4551 Movies

ガラスの城の約束 The Glass Castle (2017)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2005年に発表された、ジャネット・ウォールズのベストセラー回顧録”ガラスの城の約束”を基に製作された作品。
自由奔放な両親に振り回されながら成長したジャーナリストのジャネット・ウォールズと家族の破天荒な人生を描く、監督、脚本デスティン・ダニエル・クレットン、主演ブリー・ラーソンウディ・ハレルソンナオミ・ワッツマックス・グリーンフィールド他共演の実録ドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:デスティン・ダニエル・クレットン
製作
ギル・ネッター
ケン・カオ
製作総指揮
マイク・ドレイク
原作:ジャネット・ウォールズガラスの城の約束
脚本
デスティン・ダニエル・クレットン
アンドリュー・ラナム
マーティ・ノクソン
撮影:ブレット・ポウラク
編集:ナット・サンダーズ
音楽:ジョエル・P・ウェスト

出演
ジャネット・ウォールズブリー・ラーソン
ジャネット・ウォールズ(8歳):チャンドラー・ヘッド
ジャネット・ウォールズ(11歳)エラ・アンダーソン
レックス・ウォールズ:ウディ・ハレルソン
ローズマリー・ウォールズ:ナオミ・ワッツ
ローリ・ウォールズ:サラ・スヌーク
ローリ・ウォールズ(10歳):オリヴィア・ケイト・ライス
ローリ・ウォールズ(13歳):セイディー・シンク
ブライアン・ウォールズ:ジョシュ・カラス
ブライアン・ウォールズ(6歳)イアン・アーミテージ
ブライアン・ウォールズ(9歳)チャーリー・ショットウェル
モーリーン・ウォールズ:ブリジェット・ランディ=ペイ
モーリーン・ウォールズ(3歳):イーデン・グレイス・レッドフィールド
モーリーン・ウォールズ(幼児):シュリー・クルックス
モーリーン・ウォールズ(乳児):チャーリー&エミー・ガイヨン
デヴィッド:マックス・グリーンフィールド
アーマ・ウォールズ:ロビン・バートレット
ウォールズ:A.J.ヘンダーソン
スタンリー・ウォールズ:ジョー・ピングー
ロビー:ドミニク・ボガート

アメリカ 映画
配給 ライオンズゲート
2017年製作 127分
公開
北米:2017年8月11日
日本:2019年6月14日
製作費 $9,000,000
北米興行収入 $17,273,060
世界 $22,088,530


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1989年、ニューヨーク
雑誌”ニューヨーク”のコラムニストのジャネット・ウォールズブリー・ラーソン)は、婚約者で金融アナリストのデヴィッド(マックス・グリーンフィールド)と共に、彼の顧客である実業家トムソン夫妻と食事をしていた。

トムソンから故郷や両親のことを訊かれたジャネットは、デヴィッドの作り話に合わせて、森に囲まれて育ち、母は画家で父はエンジニアだと答える。

店を出たジャネットは、契約書を作ると言うデヴィッドと別れてタクシーで自宅に向かう。

途中でジャネットは、ホームレス同然の酔った父レックス(ウディ・ハレルソン)とゴミをあさる母ローズマリー(ナオミ・ワッツ)を見かけるものの無視する。

帰宅したジャネットは姉ローリ(サラ・スヌーク)に電話をして、ゴミをあさっていた両親を無視したことを話す。
__________

ある日、お腹がすいた8歳のジャネット(チャンドラー・ヘッド)は、自分で料理しようとしてガスの火が服に引火し、火傷を負い入院する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
1989年、ニューヨーク
雑誌”ニューヨーク”のコラムニスト、ジャネット・ウォールズは、金融アナリストのデヴィッドと婚約し何不自由ない生活をしていた。
ある日ジャネットは、ホームレス寸前の両親レックスとローズマリーを目撃するものの無視してしまう。
1960年代、博学ではあるが停職も持たないレックス・ウォールズと自称画家の妻ローズマリーは、次女ジャネットを含めた子供たちを学校にも行かせず、各地を転々とする自由奔放な暮らしをしていた。
故郷ウェストバージニア州のウェルチに定住することになったレックスだったが、酒浸りの日々は続き、子供たちは食べ物も満足に与えてもらえない。
そんな生活から脱するためにジャネットは、姉ローリや弟ブライアン、妹モーリーンと共に、自立して両親の元を離れることを決意するのだが・・・。
__________

雑誌”ニューヨーク”のコラムニスト、ジャネット・ウォールズのベストセラー回顧録”ガラスの城の約束”を基に製作された作品。

脚本を兼ねるデスティン・ダニエル・クレットンの監督作品であり、高い評価を得た「ショート・ターム」(2013)でも彼と組んだブリー・ラーソンが、主人公のジャネット・ウォールズを演じたことでも話題になった。

苦難の子供時代が描かれる前に、ジャーナリストとして成功した主人公の何不自由ない生活から物語は始まる。
主人公の希望に満ちた人生に、再び関わってきた両親の問題と並行して、子供時代の苦労と家族の関係が交互して描かれる構成となっている。

主人公と父親との愛情関係や衝突が主なテーマとなっているが、真実とは思えないような家族の生活が、興味深く描かれている。

様々な問題を乗り越え、クライマックスに向けて父娘の関係修復が感動的に描かれ、演ずる実力派スターの確かな演技も見応えあるのだが、押しつけがましい愛情表現や演出などが気になり、批評家の評価もよくなかった。

主演のブリー・ラーソンは、両親の元を離れ自立するためにあらゆる努力をするのだが、結局はそれが父から教えられたことのおかげだったと気づく主人公を見事に演じている。

破天荒な人生を歩む父親を熱演するウディ・ハレルソン、好演はするものの、彼女のイメージが、やや役に合っていない気もする母親役ナオミ・ワッツ、主人公の婚約者マックス・グリーンフィールド、主人公の母親ロビン・バートレット、その夫A.J.ヘンダーソン、その息子ジョー・ピングー、8歳のジャネット役チャンドラー・ヘッド、11歳のエラ・アンダーソン、長女ローリのサラ・スヌーク、10歳のオリヴィア・ケイト・ライス、13歳のセイディー・シンク、長男ブライアンのジョシュ・カラス、6歳のイアン・アーミテージ、9歳のチャーリー・ショットウェル、三女モーリーンのブリジェット・ランディ=ペイ、3歳のイーデン・グレイス・レッドフィールド、幼児のシュリー・クルックス、乳児のチャーリー&エミー・ガイヨン、ジャネットに迫る青年ドミニク・ボガートなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021