4217 Movies

恋人よ帰れ!わが胸に The Fortune Cookie (1966)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

怪我をしたテレビ・カメラマンが、義兄の弁護士にそそのかされて損害賠償の訴えを起こすものの、加害者の献身的な態度に改心し悪事と手を切り自分を取り戻すまでを描く、ビリー・ワイルダー製作、監督、共同脚本I・A・L・ダイアモンドジャック・レモンウォルター・マッソー共演のコメディ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
脚本
ビリー・ワイルダー

I・A・L・ダイアモンド
撮影:ジョゼフ・ラシェル
編集:ダニエル・マンデル
美術・装置
ロバート・ルサート

エドワード・G・ボイル
音楽:アンドレ・プレヴィン

出演
ハリー・ヒンクル:ジャック・レモン

ウィリー・ギングリッチ:ウォルター・マッソー
サンディー:ジュディ・ウエスト
ルーサー”ブーン・ブーン”ジャクソン:ロン・リッチ
パーキー:クリフ・オズモンド
オブライエン:ハリー・ホルカム
ヒンクル夫人:ルレーナ・タトゥル
シャーロット・ギングリッチ:マージ・レドモンド
ウィンターホルター教授:シグ・ルーマン
クラグマン医師:ハリー・デイヴィス
シンドラー医師:ネッド・グラス

マックス:ノーアム・ピトリック
ジャクソン:アーチー・ムーア
エルヴァイラ:ジュディ・ペイス

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1966年製作 125分
公開
北米:1966年10月19日
日本:1967年9月23日
製作費 $3,705,000
世界 $6,800,000


アカデミー賞 ■
第39回アカデミー賞
・受賞
助演男優賞(ウォルター・マッソー)
・ノミネート
脚本・撮影・美術賞(白黒)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

1.事故

CBSのカメラマン、ハリー・ヒンクル(ジャック・レモン)は、フットボールの試合の中継中に、巨漢選手のルーサー・ジャクソン(ロン・リッチ)に激突され気絶してしまう。

意識の戻らないハリーは救急車で運ばれ、ジャクソンはそれを気にしながら試合に戻る。


2.義理の兄

ハリーの義兄で弁護士のウィリー・ギングリッチ(ウォルター・マッソー)と、母親(ルレーナ・タトゥル)、そしてウィリーの妻シャーロット(マージ・レドモンド)が病院に駆けつける。

ウィリーは、ハリーが子供時代に脊椎を傷めたことを知り、CBSとフットボール・チーム、そして競技場に100万ドルの損害賠償の訴訟を起そうとする。

3.悪巧み
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ビリー・ワイルダー製作、監督、共同脚本は彼の盟友I・A・L・ダイアモンド、そして黄金コンビのジャック・レモン、更にはウォルター・マッソーまで加わった、ファンにはたまらない贅沢な作品。

*(簡略ストー リー)

巨体のフットボール選手ジャクソンに激突され、病院送りになってしまったテレビ・カメラマンのハリー・ヒンクルは、腹黒い弁護士で義兄のウィリー・ギングリッチの、賠償金請求の謀略に加担させられる。
ハリーは気乗りしないまま、チームやスタジアムに対し、100万ドルの損害賠償を求めようとする。
しかし、怪我をさせたジャクソンの献身的な態度に触れていくうちに、ハリーは自分のしたことに後悔してしまい・・・。
__________

主演の二人は、この後8作で共演することになり、記念すべき初顔合わせとなった。

第39回アカデミー賞では、”悪徳”弁護士を怪演したウォルター・マッソーが、助演男優賞を受賞し、脚本、撮影、美術賞(白黒)にノミネートされた。

お馴染みビリー・ワイルダーI・A・L・ダイアモンドによる脚本は、冒頭から矢継ぎ早に飛び出すギャグやジョークで、大いに笑わせてくれる。
中盤からは、情け深い加害者が重要な役となり、クライマックスにかけ、彼を騙す結果となり、良心の呵責に苦しむ主人公の心の動きを描いた、人情喜劇としても楽しめる、脚本家二人(ワイルダー/ダイアモンド)の職人技が堪能できる、非常に完成度の高い作品でもある。

また、ドラマを16のシークエンスで分けた構成で、飽きずに見られる。

そのタイトルも実に洒落ていて、例えば”7.ジェミニ計画”は、当時の最先端宇宙計画である”ジェミニ計画”だと誰でもわかるのだが、ただの狭い部屋の、二人組みの張り込みであるところなど、シンプルなジョークは絶品だ!!

ジェミニ宇宙船は二人乗りの非常に狭い船内だった。

見る者は、悪人になどなれるわけがないと思いながら彼を観察し、そして期待通りに人情味溢れる人物として描かれる、しがない男ジャック・レモンの好演は光る。

対照的に、ずる賢い”悪徳”弁護士を演ずるウォルター・マッソーのマシンガントーク、表情、仕草など、体全体を使った完璧な演技は絶品だ。

小悪魔的な、腹黒い主人公の前妻ジュディ・ウエスト、気の良い加害者のロン・リッチ、私立探偵のクリフ・オズモンド、大手弁護士事務所所長のハリー・ホルカム、主人公の母ルレーナ・タトゥル、姉マージ・レドモンド、医師のシグ・ルーマン、ハリー・デイヴィス、ネッド・グラス、私立探偵の同僚ノーアム・ピトリック、加害者の父でプロボクシング元ヘビー級チャンピオンのアーチー・ムーアも登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020