4373 Movies

暗殺者の家 The Man Who Knew Too Much (1934)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★ヒッチコック登場場面
★★★★

アルフレッド・ヒッチコックによるサスペンスの傑作「知りすぎていた男」(1956)のオリジナル作品。
平凡な一家が国際的暗殺計画に巻き込まれる姿を描く、監督アルフレッド・ヒッチコック、主演レスリー・バンクスエドナ・ベストピーター・ローレフランク・ヴォスパー他共演の犯罪サスペンス。


ドラマ(サスペンス/犯罪)

アルフレッド・ヒッチコック Alfred Hitchcock 作品一覧
アルフレッド・ヒッチコック / Alfred Hitchcock / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:アルフレッド・ヒッチコック
製作:マイケル・バルコン
脚本
チャールズ・ベネット
エドウィン・グリーンウッド
A・R・ローリン
D・B・ウィンダム・ルイス
撮影:クルト・クーラント
編集:ヒュー・スチュワート
音楽:アーサー・ベンジャミン

出演
ボブ・ローレンス:レスリー・バンクス
ジル・ローレンス:エドナ・ベスト
アボット:ピーター・ローレ
ラモン・レヴィーン:フランク・ヴォスパー
クライヴ:ヒュー・ウェイクフィールド
ベティ・ローレンス:ノヴァ・ピルビーム
ルイ・ベルナール:ピエール・フレスネー
アグネス:シセリー・オーツ
ビンステッド:D・A・クラーク・スミス
ギブソン:ジョージ・カーゾン

イギリス 映画
配給 ゴーモン・ブリティッシュ
1934年製作 75分
公開
イギリス:1934年12月9日
北米:1935年3月22日
日本:1935年12月17日
製作費 £40,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
スイスサンモリッツ
旅行中のイギリス人ボブ・ローレンス(レスリー・バンクス)は、娘のベティ(ノヴァ・ピルビーム)と共にジャンプ競技を観戦していた。

ベティが、着地点に飛び出した愛犬を助けようとしたため、ボブの親友である選手のルイ・ベルナール(ピエール・フレスネー)が転倒し、観客の中に飛び込む。

幸い大事には至らず、ボブは、転んだ男性アボット(ピーター・ローレ)のことを気遣う。

ルイも怪我をしていなかったことを確認したボブは、彼が旅立つことを知り、ベティと共に残念に思う。

クレー射撃に出場している妻ジル(エドナ・ベスト)と共に、ルイの最後の夜に食事をする提案をしたボブは、ベティと競技場に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

★ヒッチコック登場場面
上映から約33分、主人公が犯人を追う通りで、バスが通過する時に黒いトレンチコートを着て道路を横断する男性がヒッチコックなのだが、彼だと確認することはほぼ不可能だ。

*(簡略ストー リー)
スイスサンモリッツ
旅行中のイギリス人ボブ・ローレンスと妻ジルは、友人のルイが殺される事件に巻き込まれる。
ルイの言い残した言葉に従い、彼の部屋であるメモを見つけたボブは、娘のベティが誘拐されたことを知り、何も話すなという伝言を受け取る。
ロンドンに戻っても事件について沈黙するボブは、外務省の秘書官ギブソンから、ルイが特殊任務を受けた同僚であり、亡国の政治家暗殺計画に気づいたために殺されたことを知る。
犯人からの電話を逆探知したギブソンは、警察の出動を要請し、ボブは友人クライヴの協力を得て、ベティを捜そうとするのだが・・・。
__________

アルフレッド・ヒッチコックによるサスペンスの傑作「知りすぎていた男」(1956)のオリジナル作品。

両作は大筋では似ているが、本作は、犯人が立て籠もった建物で警察との激しい銃撃戦が繰り広げられる終盤にかなりの重点が置かれている。

1911年にイーストエンド・オブ・ロンドンで実際に起きた、”シドニー・ストリートの包囲”がモデル。

国際犯罪が絡む殺人事件を描く内容にも拘らず、ユーモラスなセリフやシーンを随所に挿入して観客を惹きつける、若きヒッチコックの才能を十分に楽しめる。
これは、「知りすぎていた男」(1956)にも継承されている。

冒頭で主人公の妻が射撃の名手だということが紹介され、クライマックスでは、娘を救おうとする母親が、狙撃手のライフルを手にして犯人を射殺するという、奇抜なアイデアと演出も驚きだ。

見せ場である”ロイヤル・アルバート・ホール”で演奏される、アーサー・ベンジャミン作曲の”Storm Clouds Cantata”は、「知りすぎていた男」(1956)でも使われた。

国際的暗殺事件に巻き込まれ、誘拐された娘を救おうとするレスリー・バンクス、その妻で射撃の名手でもある、当時のハーバート・マーシャル夫人エドナ・ベスト、犯罪組織のリーダーを異様な雰囲気で怪演するピーター・ローレ、その仲間である狙撃手フランク・ヴォスパー、主人公に協力する友人ヒュー・ウェイクフィールド、誘拐される主人公の娘ノヴァ・ピルビーム、主人公の友人であり殺される工作員ピエール・フレスネー、犯罪組織の一員であるシセリー・オーツ、D・A・クラーク・スミス、外務省の秘書官ジョージ・カーゾンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021