
トミー・リー・ジョーンズ
リチャード・ロメロ
原作:グレンドン・スウォーサウト”The Homesman”
脚本
トミー・リー・ジョーンズ
キーラン・フィッツジェラルド
ウェズリー・A・オリヴァー
撮影:ロドリゴ・プリエト
編集:ロベルト・シルヴィ
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
ジョージ・ブリッグス:トミー・リー・ジョーンズ
メアリー・ビー・カディ:ヒラリー・スワンク
アラベラ・サワーズ:グレイス・ガマー
シオライン・ベルナップ:ミランダ・オットー
アロイシャス・ダフィー:ジェームズ・スペイダー
アルサ・カーター:メリル・ストリープ
アルフレッド・ダウド:ジョン・リスゴー
グロー・スヴェンソン:ソニア・リヒター
タバサ・ハッチンソン:ヘイリー・スタインフェルド
ネッティ・スヴェンソン:キャロライン・ラガーフェルト
幌馬車隊の男:ティム・ブレイク・ネルソン
ガーン・サワーズ:ジェシー・プレモンス
ヴェスター・ベルナップ:ウィリアム・フィクナー
トール・スヴェンソン:デヴィッド・デンシック
バスター・シェイヴァー:バリー・コービン
ボブ・ギッフェン:エヴァン・ジョーンズ
ポルヘマス夫人:ジョー・ハーヴェイ・アレン

アメリカ 映画
配給 ロードサイド・アトラクションズ
2014年製作 123分
公開
北米:2014年11月14日
日本:未公開
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $2,429,990
世界 $3,819,420


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1854年、ネブラスカ準州、ループ。
ニューヨーク出身で31歳のメアリー・ビー・カディ(ヒラリー・スワンク)は、小さな農業コミュニティの一員だった。

堅実で経済的にも余裕があり将来を考えるメアリー・ビーは、隣人のボブ・ギッフェン(エヴァン・ジョーンズ)を夕食に招く。

夕食後にメアリー・ビーは、リサイタルだと言って、布で作った鍵盤をテーブルに敷き歌い始める。

ボブに結婚を迫ったメアリーは、東部で相手を探すつもりの彼から、地味で気取り屋だと言われて断られショックを受ける。

冬になり、コミュニティの家族の3人の妻たちが、直面した苦難のために精神的に不安定な状態になる。

シオライン・ベルナップ(ミランダ・オットー)は、疫病で牛が死に不作で飢餓の危険にさらされ、デンマークからの移民グロー・スヴェンソン(ソニア・リヒター)は、夫トール(デヴィッド・デンシック)から虐待を受け、母親ネッティ(キャロライン・ラガーフェルト)が死んだ後に精神的ダメージを受け、若いアラベラ・サワーズ(グレイス・ガマー)は、ジフテリアで3人の子供を失う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1854年、ネブラスカ準州、ループ。
ニューヨーク出身で31歳のメアリー・ビーは、働き者であり堅実だったが孤独な独身女性だった。
その頃、仲間の農業コミューンの3家族の妻たちが、直面した苦難のために精神的に不安定な状態になる。
牧師のダウドは、3人の世話をしてくれるアイオワヘブロンの教会に、彼女らを連れて行くことを考える。
それに志願したメアリー・ビーは、吊るされていた流れ者の悪党ジョージ・ブリッグスを助ける代わりに、旅の同行することを約束させる。
そして、3人の女性を荷馬車に乗せたメアリー・ビーとブリッグスは、厳しい寒さの中で旅立つのだが・・・。
__________

1988年に発表された、グレンドン・スウォーサウトの小説”The Homesman”を基に製作された作品。

製作総指揮と主演を兼ねたトミー・リー・ジョーンズが、「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」(2005)に続き自ら監督した意欲作であり、両作ともにリュック・ベッソンが製作に参加している。

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」と同じく本作でも高い評価を得たトミー・リー・ジョーンズは、第67回カンヌ国際映画祭ではパルムドールにノミネートされた。

精神を病んだ3人の女性を連れた、流れ者の悪党と孤独な女性の過酷な旅を描く異色の西部劇であり、豪華スター競演が話題になった作品。

主演のトミー・リー・ジョーンズは、まったく計画性のない悪党が、自分とは正反対の女性との出会いにより、違う人生に足を踏み入れる予感を感じさせる男を、いつもながら深く演じている。

有能で財産もあるものの孤独に苦しみ、将来を考えることができなくなる悲しい女性を切なく演ずる、ヒラリー・スワンクの好演も見逃せない。

過酷な生活環境と悲劇により精神を病む3人の女性グレイス・ガマーミランダ・オットーソニア・リヒター、主人公の宿泊を拒むホテルのオーナー、ジェームズ・スペイダー、3人を受け入れる教会の牧師の妻メリル・ストリープグレイス・ガマーは娘)、町の牧師ジョン・リスゴー、主人公が出会うホテルの使用人の少女ヘイリー・スタインフェルド、グロー(ソニア・リヒター)の母親キャロライン・ラガーフェルト、主人公と争いになる幌馬車隊の男ティム・ブレイク・ネルソン、アラベラ(グレイス・ガマー)の夫ジェシー・プレモンス、シオライン(ミランダ・オットー)の夫ウィリアム・フィクナー、グローの夫デヴィッド・デンシック、メアリー・ビー(ヒラリー・スワンク)に荷馬車を提供するバリー・コービン、メアリー・ビーの求婚を断るエヴァン・ジョーンズ、町の住人ジョー・ハーヴェイ・アレンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021