4258 Movies

ショート・ターム Short Term 12 (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

問題を抱えるティーンエイジャーのケア施設の職員と子供たちの交流を描く、監督、脚本デスティン・ダニエル・クレットン、主演ブリー・ラーソンジョン・ギャラガーJr.ケイトリン・ディーヴァーラミ・マレックキース・スタンフィールド他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト
監督:デスティン・ダニエル・クレットン
製作
マレン・オルソン
アッシャー・ゴールドスタイン
ジョシュア・アストラカン
ロン・ネイジャー
製作総指揮
フレデリック・W・グリーン
ダグラス・R・ストーン
デヴィッド・カプラン
脚本:デスティン・ダニエル・クレットン
撮影:ブレット・ポウラク
編集:ナット・サンダーズ
音楽:ジョエル・P・ウェスト

出演
グレイス・ハワード:ブリー・ラーソン
メイソン:ジョン・ギャラガーJr.
ジェイデン・コール:ケイトリン・ディーヴァー
ネイト:ラミ・マレック
マーカス:キース・スタンフィールド
ルイス:ケヴィン・ヘルナンデス
ヘンドラー医師:メローラ・ウォルターズ
ジェシカ:ステファニー・ベアトリス
ケンドラ:リディア・デュ・ヴォー
サミー:アレックス・キャロウェイ
ジャック:フランツ・ターナー
ベス:ダイアナ=マリア・リーヴァ

アメリカ 映画
配給 Cinedigm
2013年製作 96分
公開
北米:2013年8月23日
日本:2014年11月15日
製作費 $1,000,000未満
北米興行収入 $1,013,100
世界 $1,645,160


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
問題を抱えるティーンエイジャーのためのグループホーム”ショート・ターム12”の若き責任者グレイス・ハワード(ブリー・ラーソン)は、恋人で同僚のメイソン(ジョン・ギャラガーJr.)やジェシカ(ステファニー・ベアトリス)と共に、新人のネイト(ラミ・マレック)を歓迎する。

新人時代に恥をかいた話をネイトにしていたメイソンは、施設から逃げ出したサミー(アレックス・キャロウェイ)を追う。

メイソンとグレイスはネイトと共にサミーを取り押さえ、落ち着かせて建物に戻る。

子供たちが原則、1年未満の滞在であることなどをネイトに話し資料を渡したグレイスは、ベッドから出ないルイス(ケヴィン・ヘルナンデス)を水鉄砲で脅して起こす。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
問題を抱えるティーンエイジャーのためのグループホーム”ショート・ターム12”の若き現場責任者グレイス・ハワードは、恋人で同僚のメイソンとジェシカ、そして新人のネイトと共に忙しい日々を送っていた。
妊娠したことを知ったグレイスは、中絶の予約をして、そのことはメイソンには話さなかった。
自傷行為他、問題を抱える少女ジェイデンが入所し、グレイスは、心を開かない彼女に自分の暗い過去をだぶらせながら接するのたが・・・。
__________

デスティン・ダニエル・クレットン自身がティーンエイジャーのためのグループ施設のスタッフだった経験を基に2009年に発表した短編映画”Short Term 12”を、彼自ら脚本を担当し監督した長編映画。

家族から受ける虐待など様々な問題を抱える子供たちと、彼らを預かる施設職員との交流を描くドラマ。

主演のブリー・ラーソンジョン・ギャラガーJr.は、役作りのためにドラマと同様の施設での業務を体験した。
また、キース・スタンフィールドは2009年の短編作品にも出演している。

自身の体験を生かし、子供たちのケアを淡々と続ける平凡な職員の日常をリアリズム溢れる映像で映し出すデスティン・ダニエル・クレットンの演出と、施設の現場責任者を演ずるブリー・ラーソンの演技は各方面で絶賛された。

舞台となった施設は、様々な問題を抱える大国アメリカを象徴している存在であり、星条旗をマントにして逃げ出そうとする少年を追う職員の姿に希望を感じるラストが素晴らしい。

主演のブリー・ラーソンは、子供時代に受けた父親からの虐待という辛い過去を背負いながら、問題を抱える子供たちのために親身になり世話をする施設職員を見事に演じている。

主人公の恋人である同僚のジョン・ギャラガーJr.、主人公と親交を深める父親に虐待されている少女ケイトリン・ディーヴァー、新人の職員を地味ではあるが印象的に演ずるラミ・マレック、母親に虐待されていた心を閉ざす少年キース・スタンフィールド、彼と仲が悪い少年ケヴィン・ヘルナンデス、主人公の同僚ステファニー・ベアトリス、施設に収容されている少女リディア・デュ・ヴォー、冒頭とラストで施設から逃げ出す自閉症の少年アレックス・キャロウェイ、施設の所長フランツ・ターナー、主人公に妊娠を伝える看護師ダイアナ=マリア・リーヴァ、主人公にセラピーをする精神科医メローラ・ウォルターズなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020