4512 Movies

ダイバージェントNEO The Divergent Series: Insurgent (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2012年に発表された、ヴェロニカ・ロスのヤングアダルト小説”ダイバージェント2 叛乱者”を基に製作された作品で、2014年公開の「ダイバージェント」の続編。
ダイバージェント/異端者である少女が苦しみながら、両親の命を奪った世界の支配者となろうとするリーダーに立ち向かう姿を描く、監督ロベルト・シュヴェンケ、主演シェイリーン・ウッドリーテオ・ジェームズアシュレイ・ジャッドジェイ・コートニーケイト・ウィンスレットナオミ・ワッツ他共演のSFアクション。


SF


スタッフ キャスト
監督:ロベルト・シュヴェンケ

製作
ダグラス・ウィック
ルーシー・フィッシャー
ポウヤ・シャバツィアン
製作総指揮:ニール・バーガー
原作:ヴェロニカ・ロスダイバージェント2 叛乱者
脚本
ブライアン・ダフィールド
アキヴァ・ゴールズマン
マーク・ボンバック
撮影:フロリアン・バルハウス
編集
ナンシー・リチャードソン
スチュアート・レヴィ
音楽:ジョセフ・トラパニーズ

出演
ベアトリス“トリス”プライアー:シェイリーン・ウッドリー
トビアス“フォー”イートン:テオ・ジェームズ
ジェニーン・マシューズ:ケイト・ウィンスレット
イヴリン・ジョンソン=イートン:ナオミ・ワッツ
エリック・コールター:ジェイ・コートニー
クリスティーナ:ゾーイ・クラヴィッツ
ピーター・ヘイズ:マイルズ・テラー
ケイレブ・プライアー:アンセル・エルゴート
トーリ・ウー:マギー・Q
マックス:メキ・ファイファー
ジャック・カン:ダニエル・デイ・キム
ジョアンナ・レイズ:オクタヴィア・スペンサー
マーカス・イートン:レイ・スティーブンソン
ユライア・ペッドラド:キーナン・ロンズデール
ナタリー・プライアー:アシュレイ・ジャッド
アンドリュー・プライアー:トニー・ゴールドウィン
マーリーン:スーキー・ウォーターハウス
エディス・プライアー:ジャネット・マクティア
リン:ローサ・サラザール
ヘクター:エムジェイ・アンソニー
エドガー:ジョニー・ウェストン

アメリカ 映画
配給 Lionsgate Films
2015年製作 119分
公開
北米:2015年3月20日
日本:2015年10月16日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $130,179,070
世界 $297,276,330


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
人類は秩序ある平和を維持するため、性格診断テストにより“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”という5つのファンクション/派閥に分類され、その管理下に置かれていた。

5日前、”勇敢”を装った”ダイバージェント/異端者”のグループが、“無欲”を攻撃して破壊工作を仕掛け、自分が攻撃したという噂も彼らの陰謀だと”博学”のリーダー、ジェニーン・マシューズ(ケイト・ウィンスレット)は世間に発表する。

ジェニーンは、評議会のリーダー権限で、安全の確保のため外出禁止令を発令する。

あるボックスを確保したエリック・コールター(ジェイ・コートニー)は、それをジェニーンに渡すようマックス(メキ・ファイファー)に指示する。

ジェニーンは、平和を脅かす唯一の敵をダイバージェントだと断定する。

ダイバージェントとされたベアトリス“トリス”プライアー(シェイリーン・ウッドリー)は、“勇敢”のメンバーであるトビアス“フォー”イートン(テオ・ジェームズ)、ピーター・ヘイズ(マイルズ・テラー)、そして兄ケイレブ(アンセル・エルゴート)と共に、“平和”のリーダー、ジョアンナ・レイズ(オクタヴィア・スペンサー)に助けを求めるものの断られる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考
・「ダイバージェント」(2014)
・「ダイバージェントNEO」(2015)
・「ダイバージェントFINAL」(2016)
・「The Divergent Series: Ascendant」(2017)
(TV映画)

*(簡略ストー リー)
ダイバージェント/異端者のベアトリス“トリス”プライアーは、恋人である”勇敢”のリーダー、フォー、ピーター、そして兄のケイレブと共に”平和”の区域に潜んでいた。
祖先のメッセージの入ったボックスを手に入れた”博学”のリーダー、ジェニーンは、それを開けるために必要なダイバージェントを探す。
ジェニーの命令で捜索を開始したリーダーのエリックは、ピーターに裏切られたフォーらを追う。
フォー、トリス、ケイレブは逃亡して街に向かい、無派閥の者に出会い、リーダーであるフォーの母親イヴリンの元に連れて行かれる。
”高潔”の本部にいる”勇敢”の仲間達と組んで”博学”に対抗するとイヴリンから言われたフォーだったが、自分を捨てた母を信用しない。
”高潔に”向かい仲間達と再会したフォーとトリスは、自白剤のテストを受けて評議会の裁判を逃れる。
”博学”の攻撃を受けて死者も出し、それを自分の責任と感じるトリスは、単独で”博学”に向かうのだが・・・。
__________

悪く言えば「ハンガー・ゲーム」(2012)の亜流のような作品とも思える第一作だったが、2億8900万ドルのヒットとなったために、製作費が前作の8500万ドルから1億1000万ドルにアップして製作されたSFアクションの超大作。

祖先のメッセージが入った謎の”ボックス”を巡っての派閥間の争い、ダイバージェント/異端者と断定された少女の、両親や仲間を失った悲しみや苦悩を描く作品。

内容はともかく、パワーアップしたアクションを含めた驚異の映像が見どころの作品で、類似映画はあるように思えるものの、その迫力映像はなかなか見応えがある。

北米興行収入は約1億3000万ドルで前作を下回るものの、全世界では全作よりもアップして3億ドルに迫る大ヒットとなった。

ダイバージェント/異端者として苦悩しながら戦う少女を熱演するシェイリーン・ウッドリー、彼女と惹かれ合い常に守り続ける”勇敢”リーダー、テオ・ジェームズ、”ボックス”を開けるために主人公を苦しめる”博学”のリーダー、ケイト・ウィンスレット、フォー(テオ・ジェームズ)の母親で”無派閥”のリーダー、ナオミ・ワッツ、主人公の両親アシュレイ・ジャッドトニー・ゴールドウィン、”博学”のリーダーの一人ジェイ・コートニー、フォー(テオ・ジェームズ)の父親である”無欲”のリーダー、レイ・スティーブンソン、裏切ったと見せかけて、フォーと共に主人公に協力する”勇敢”のメンバー、マイルズ・テラー、主人公の兄アンセル・エルゴート、試験官のマギー・Q、”博学”のリーダー、メキ・ファイファー、”高潔”のリーダー、ダニエル・デイ・キム、”平和”のリーダー、オクタヴィア・スペンサー、”勇敢”のメンバー、ゾーイ・クラヴィッツキーナン・ロンズデールスーキー・ウォーターハウスエムジェイ・アンソニーローサ・サラザール、祖先のメッセンジャー、ジャネット・マクティア、無派閥のリーダー、ジョニー・ウェストンなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021