4452 Movies

ハンズ・オブ・ストーン Hands of Stone (2016)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

”ハンズ・オブ・ストーン/石の拳”と言えわれた天才ボクサー、ロベルト・デュランの戦いを描く、製作、監督、脚本ジョナタン・ヤクボウィッツ、主演エドガー・ラミレスロバート・デ・ニーロアッシャー・レイモンド四世ルーベン・ブラデスアナ・デ・アルマスジャーニー・スモレットエレン・バーキンジョン・タトゥーロ他共演のドラマ。


ドラマ(スポーツ)

アナ・デ・アルマス / Ana de Armas / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ジョナタン・ヤクボウィッツ

製作
ジェイ・ワイスレダー
カルロス・ガルシア・デ・パレデス
クロディン・ヤクボウィッツ
ジョナタン・ヤクボウィッツ
製作総指揮
ベン・シルヴァーマン
リカルド・デル・リオ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
デヴィッド・グラッサー
ロビン・デュラン
サミー・ワイスレダー
マックス・ケラー
ジョージ・イーデイ
脚本:ジョナタン・ヤクボウィッツ
撮影:M・ヨアン・リッティン
編集:イーサン・マニキス
音楽:アンジェロ・ミィリ

出演
ロベルト・デュランエドガー・ラミレス
レイ・アーセルロバート・デ・ニーロ
シュガー・レイ・レナードアッシャー・レイモンド四世
チャフラン:オスカル・ハナエダ
フェリシダード・イグレシアス・デュラン:アナ・デ・アルマス
ファニータ・レナード:ジャーニー・スモレット=ベル
ステファニー・アーセル:エレン・バーキン
カルロス・エレータ:ルーベン・ブラデス
ネスモート”プロモ”キニョネス:ペドロ・ペレス
フランキー・カルボジョン・タトゥーロ
マルガリート・デュラン:エリュード・カウフマン
ケン・ブキャナンジョン・ダディ
アンジェロ・ダンディージョー・ユーラ
ドン・キングレグ・E・キャシー
アデル・アーセル:ドリーナ・デ・ニーロ

アメリカ/パナマ 映画
配給 ワインスタイン・カンパニー
2016年製作 111分
公開
北米:2016年8月26日
日本:2017年7月24日
製作費 $20,000,000
北米興行収入 $4,712,790
世界 $4,978,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1971年9月13日、マディソン・スクエア・ガーデン
名トレーナーとして知られるレイ・アーセルロバート・デ・ニーロ)は、ベニー・フエルタスを1ラウンド、わずか66秒でKOしたロベルト・デュランエドガー・ラミレス)の試合を観戦する。

デュランのマネージャー、カルロス・エレータ(ルーベン・ブラデス)は、レイに協力を求める。

カルロスからレイを紹介されたデュランは、母親を捨てた父がアメリカ人だったことでアメリカを憎むために、自分には必要ないと伝える。

レイはその場を去り、カルロスは、18人もの世界王者を育てた彼に対するデュランの態度を批判する。

トレーナー、ネスモート”プロモ”キニョネス(ペドロ・ペレス)も不満気であり、彼とレイで世界王者を目指せると言うカルロスだったが、デュランは敵とは組まないという考えを変えない。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
パナマのスラム街で育ったロベルト・デュランは、ボクシングの才能を発揮して成長し、無敵のボクサーとなる。
世界王者を18人育てた名トレーナーのレイ・アーセルは、デュランのマネージャーのカルロスの依頼を受ける。
自分たちを捨てた父親の国アメリカを嫌うデュランは、不満を抱えながらレイの指導を受け、世界ライト級王者ブキャナンに勝利してついに頂点に立つ。
妻フェリシダードとの間に5人の子供をもうけながら快進撃を続けるデュランは、アメリカのアイドル的存在のシュガー・レイ・レナードと対戦することになるのだが・・・。
__________

”ハンズ・オブ・ストーン/石の拳”と言えわれた天才ボクサー、ロベルト・デュランの、貧しい少年期から世界の頂点を極め、引退から再びタイトルを奪取するまでを描く実録スポーツ・ドラマ。

ロベルト・デュランのボクシング経歴は多くの人が知っていることではあるが、波乱の人生や私生活などが興味深く描かれてはいる。

実録ドラマではあるものの、1950年代に存在しない”マディソン・スクエア・ガーデン”がセリフに登場したり、クライマックスの試合は復帰戦ではなく、シュガー・レイ・レナードとの敗戦から7戦目の世界タイトルを奪取した試合であることなど、事実とは違う脚色が加えられている。

近年のボクシング映画と比べると試合のシーンの迫力に物足りなさを感じ、玄人受けしない、脚本を兼ねるジョナタン・ヤクボウィッツの演出も平凡だ。

作品自体の評価も低く、興行的にも失敗に終わった。

魅力的なキャスティングの中で、主人公のロベルト・デュラン演ずるエドガー・ラミレスは無難な演技であり、彼をサポートする名トレーナー、レイ・アーセルを圧倒的な存在感で説得力ある演技で演ずるロバート・デ・ニーロと、主人公の妻フェリシダードを演ずるアナ・デ・アルマスの魅力が印象に残る。

シュガー・レイ・レナードアッシャー・レイモンド四世、その妻ジャーニー・スモレット=ベル、主人公の少年時代に生きるすべを教えた恩人オスカル・ハナエダ、思慮深いレイ・アーセルの妻エレン・バーキン、主人公のマネージャー、カルロス・エレータのルーベン・ブラデス、主人公を支えるトレーナー”プロモ”のペドロ・ペレス、ニューヨークのボクシング興行を支配するマフィア、フランキー・カルボジョン・タトゥーロ、主人公の父親エリュード・カウフマン、主人公に敗れる世界ライト級王者ケン・ブキャナンジョン・ダディシュガー・レイ・レナードのトレーナー、アンジェロ・ダンディージョー・ユーラ、プロモーター、ドン・キングレグ・E・キャシー、そしてレイ・アーセルの娘役で、彼を演ずるロバート・デ・ニーロの娘ドリーナ・デ・ニーロなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021